たまにはロードレーサーに乗って

今年もチンタラ走ってみます。時には釣りもします。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大阪に行ってきました

2泊3日で大阪に行ってきました。

学生時代の友人に会いに。

この前会ったのが何年前だったのか、
もうお互い覚えてないくらいでした。
たぶん30年ぶりくらいかなーなんて言いながら、
やっぱり昔話になりましたよ。

最近はもう年賀状だけでつながってたんだけど、
やっぱり会うというのはいいもんだ。

彼は細菌やウィルスの研究で本も出してるし、
私の友人にしてはアカデミックな異色の研究者。
そして大学の教授です。

「 俺にはこんな友人もいるんだぜ 」って言いたくなる自慢の友人です。

また会いに行こ。


帰りの新大阪にて
イメージ 1

ちなみに私が乗るやつじゃありません。

この記事に

開く コメント(0)

ついに揃った

高校生の時から欲しかった、ワルサーP38 と ルガーP08。
3ヶ月前に ワルサーP38 を手に入れた後、残る ルガーP08 が欲しくて欲しくて。
とうとう買っちゃいました。
イメージ 1

全体の美しさとトグル機構がたまらん。
イメージ 2

発射の度にこんな風にトグル動作します。
イメージ 3

ここから排莢されます。
イメージ 4

弾がなくなると、このオープン状態でトグルが止まります。

撃ってみた感想は、やっぱりトグル機構は、おもしろい。
ブローバックは、ガスガンにしては普通かやや弱い感じです。

これで、 マルゼン社製 ワルサーP38 と タナカ社製 ルガーP08 が揃いました。
イメージ 5

使い勝手は、ワルサーP38 の方がいいですね。
ドイツの軍用拳銃として、
ルガーP08 のあと ワルサーP38 になったのには納得できます。
エアガンとしても、命中精度、飛距離ともワルサーP38 の勝ち。
ホップ調整も、ワルサーP38 の方がややしやすいです。

とは言うものの、2丁とも高校生の時から、恋いこがれていた拳銃ですから、
魅力としては、甲乙つけがたいものがありますねえ。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

9月15日

人には皆それぞれ記念日や思い出に残る日というのがあると思いますが、

昨日9月15日は、私にとってまさにその一日。

これからも大切にして行きたいと思います。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

買っちゃった−2

イメージ 1

ナイフ買っちゃいました。

ブレードの形は、私の好きなドロップポイント。

COLUMBIA KNIFE NO.SA28 です。
刃渡りは、14.5 cm で、銃刀法ぎりぎりの長さですね。
刃厚は、3.8 mm。
重量は、248 g。
ブレードの素材は、SUS440C と思われます。
刃付けはフラットで、マイクロベベルは、約2mm。
ハンドル材は、天然木。

見てのとおりのフルタング。
イメージ 2

イメージ 3

バトニング用に買いました。

当初、バークリバーの ブラボー1 3V LT か、
モーラのブッシュクラフトを考えてたんだけど、やっぱり高いし、
バトニングは、刃の背をガンガンたたきながら使うので、
取りあえず安いやつでいいかーってことで、このナイフになりました。
しかし、バトニングには、はまぐり刃が適しているのに、
フラット刃なんだよねこれは。
見た目の好みで買ってしまった感、大いにあり。
ちょっと反省。

シースは厚地の化繊です。価格を考えれば、これは仕方ないですね。
イメージ 4

刃はさわってみると普通に切れそうなんだけど、微妙に「返り」が出てる。
箱出しでそのまま使えるとは思ってないし、やっぱり研ぎですね。
カッターナイフで紙をスパスパ切るが如くなるまで、研ぐゾー。

この記事に

開く コメント(0)

貰っちゃった

昨日貰っちゃいました。
イメージ 1

Brooks Brothers のハンカチ。

うれしい。
ありがとうございます。
ちゃんと使わせて頂きます。

この記事に

開く コメント(0)

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事