ここから本文です
花時計
13回目の『紫陽花記』のスタートです

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


天気予報では東京は明日のお昼頃くらいが雨風のピークだとか。
昨日からまだ開花していない紫陽花たちを軒下に移動したり
既に終盤を迎えているものを紐で括ったりと備えだけはしているのですが、
嵐の前の静けさなのでしょうか、
今はまだ雨はシトシト状態で、なんだか不気味…

さて、今日ご紹介するのは順調に花数を増やしているものと、
今年も綺麗に色が出なかったもの、長い時間を経て返り咲いたもの
そんな紫陽花3種です。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3
▲銀河の花火
『ハイエススターバースト』とか『八重咲きアナベル』という名で
出回ることが多いようですが
他に『銀河の花火』という素敵な名前もあって、
私はずっと以前からこのブログでもその名前で紹介してきました。
今年は2つあるどちらの鉢植えもずいぶん大きくなって
たくさんの花火が咲き広がっています。


イメージ 4


イメージ 5
▲マリンブルー
それほど背丈が伸びすぎないのでずっと鉢植えで増やしているのですが、
そのせいか毎年マリンブルーとは言えない花色になってしまいガッカリです。
これはもう地植えにしてみて綺麗な花色になるかどうか試してみないと…



イメージ 6


イメージ 7
▲城マリー
ずっと前にブログのお仲間から頂いた紫陽花で
翌年から一向に花芽が付かずに諦めて数年前の大量処分のおり親株は処分。
その時に挿し芽苗を作ったのですが、
その苗たちも大きくなるばかりで、これまた花芽が付きませんでした。
で、もうこれが最後!
そんな思いで、一昨年、一縷の望みをかけて再度挿し芽苗づくりをしたところ
やっと今年5つほど花芽が付き、何年ぶりかでお花を見ることができました。
でも、当初の可憐で華やかな花姿とはずいぶん違っちゃってますが(笑)


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事