日本メディアツアーズ ニュース

シニア旅行・日本メディアツアーズのブログです。 / 緊急ニュースは弊社ホームページ・ニュース欄に掲載しています。
今日は州都パンプローナから約40キロ スペイン屈指の美しい中世城で知られるオリテ Olite です。 町の人口は3,900人弱です。

観光地の少ないナバーラにあって、ここは多くの観光客が訪れる場所です。

15世紀にナバーラ王カルロス3世が、それまでの砦(古代ローマの要塞)を改装して建てた城です。 建築された当時は欧州でも屈指の美しい宮殿に数えられていたそうです。
しかし1512年にカスティーリャに併合された後は、城が衰退し劣化しました。
その後、フランス軍の侵攻等でも損傷が続きました。 城の外にあった庭園もこの時期に失われました。

現在は城の一部がパラドールとして活用されています。それが今日ご紹介する
パラドール デ オリテ (Parador de Olite  4つ星 人気のホテル 宿泊料金はリーズナブル 客室数43) です。
本格的な宮殿が宿ですから、アンティーク家具はもちろん、石造りの重厚さ、見事な絨毯や壁掛け・・・と 中世の雰囲気の旅趣が満ちています。

さらにこの城では、毎年8月中旬に 中世祭り(下に写真掲載。25年前から始まったイベント)が催されます。 
中世市場、中世音楽、中西舞踏、中世の弓や武器、模擬戦闘・・・とストリーテイリングも楽しい9日間です。 もちろんレストランでは、中世料理がふるまわれます。
イメージ 1

イメージ 2
お城の一部がパラドールになっています。
イメージ 3

イメージ 7

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
8月のオリテ城の中世祭り
イメージ 20
写真:DIARIO DE NAVARRA さん
イメージ 21

写真:ホテル提供他

この記事に

今日は人口3,000人のビジャフランカ VILLAFRANCA というナバーラ州の小さな町です。

特に記しておくほどの歴史は無いようで、観光的にも殆ど無名に近い町です。

今日は修道院に付属した小さなホテルのご紹介です。

ホスペダリア デ アレスベス HOSPEDERIA DE ALESVES (3つ星 評判の良いホテル 客室数11)です。

1,734年に修道院付属の学校として建築され、現在は歴史建造物にも指定されています。

ホテルとしては1,914年から使用されています。 現在は主にルーラルツアーやハイキング、サイクリングを好むお客様方に利用されています。

レストランでは地産の新鮮な食材を使って、伝統的なレシピに基づいて提供しています。

パンプローナ、トゥデラ、サラゴサ等の文化都市からはいずれも30キロ未満の観光圏内にあります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
エントランスに盆栽は小粋ですね。↑
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 12

イメージ 11

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビジャフランカと周辺の風景です。↓
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

写真:ホテル提供他

この記事に

お正月の座席

本日(11/16)の更新は夕刻になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お正月の関西空港発着の航空座席(=空席情報)が入りました。
12月29日発 バリ島 5日間
12月30日発 バリ島 5日間
(ガルーダ定期便ルート) 各6席 日にち変更はできません。

12月30日発1月3日帰着。ベトナム ホーチミン 
(ベトナム航空臨時便ルート:定期便とほぼ同じ時間)4席
日にち変更はできません。

またすぐに売り切れる場合があります。

ご希望の方はお問い合わせをいただきますと、確保できるホテル等で
セットした料金をご案内します。

座席はここ1、2日間のうちに売り切れると思われます。

この記事に

今日は南ナバーラ(リベラ・ナバーラ)の都 トゥデラ Tudelaです。

ナバーラでは、パンプローナに次ぐ人口密集地ですが、人口は35,000人強の、日本の小都市と言ったところです。

古い歴史を持ち、今も豊かな中世建築の町ですが、周辺は農業地帯で、野菜祭りもありますが、何といってもこの町で有名なのが、サンタ・アナ (Santa Ana  =サン アン =聖母マリアの母)を祝う7月24日の約1週間に及ぶお祭り(Fiestas de Santa Ana)の熱狂です。

町は音楽や闘牛そして牛追い祭り(町に闘牛が放たれる・詳しくはパンプローナの町のときにご紹介)です。

この町を調べていて、もうひとつ面白い言葉を発見しました。  モリスコ (Morisco)という言葉です。

レコンキスタ(国土回復)がなされた後も、その土地に留まり、モスリム(回教)からキリスト教に改宗した人々をさす言葉です。

本来モスリムは一度入信すると改宗は死以外になかったように思っていたのですが、やはりすべてのモスリムを追放したわけでなく、この町では城壁の外に住む事が許されたようです。

もっとも日本でも隠れキリシタンの歴史があるように、後年、隠れモスリムを指す言葉としてモリスコという言葉が用いられるようになったそうです。人の信心を覆すのはとても難しいようですね。

今日のご紹介ホテルは ACホテル シウダッド デ トゥデラ、ア マリオット ライフスタイル ホテル (AC HOTEL CIUDAD DE TUDELA, MARRIOTT LIFESTYLE HOTEL 4つ星 評判の良いホテル 客室数42)です。

18世紀の歴史建造物(大貴族の邸)を改装したホテルです。
世界大手ホテルチェーンのマリオットが、伝統家屋を活かしながらもブティックホテル風にアレンジした居心地の良いホテルです。

レストラン Alcazaba では、伝統的なナバーラ料理と モダンな料理を提供しています。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 15

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
趣きのあるトゥデラの風景↓と聖アンナ(=サンタ アナ)のお祭り風景
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

写真:ホテル提供他

この記事に

今日はハビエル(Xabier =Javier =ザビエル)の町です。

私たちはイエズス会のフランシスコ・ザビエルと覚えたように記憶していますが、イエズス会(Jesus キリスト教男子修道会)は、ハビエル城(=ザビエル城)の5人の子どもたちのうちの末の子(生誕は1506年)でした。 1525年パリ大学に留学したときの学友に影響を受け、神に生涯をささげる決心をして、イエズス会を立ち上げます。

そして貧しい人々を助ける活動が評判を呼び(=名声を得る)、ポルトガル王ファン2世に認められて、インドへの布教に旅立ちます。インドで約3年布教活動をしたとされています。

やがて、マラヤ(=マレー)などへと場所を移して布教中に日本人と出会い、日本に布教活動をする為に1549年九州に入ります。

九州の諸大名にキリスト教を布教したのが、日本にはじめてキリスト教が伝わったことになります。

今日ご紹介のホテルは、そのハビエル城から徒歩1分のホテル ハビエル (Hotel Xabier  3つ星 とても評判の良いホテル 客室数45)です。

大自然の風景や城を望む景勝地にあり、とても人気のホテルで、宿泊客以外にも観光客が、多く訪れることで知られています。 

レストランでは伝統的な地方料理を提供(アラカルト・レストラン)しています。 
宿泊料金もリーズナブルです。
イメージ 1
派日エルは黄色いマークのところです。 ↑
イメージ 11

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 8

イメージ 6

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 7

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 9

イメージ 4

イメージ 10

イメージ 15

イメージ 21

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イメージ 16
フランシスコ・ザビエル( Francisco de Xavier =Francisco de Jaso y Azpilicueta)↑
イメージ 17

写真:ホテル提供他

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事