日本メディアツアーズ ・関空発の希少なシニアツアーをご案内

ガイドブック未掲載地も含め欧州の小さな町や村と催事、ホテルを点描。
お詫び
先週の当欄でパンフレットの発送(2月9日 業者委託)をご案内しましたが、「まだ着かない」というお問い合わせをいただきました。 
チェックしましたところ、運送業者のもとで、14日まで滞っていたようで、今週中にはお手元に届く予定です。 このように大幅に遅れるのはあまりなかったことです。
大変ご迷惑をおかけします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は 州都カディスの隣のサンフェルナンド (San Fernando 最近調査の人口96,355人)です。

かつては島でありイスラ・デ・レオン(レオン島)とよばれていましたが、19世紀フェルナンド7世の時代に、フランス軍侵攻に勇敢に戦ったことからサン・フェルナンドと命名されました。

都市の面積は約32k㎡です。 かつては海軍基地(伝統的にスペイン艦隊の25%が当地に)があり、砲兵工場、病院等がありましたが、海軍部門の縮小(1990年代後半に海軍産業解体)に伴い深刻な影響が出ました。

現在の主な産業は残った海軍関連産業、陸軍士官学校、造船、伝統的な養魚場、観光、塩漬けの魚、農業(ワインを含む)、広い商業地(スーパーマッケトetc)などです。

今日のご紹介ホテルはエストゥディオス・ツーリスティコス・バイア・スール(Estudios Turisticos BahiaSur  3つ星 客室数30) です。
アパートメントタイプ(主に長期滞在用)のホテルです。

今日のお祭りは カルメンと塩の祭り( Feria del Carmen y de la Sal )です。
町の守護神であるカルメン Virgen del Carmen と 古くからの産業である製塩業に感謝するお祭りで、毎年7月16日にかかる週末に行われます。
暑い時期ですので、お祭りの催し(幾つものイベント)は主に夕刻から夜に行われ,酔って踊りに興じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御礼
本日のブログに沢山のナイスを頂戴しました。
ありがとうございます。
イメージ 1

イメージ 2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは町(サンフェルナンド)のパノラマです。 ↓
イメージ 3
写真:central de reservas.comさん ↑
イメージ 4
写真:Diario de Cadizさん ↑17feb2019
イメージ 5
写真:Espania Fascinante さん ↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは、エストゥディオス ツーリスティコス バイア スール の写真です。 ↓ 
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは毎年7月16日をはさむ週末に開催される フェリア・デル・カルメン・イ・デ・サル( Feria del Carmen y de la Sal カルメンと塩の祭り )です。 ↓
イメージ 12

イメージ 21

イメージ 13
写真:San Fernando @ Ayto San Fernandoさん ↑
イメージ 14
写真:Nuestras Fiestas さん Facebook より ↑
イメージ 15
写真:Nuestras Fiestas さん Facebook より ↑
イメージ 16
写真:Nuestras Fiestas さん Facebook より ↑
イメージ 17
写真:islapasion さん youtube より ↑
イメージ 18
写真:el MIRA (MIRA Communication)さん ↑
イメージ 22
写真は少ないのですが、主たるイベントは夜です。 ↑写真:Turismo deCádiz さん ↑
イメージ 19
写真:Diario de Cadizさん ↑17feb2019
イメージ 20
写真:allevents in CADIZさん ↑

写真:ホテル提供他

この記事に

お知らせ
2019年春〜秋号のパンフレット(シニア世代の旅用)をメール便で発送しました。
ブッキアーニコの花祭(イタリア)、ブハラの交易祭(シルク&スパイスフェスティバル  ウズベキスタン)、あまり紹介される事のなかったアルプスの大圏谷シルク・ドゥ・フェール・シュバル(フランス)、リヴィウの夏至祭イワン・クパラ(ウクライナ)、オビドスの中世祭(ポルトガル)、シュトラールズントのヴァレンシュタインターゲ =歴史祭(ドイツ)、アルメニアのハモフ・ホトフ(ワイン祭)、フランスの秋模様、ノマド(遊牧民)の町訪問(イラン)等  とても個性的な内容です。 

シニア世代用のグループ旅行です。パンフレットをご希望の方は
nmedia@orion.ocn.ne.jp または ファックス 06-6920-5501 日本メディアツアーズ 海外旅行パンフレット希望 と書いてお取り寄せ下さい。
お名前、年齢、電話番号を必ずご記入下さい。

お願い。 
最近シニアツアーとは別に、欧州へのハネムーン (ご希望をお聞きしてのオリジナルコース) のお仕事を全国からいただいていますが、特にオリジナル度の高いコースは早めにご相談下さい(現地手配の打ち合わせ時間や、なるべく格安な航空券ご案内の為)。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はチクラナ・デ・ラ・フロンテーラ(Chiclana de la frontera 最近調査の人口84,201)です。
この自治体(町域)もフロンテーラと付いていますが、フロンテーラは国境(ボーダー)を意味し、ここがイスラム圏とキリスト教圏の境目だったことを表しています。

この自治体は2枚目の地図でご確認いただけますように観光客の多いコスタ・デ・ラ・ルスの海岸線と農畜産が中心の内陸部に広がっています。

アンダルシアの都市圏であるカディスやヘレス・デ・ラ・フロンテーラにも近く、町の経済は観光と製塩(フェニキア時代からの歴史を持つ)と農畜産、漁業(大規模な湿地帯が残っているので汽水域のアサリ、カキ、スズキ、ボラ、エビ,カニetc)が中心です。

観光では沿岸部に幾つもの5つ星、4つ星ホテルから、大衆的なホテルまで数多くあり、内陸部には16世紀から盛んになったワインや、20世紀になってからは沿岸部観光客の増加に伴って、内陸部に数多くのゴルフ場が造られました。

旧市街にはサンクティペトリ城、サンファンバウティスタ教会、サンセバスティアン教会や塔、橋などの歴史遺産があります。

ジブラルタル海峡とドニャナ自然公園に近いため、渡り鳥や留鳥のバーディングも注目され世界から多くのマニアが見物に訪れます。

今日のご紹介ホテルは5つ星のロイヤル ハイダウェイ サンクト ペトリパート オブ バルセロ ホテル グループ (Royal Hideaway SanctiPetri by Barceló Hotel Group  5つ星 195室)です。

今日のお祭りは2月のカーニバル(前回と同じ趣向のお祭りのご紹介ですみません。 町には他にもいくつもの宗教祭や例年開催されるカルチャーイベントがありますが、写真栄えするお祭りをご紹介しました。)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御礼
本日のブログに沢山のナイスをいただきました。
誠に有難うございます。

イメージ 1

イメージ 2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チクラナ・デ・ラ・フロンテーラの海岸線(コスタ・デ・ラ・ルス)、町、内陸部、自然風景等のイメージです。↓
イメージ 3
写真:TOTAL SURF CAMPさん ↑
イメージ 4
写真:Objetivo Cadiz さん ↑
イメージ 19
写真:La Esencia  del Vinoさん ↑ 町の代表的な産業のひとつ ワイン生産 ↑↓
イメージ 20
写真:Wukingさん ↑
イメージ 21
写真:El Periodico de Chiclana de lafrontera さん ↑
イメージ 22
写真:Cadiz Tourism Official Web)さん ↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからはロイヤル ハイダウェイ サンクト ペトリパート オブ バルセロ ホテル グループ 5つ星 195室のイメージです。(この町には、他にも5つ星をはじめとするホテルが沢山あります。) ↓
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは町のカーニバル(2月)のイメージです。 ↓
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
写真:DIARIO DE CADIZさん ↑
イメージ 15
写真:DIARIO DE CADIZさん ↑
イメージ 16
写真:CADIZPEDIAさん ↑
イメージ 17
写真:DIARIO DE CADIZさん ↑
イメージ 18
写真:DIARIO DE CADIZさん ↑

写真:ホテル提供他

この記事に

今日は コニール・デ・ラ・フロンテーラConilde la Frontera 人口約22,000人のご紹介です。

先史時代にも人は住んでいたとされていますが、集落となったのはフェニキア人(東地中海にルーツを持つ交易の民)が築いたとされています。

町の普段の人口は22,000人ですが、コスタ・デ・ラ・ルス(光の海岸)の美しい海岸線のお陰で 夏のバカンスの時期(6〜9月)にはその4倍の「80,000人を超える町」になるという観光産業経済の町です。

旧市街の中心部は曲がりくねった石畳の小さな通りとプラサス Plazas(4角形の広場)等の構造になっています。
白壁の家々の壁は鮮やかなゼラニウムの花鉢で彩られる典型的なアンダルシアの白い村です。

町域内に6つのビーチがあります。主たるバカンス客は都市部から来たスペイン人と比較的少数のドイツ人です。 毎週金曜日には週市がAvdaと言う場所で開かれます。

内陸部の産業は主に農業で、灌漑作物のトマト、オレンジ(スペインではナランホNaranjoと呼びます)や、天水作物のオリーブ、小麦などを栽培しています。
沿岸部では漁業も盛んです。

少し前の調査ですが、レストラン数は41、 ホテル数は20 (民宿、コテージは含まず)となっています。

今日のご紹介ホテルは ホテル フエルテ コニール コスタ ルス (Hotel Fuerte Conil-Costa Luz   4つ星 とても評判の良い大型リゾートホテル 客室数469)です。

今日のお祭りは2月のカーニバル(年によって3月初旬にかかることがあります)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御礼
本日のブログにたくさんのナイスをいただきました。
ありがとうございます。
イメージ 1

イメージ 2
ここからは コニール・デ・ラ・フロンテーラの町(自治体)のイメージです。 町は内陸部から海岸部までに達していますので、経済構造も農業(内陸部)と観光、漁業(沿岸部)となります。↓
イメージ 3
写真:Living Spainさん ↑
イメージ 4
写真:Tripkayさん ↑
イメージ 15
写真: HOTELAPARTAMENTOS LOTO CONILさん ↑
イメージ 16
写真:chaveias.esさん Blogより ↑ 今年の11月にアンダルシアの最も美しい村々と週市&タパス三昧の旅を企画(パンフレットは8月下旬頃)予定です。
イメージ 5
写真:Live it up ! Toursさん ↑
イメージ 6
写真:Blog Naranjo de Casanovaさん ↑当地ではナランホNaranjoと呼ばれるオレンジ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは ホテル フエルテ コニール コスタ・ルスのご紹介です。↓
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13

イメージ 11

イメージ 12

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからはコニールの町のカーニバル風景のイメージ写真です。↓
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 14
写真: HOTELAPARTAMENTOS LOTO CONILさん ↑
イメージ 17
写真:Conil Apartamentosさん ↑
イメージ 18
写真:Agenda Andalucia culturaさん ↑
イメージ 19
写真:CarnavalesHoy さん ↑
イメージ 20
写真:jansellsbond.comさん ↑
イメージ 21
写真:CarnavalesHoy さん ↑

写真:ホテル提供他

この記事に

今日はカディス県の小さな町 メディナ シドニア MediaSidonia人口11,741です。

2018年にアンダルシアで最も魅力的な町に選ばれましたので、今後日本の旅行メディアでのご紹介も増えてくるでしょう。

町はカディス湾を見下ろす小高い山の上にある町で、カディス湾のバルコニーBalconde la Bahia と呼ばれています。 白壁の住宅、中世の城壁、曲がりくねった小路が続きます。

町の名のメディナはアラビア語で町を意味し、シドン(フェニキアの都市国家に由来)の町のことです。

青銅器時代からの古い歴史を持ち、町にはローマ時代の遺跡もあります。

この町全体が藝術的遺跡都市に指定されています。

町の経済は古くから農業でしたが、1993年にはじめてのホテルが開業して以来、新しい経済の糧を観光に求めました。

この町は又「スイーツの都」としても知られ、有名なのがペイストリー Pastryです。
穀粉、バター、ショ−トニング、ベーキングパウダー、卵等でつくられたアラビア風のお菓子です。 町には幾つものお菓子屋さんがあります。

このお菓子は欧州中に有名で、「アラブ世界のペイストリー(=ペストリーとも)の首都」と呼ばれています。 

同時に伝統的なタパスTapas (お酒のおつまみ)も有名で、甘党(右党)にも呑み助さん(左党)にも嬉しい町です。

今日のご紹介ホテルは エル スパ メディナ シドニア (Hotel Spa Medina Sidonia 評判の良い4つ星 客室数39  町の外にゴルフ場を併設)です。

今日ご紹介のお祭りは アンダルシアで最も古い歴史を持つという 牛と馬の家畜市Feria de Ganado Vacuno y Caballarです。

5月末 あるいは6月初旬の 週末にかかる(水曜日から日曜日まで)お祭りで、良質の牛、純血種のスペイン馬の保存等を目的としています。

幾つもの楽しいプログラムがありますが、最大の呼び物は町の豊かな料理を楽しむ食事会で何千人もの人々(観光客含む)が参加します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御礼
本日のブログに沢山のナイスを頂戴しました。
ありがとうございます。
イメージ 1
ここからはメディナ・シドニアのイメージ写真です。↓
イメージ 2
写真:civitatisさん ↑
イメージ 3
写真:Rincones Ibericosさん ↑
イメージ 4
写真:Rincones Ibericosさん ↑
イメージ 22
町にはローマ遺跡があり、博物館になっています。↑↓  写真:Rincones Ibericosさん ↑
イメージ 23
写真:Rincones Ibericosさん ↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イメージ 24
このお菓子が ペイストリーです。 ↑
イメージ 25
写真:Tripadviserさん ↑  多彩なお菓子の都です。
イメージ 26
写真:canalsurturismoさんYoutube より ↑
イメージ 27
左党(お酒好き)にも楽しい都で伝統的なタパス(おつまみ)がたくさんあります。写真:Gadirさん ↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは エル スパ メディナ シドニア 4つ星のご紹介です。 ↓
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 21

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは13世紀からの伝統を持つ牛と馬の家畜市のご紹介です。↓
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
写真:Media Sidonia広報さん ↑
イメージ 14
写真:Media Sidonia広報さん ↑
イメージ 15
写真:Media Sidonia広報さん ↑
イメージ 16
写真:Media Sidonia広報さん ↑
イメージ 17
写真:Media Sidonia広報さん ↑
イメージ 18
写真:Media Sidonia広報さん ↑
イメージ 19
写真:Media Sidonia広報さん ↑
イメージ 20
写真:Media Sidonia広報さん ↑  大食事会で知られています。↑

写真:ホテル提供他

この記事に

今日はベヘール デ ラ フロンテーラ ( Vejer de la Frontera 最近調査の人口20,314人 )です。

町の歴史は旧石器時代から人が住んでいたとされ、青銅器時代もありました。
ローマ人の時代が始まる以前はベサロと呼ばれており、紀元前7世紀の遺跡も発見されています。 ムーア人以後の時代は他地域と同じように歴史を刻んできました。

海岸線はコスタ・デ・ラ・ルス(光の海岸)に面し、内陸部は果樹園、オレンジ栽培等で、現在の主な産業は農業(家畜、大麦栽培)、と観光等です。
野生牛の復活にも取り組んでいるそうです。

近年観光関連が好調で町の人口も漸増傾向にあります。

町の風景(ムーア様式の白い村)は、歴史保存(補修)がなされ、1978年には第1回装飾と改善のための全国賞を受賞しました。

今日のご紹介ホテルは ホテル リトゥアル エル パルマル アダルツオンリーHotel Ritual El Palmar-Adults Only 4つ星 とても評判の良いホテル。客室数30 です。

今日のお祭りは2月のカーニバル (伝統的なカディススタイル)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御礼
本日のブログに沢山のナイスをいただきました。
ありがとうございます。
イメージ 1

イメージ 2
ここからは ベヘール デ ラ フロンテーラの風景です。↓
イメージ 3
写真:Fuerte Blogさん ↑
イメージ 4
写真:Costa de la Ruz video.comさん ↑
イメージ 17
写真:Wikipediaさん↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個性的なデザインの4つ星小規模ホテルですが、宿泊客の評判は上々です。 宿泊料金もリーズナブルです。↓
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは2月のカーニバルのイメージ写真です。 ↓
イメージ 12


イメージ 13
写真:luquiben さん youtube ↑より
イメージ 14
写真:Marferさん Youtube ↑より
イメージ 15
写真:Jose GM VEJER さん Youtubeより ↑
イメージ 16
写真:Vejer Castias さん ↑

写真:ホテル提供他

この記事に

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事