無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「メンフィス meets マッスル・ショールズ」
ソウル・ミュージックのファンであれば、この字ズラを見ただけでワクワクですね!

昨日、待ちに待ったウィリー・ハイタワーの初来日公演をビルボードライブ東京へ見にいきました。

Sam CookeフォロワーとかSam Cooke系シンガー という言葉に対して免疫ゼロの僕は、Willieのサザン・ソウルにも、御多分に漏れず昔からずっと感染していました。

そんなアラバマ州マッスル・ショールズ産のソウルを聞かせるシンガーを、テネシー州のメンフィス・ソウルを作ってきたスティーヴ・クロッパーと同郷のHi Soundを支えたHi Rhythm セクションのホッヂズ兄弟がバックアップするのです!サザン・ソウルのマニアにとっては「ラーメン全部のせ」みたいなものです!

Cropperは今から20年以上前、ナッシュビル在住時にBilly PrestonやらMark Farnerやらとのオール・スター・バンドで見て以来になります。
Hodges Brothersは去年のSpencer Wigginsの来日公演以来です。
とにかく、お目当てはウィリーです!いよいよです!

スティーヴが作ったのソウルの名曲をバンドだけで演奏した後、御大登場!
ラジオで聞いた新譜も最高でしたが、僕が見た東京発公演では、Fameでレコーディングした60年代の曲ばかりを、塩っ辛い喉で歌い上げました!勿論Samのカバーも!背筋がピーンとなりました!

気になったのは、スティーヴの方が知名度があるせいか、時に「Steve Cropper featuring Willie Hightower & Hi Rhythm」と表記されていたことです。
ステージではスティーヴはウィリーのことを呼び出す時に「Star of the show! Mr. Willie Hightower!」と敬意を評してましたが、ウィリー自身はそのことが少し嫌やったのか?と見てて思いました。そんなことを感じたのは僕だけだったかもしれませんが・・・。気のせいだったと願いますが。

何故か一度もスティーヴと目を合わせなかったと思います。ソロもふらない。サックスには何度もソロをふっていました。
勿論、彼の歌は鳥肌ものでした。チトリン・サーキットで鍛えた本物のソウルを、70過ぎの伝説の男は披露してくれました!

曲紹介をしてジックリ歌い上げ、時にオーディエンスに参加を求め、エンディングはドラムに指示を出し、小節頭のダウンビートでドラムのオカズが入って終わる。という感じで淡々とこなしていく様子。
曲紹介で「サム・クックの曲です」とか、メンバー紹介をするとかはありませんでした。

呼び屋がメンバーを紹介し、観客を煽り、アンコールは「Soul Man」。Sam & Daveのオリジナルに入っているSteveのフレーズ後の「Hey Steve!」と来るかと思いきや・・・。来ませんでした。
しかもウィリーがヴァースを歌っていたのにコーラスと勘違いしたバンドは、おもむろにエンディングに突入。スティーヴは「Hip Hug-Her」のイントロを弾いてその場を取り繕おうとして、ウィリーにポンポンとして話しかけていましたが、ウィリーはステージを去って行きました。なんか気まずい感じで終演。

・・・なんて思ったのは僕だけだったかもしれません!そんな貴重な回を体験できたというのもアリやと思います。

サイン貰おうと持っていったWillieのアルバムやら、Booker T & The MG'sのアルバム・・・持って行っただけでした(涙)。

しかし、とにかくサザン・ソウルの歴史を作ってきた猛者たちを体験できて、なんかウズウズが今日も一日続いています。
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

A Week in Kyoto, 2018

早いもので先週の事となりますが、自分メモ用に。

この時期の約1週間ほどの京都滞在は、いつも新たな出会いや発見を与えてくれます。感謝です!

今回は、米国ナッシュビルからのLogan Ledger(ローガン・レジャー)(レーガン・ロジャーではありません)と結成60周年のテネシー・ファイヴと共に、リハと3公演、滞りなくカントリー漬けの日々を送ることがでしました。

初日、サンフランシスコ生まれでニューヨークで学生生活して、現在ナッシュビルに在住の28歳の青年を空港で迎えました。写真でしか見たことがない情報をもとに、「あれちゃうか?」「んなあほな!」などあれこれ色々やり取りをしてたら・・・シュッとした好青年現る!

京都までの車の中、話好きで笑い上戸のローガンでホッとしました!めっちゃ尖ってる男やったら、どう削っていったら?と思っていました。

初めての日本、全てが新鮮らしく、常に挙動不審者全開でした。
ほぼ一日中ずっと一緒にいて、音楽オタクの20代若者と40代おっちゃん、空き時間に行く所といえばレコード屋です。あくまでもローガンのリクエストです。僕は引越しに備えて絶賛断捨離中で、家族から「決してレコードを増やさないように」と集中攻撃を浴びています・・。
お互いおもろいレコード掘るたびに「これ見て!」「こんなんある!」とあっという間に時が流れました。

しかしローガン、20代なのにめっちゃ音楽知ってます!って僕も若い頃おっちゃんにそんなん言われるの嫌でしたが・・・、所謂普通に知ってるであろうポピュラー音楽全般の話からマニアックな話まで、つっかかることなく盛り上がりました。カントリーだけでなくロックもジャズもブルーズも。少々のワールド・ミュージックも。

本題の演奏の話もせな!!・・・自分にとって故郷のようなテネシー・ファイヴの演奏に溶け込み、僕は有頂天。ローガンも王道カントリーを聴いてきたことがすぐ分かる歌い回しで、みんな納得の笑顔。カバー曲をやろうとふってみると出てくる出てくる!正に「I'm a Jukebox」(彼のオリジナル曲)です!

演奏した中では、Louvin Brothers から Byrds 経由で僕の大好きな「The Christian Life」がめっちゃ気持ち良かったです!彼も大好きな曲らしく、タクシーの中やらホテルのロビーやら楽屋やらでハーモニーを確認したおしました。時に Ira Louvin ぽく、時に Roger McGuinn ぽく。しつこくしつこく。誰か止めて〜!というくらい。他に、Buck Owens と Don Rich のハモりも、ねっとりしつこくまとわり付くように・・・。

彼のオリジナル曲、ルーツに根ざした良い曲ばかりで、来年4月に発表されるデビュー・アルバム(勿論 T・ボーン・バーネットのプロデュース)が楽しみです!

僕も、テネ5の60周年を題材に作ったオリジナル「Sippin' at Kenny's」をテネ5に紛れ込んで演奏できて嬉しかったです!デモ音源では表現しきれなかったイメージも具体化できて(さすがテネ5!)、自分の中では最高の曲に仕上がりました。

とにかく、この素敵な1週間を可能にして下さる全ての皆様に感謝です!お世話になりました!ありがとうございました!

関東に戻って1週間。朝「よ〜いドン」で人間国宝さんを満喫できない寂しさに包まれています・・・。

イメージ 1
♪「I ~ love the christian life~」

イメージ 2
♪「Sippi~n' at Kenny's~」〜「At Kenny's!」♪

イメージ 3
Logan and The Tennessee Five

イメージ 5
師匠、永冨研二とテネシー・ファイヴに紛れ込んで


イメージ 4
好き嫌い無〜し!

この記事に

開く コメント(0)

Country Dream Concert 2018

あとおよそ1か月となりました!

リハーサルやら京都、大阪での公演やらで10月は1週間の京都滞在です!
60周年のテネシー・ファイヴに加わり、ナッシュビルからのアーティストを全力で(しつこいほど?)サポートします!

今年はあのT Bone Burnettをプロデューサに迎え、現在デビュー・アルバムを制作中のLogan Ledgerがやって来ます!
デモ音源で聴く彼のカントリーは、ヴィンテージ・ワインのような味わいですよ!(ヴィンテージ・ワインって知らんけど…)
とにかく、20代にも拘らずベテランの説得力で迫ってきます!さすが、T・ボーンが黙っちゃいないという感じですねぇ〜。

ちなみに、アメリカン・ルーツ・ミュージックがお好きな皆さんと同様に、T・ボーンが関わった作品は僕の棚ではえらい場所を占領していて、収納に一苦労してます。

そんな、今後のルーツ・カントリー(売れ線カントリーでないやつ)を引っ張っていくローガン・レジャー初来日!そしてもちろん初公演が京都で見られるのですよ!チケットはお早めに!!

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!

↓「カントリー・ドリーム・コンサート2016」、中林恵美子さんに撮って頂きました!
イメージ 1 
イメージ 2
チャーリー・マッコイに指さされて・・・。

イメージ 3
円山公園音楽堂。

↓今年のフライヤー
イメージ 4



この記事に

開く コメント(0)

Livingroom Tapes 1

残暑お見舞い申し上げます。
Basement Tapesではなく、Livingroomでやってみました。

They Can't Take That Away from Me ~ Tak Nagai

この記事に

開く コメント(0)

English & Music

先日の対談が記事になりました。
英語と音楽の関わりについて、栗林先生とわさわさ喋りました。
文字になると恥ずかしい。
ウェブ版はこちら→ https://www.tac-school.co.jp/tacnewsweb/feature/feat201809_1.html

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事