天声貧語

経済大国も今は昔。貧乏人はこんなこと考えてます

全体表示

[ リスト ]

緊急のお願い

新しい飼い主さん、保護主さん、緊急募集です。 

詳しくはこちらをご覧下さい。 

ココニャン一家の縁結び 

http://satooya-bosyu.seesaa.net/ 


marico's family 

http://marico247.exblog.jp/
 
 
 


 特に「しろくま君」、7月20日までに引き取り手が現れないと殺処分されることが決まっています。

 犬や猫の里親探しのサイトを見ていると、こういった老犬・猫(特に犬)が結構多い。ずっとノラで生きてきたにしても、飼犬・飼猫として(犬の場合は殆ど飼犬だったと思う)生きてきたにしても、その最期が、ガス室でもだえ苦しみながらの死というのはあまりにも悲しい。

 ノラとして生きてきた子であれば、飼犬・猫とは比較にならない苦労をしてきたことだろう。何の罪もないのに、野良として生まれたが為に、散々辛い思いをして生きてきて、挙句がガス室での死、などということがあっていいものか。

 また、長い間自分達を癒してくれたペットを、年をとって手がかかるようになったから、医療費などお金がかかる様になったから、見た目が可愛くなくなったからといって、よく捨てられるものだ。私なら、むしろ一層愛しさがつのると思う。
 自分を癒し続けてくれたペットが、もだえ苦しみながら死んでいく様を想像しないのだろうか。

 老犬・老猫は、引き取っても手がかかる可能性が高い上、一緒に居られる期間も短い。しかし、だからこそ最期は幸せに、と思って引き取っていただける方はいないだろうか。
 情けないが、我が家では今がイッパイイッパイで、これ以上増やしても、今いる子も含めて、逆にその子達に幸せな暮らしをさせてやることが出来なくなってしまう。

 どなたか、しろくま君を(勿論、他の子だって結構)救ってあげてください。
 是非、是非、よろしくお願いします。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事