ブログ移行しました!

LINEブログのほうへ移行しました!
https://lineblog.me/heeling/

これまで3年半?もの間、「マツダのヒーリング・フラッシュ!」をご覧くださり、本当にありがとうございました。

イメージ 1

好き勝手に書いてきましたが、読んでくださった方々から様々なご意見などをいただき、結果として成長することができたと思っています。

これからも本当に身体に良いこと、短絡的な観点ではなく本質的に変化するということはどういうことなのか?に着眼して、新ブログの方からお伝えしていきたいと考えております。

どうぞよろしくお願い致します。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

治療家AI

いつの間にか、AIというワードを聞かない日はなくなった。

AIが患者さんを治療する時代がきて、治療家は滅びてしまうのか?

僕はそうは思わない。

しかし、大半の治療家は滅びてしまうと思っている。

自分はどうなるか、わからないけど…


生きている間に、あと何回パラダイムシフトが起こるのか。

そして、そのサイクルは一体、どこまで早まるのか。

考えても仕方ないので、今できることを徹底的にやろう。

シンギュラリティのとき、人間が治療家であり続ける唯一の方法は、単純性と複雑性の融合だと思っている。

実現するためには、目にみえないものにフォーカスする必要がある。

今から始めなければ、とても間に合わないだろう。

いや、今から始めるのでは、遅いくらいかもしれない。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ3

空想の世界と現実の世界の、一番の違い。

それはルールがあるかないか。

空想の世界にはルールがない。

現実の世界にはルールがあるから、大多数の人はそのルールを犯してしまわぬよう、けっこう気を使って生きている。

例えば、美しい女性が目の前に現れて、屈んだときに胸元が露になったら、男性は目がいくのが自然だろう。

イメージ 1

こんな感じで。

(写真は小島 瑠璃子さん)

でも、それ以上は自粛する。

捕まってしまうから。(笑)


しかし、空想の世界にはルールがない。
だから女性に触れることも問題にはならない。

もちろん、現実の世界でニヤニヤしていれば、ちょっと問題になるけど。(笑)


(ここから真面目な話)

人の身体をみていく上で、基本的に情報は多ければ多いほど良い。

もちろん、情報を選ぶ(減らす)ことも重要だけれど、みる段階では多いほうが良いと思う。

空想の世界を上手く使えば、実際にはまだ触れたことのない人の身体が、どこで滞っているのか?などもわかってくる。

初診の患者さんが来院したら、「あ、どうも」と挨拶をした瞬間に、ある程度どこを治療するか?とか、決まってくる訳だ。

慣れてくると、現実よりも先に空想モードになり、患者さんと目が合った(正確には合っていないが)瞬間には検査結果が出ているような状況になることも。

これは便利!

便利な世の中、機能的な物は多いけれど、元々持っている便利機能を忘れてしまったら、せっかく人間として産まれてきたのに勿体ないから、しっかり使っていこうと思う。

興味ある人はお気軽に聞いてくださいね!

デモンストレーションしますから。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ2

患者さんの身体が、歪んでいたり緊張していたりしたときに、僕はイメージする。

解放された瞬間のあの感覚。

言葉にすることは難しいけれど、「部分と全体が一体化する」というか何というか。

その感覚をイメージしたときに、大切なことは素直になることだと思っている。

歪みや緊張が強いから、こりゃそう簡単には変わらないだろうなぁとか、そんなことは僕が決めることではない。

変わりたい人は変わればいいし、変わりたくない人は無理に(すぐに)変わらなくてもいい。

患者さんの脳が受け入れるかどうか、ただそれだけのことだ。

余計なことはせず、ただイメージすること。

それが自分の役割だと認識している。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ

瞑想してる➡宗教、怪しい、胡散臭い…

仮想通貨持ってる➡金欲しい、ギャンブル、やめさせなきゃ…

松田が言ってる➡少数派、空気読めない、胡散臭い…


現代を生きていて、こんなイメージを持つ人が多いのかな?と思う。

偏見だとか言うつもりはない。

自分もめっちゃ偏見あるし。

しかしながら、情報を単一でとらえるのではなく、関連付けて本質的な話をすることのできる人と出会えたときは、非常に嬉しい。

ここ(当院)では、そういう方々に恵まれ、日々感謝しております。

ありがたや。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事