潮音の夢日記

池波正太郎、司馬遼太郎のファンの方もご遠慮なく

全体表示

[ リスト ]

復活宣言したばっかりでまたもや間があいてしまいました〜!(^_-)-☆デヘペロ
 
夏休みをいっぱい取りたいのでちょっとがんばっちゃってお仕事に専念してました。
でも、その合間をねって先週名古屋科学館へ骨休みに行ったりして〜。
ここのプラネタリウムは世界最大級のドームでギネス登録もされています。
そのせいもあるのか、この科学館、いつも混んでいて休日となったらもう超行列です。
 
イメージ 1
 
一応事前にHPで予約していたので並ぶのは免れてすぐ入ることができました。(^u^)ホツ
プラネタリウムの上映時間にはまだ間があったので他の展示物を見学。
 
体感する展示として竜巻ラボ、放電ラボ、極寒ラボなんてのがあります。
高さ9mの空間に人工的に竜巻を作り出し間近に観察できるというのが竜巻ラボ。
 
イメージ 2
 
高電圧発生装置で放電させその電流からさらに150万ボルトの電圧を発生させ放電現象を目の当たりにする放電ラボ。これ、バリバリバリ〜〜なんて凄い轟音を伴うちょい喧しいラボです。
 
イメージ 3
 
して日本初。マイナス30℃の極寒体験というのが極寒ラボ。
文字通り超寒いマイナス体験。まずマイナス10℃の部屋へ5分入って体を寒さに慣らし、そしてマイナス30℃の部屋で10分。最後に再びマイナス10℃の部屋で5分慣らして通常の部屋に戻ってくるというもの。
 
イメージ 4
 
 
これ、超超〜寒かったです。一応防寒着と長靴は着用できるのですが、これがなんの
役に立つのやらって感じでした。この日は30℃はゆうに超えた猛暑。マイナス30℃の世界なんてさぞひんや〜り気持ちいいかも、なんて思っていたのですがね。
まさに誤算でした。
 
寒いわ〜!マイナス10℃!!もうここで5分耐えられまへ〜ん!(o)/!
 
しかし、決まりとして引き返す事は出来なくて取りあえず進む仕組みとなっているんです。よほど気分が悪くなって我慢できない時は中に取りつけてあるカメラに向かってリタイアの合図をすれば救出してくれる、とか。
でも、それは、ちょっとハズカシイ。やはり進むっきゃない。取りあえず
マイナス30℃の部屋へいざ
 
寒っ! 顔こわばる〜〜!   (*_*) 
 
ひえ〜!天井のスクリーンにはオーロラの映像が〜。さらに立山の積雪や南極の氷、
流氷等々の展示物が〜、寒さ増す〜。
そういえば係の人が色々な展示があるのでそれを見ながら気を紛らして下さい、って
説明してたっけ。 (~_~;) 
 
イメージ 5
 
これ見て寒さ紛らせってか〜。よけい寒いわ〜!
 
触っていいって書いてあるけど、触る勇気はとても有りません。このマイナス30℃。
どんな寒さかっていうと、例えば、普段冷蔵庫の氷に触れた時、あの感触が体中に
あるって感じ。まさに全身氷まるけ。
 
やっとマイナス10℃の部屋へ入った時は顔はこおばり肌が痛くて、このマイナス10℃が
とっても暖かく感じられた程。あったかい〜!あったかい〜!マイナス10℃ってぇ〜
極寒ラボを出た時はもうぐったりで、いや、つくづく思いました。やっぱ、暑い方がいいって。
(しかし、この気持ちは科学館を後にした時、外のあまりの暑さにすぐ撤回したことはいうまでもありません。)(-_-;)オハズカシイ
 
この後はプラネタリウムの鑑賞。7月のテーマは「天の川と銀河系」。
 
イメージ 6
 
 
一席が独立して左右30度回転する快適なリクライニングシート。ああ、このゆったり感。
ドームに投影された銀河の映像にまるで宇宙旅行の気分、いつしか身も心も無重力の
世界に〜。 (_)!!
 
・・・て、気が付いたら、ありがとうございました・・というアナウンス。えっ〜!!
 
いつの間にか、眠りの世界に誘われ、宇宙船ならぬ船をこいでしまったようです。
「天の川と銀河系」果たして、どんな内容だったのか〜〜??(-_-;)トホホ
 
 
6月24日に放映されたドラマ「ガリレオ・聖女の救済」ご覧になられたでしょうか。
あの撮影がこの科学館内の生命館2階で撮られました。
恐竜マプサウルスの骨格標本が出てきたシーンです。
 
イメージ 7
 
 
館内には出演者である湯川学教授のサインが飾られてます。
 
イメージ 8
 
 
惜しくも「天の川・・・」見逃してしまった私に朗報が。2013年の夏の恒例ペルセウス座
流星群は夜半前に月が沈むので流星が見える夜中から明け方に月明かりがなく非常に星が良く見える好条件とか。
 
一番たくさん見えるのは8月の10、1112日の夜。星座や方角なんて気にしなくても
寝っ転がって空を見上げているだけで流れ星が目に勝手に飛び込んでくる、らしいです。
皆さまも眠い目をこすりながら流星との遭遇をはかってみられてはいかがでしょうか。
 
見上げてごらん。夜の星を。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(8)

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ
潮音さん。。

お仕事お疲れ様です(≧∇≦)
科学博物館行って来られたのですね。
あの球体!フジテレビかと思いました(笑) 似てるよね。。♬

マイナス30度の極寒体験。。
やってみたいです。
そのレベルになると 肌が痛いらしいですが大丈夫だったでしょうか?

オーロラ〜見てみたいです。
テレビの映像でしか見たこと無くて。。
実際には空に浮かぶ光の帯がどんな風に動き形を変えるのか興味深いです。

きっと 素晴らしいでしょうね
憧れます。

2013/7/28(日) 午前 8:27 [ ゆきまる ] 返信する

つげ潮音さん、お久しぶりです!
なかなか忙しくてコメントしにくる暇さえありませんでした…

名古屋市科学館ですか!いいですね(^-^)
私も五月の終わり頃に行ってきました。
極寒ラボや放電ラボは行きませんでしたが、竜巻ラボはチラッと見ることが出来ました(*゚▽゚*)凄かったですよね

プラネタリウムは私も最初はちゃんと見ていたのですが、
アナウンスの声があまりに心地よくて
星の死の話のあたりからの記憶がありません…(笑)

2013/7/29(月) 午前 4:57 GT千代里 返信する

アバター

あら。肝心要のところで眠ってしまいましたか!
でも、マイナス30℃の世界を体験して、外は30℃超え。
まさに60℃差を体感してこられたのですねえ〜〜すごいです!
流星群はお見逃しなく

2013/7/29(月) 午前 8:31 花子 返信する

ダンテの神曲でも最下層の地獄は氷地獄で、全ての命の活動が止まってしまうところですから、
まあ寒い方が人間には耐え難いという意識があるんでしょうね。
でも暑いのにも限界はありますけれども(^_^;)
首都圏はカーッとした日差しの夏ではなく、
だらだらと蒸し暑い夏となっています。

名古屋の科学博物館、30年前に行ったっきりで(^_^;)
人工的に作ったバナナの匂いしか覚えてないです(^_^;)

2013/7/30(火) 午後 5:51 [ もたんもぞ ] 返信する

顔アイコン

ゆきまるさん こんばんは
お返事遅くなりました。週末、ちょっと出張で大阪まで行って
ました。あ・・これフジ、あ〜!なるほど!そうきましたか〜。
うん、似てるね。マイナス30℃寒いっす〜。
きっとさぞお肌に悪いことでしょう。(-_-メ)オハダアレアレ

オーロラ、映像ですが、綺麗でした。ちょっとオーロラ見に
北欧へ出張に行きたいですね。
え、そんな出張あるか、って。(-_-;)アリマヘンナ・・

2013/7/30(火) 午後 8:57 [ - ] 返信する

顔アイコン

おぉ〜!GT千代里ちゃん お久しぶり〜。
あ、科学館行ってきたんだ〜。今度は極寒ラボでマイナス30℃に
耐えてみて下さいよ〜。(-_-メ)チョットオハダガイタイケド

プラネタリウムのアナウンスの声のひと、なんか森本レオ風の
語りじゃなかったですか〜。やっぱり、みんな記憶が飛んでるんですね。プラネタリウム、ってそんな場所です。きっと。\(-o-)/ヨクネタ

2013/7/30(火) 午後 9:06 [ - ] 返信する

顔アイコン

花子さん こんばんは
週末に大阪に出張で、吉本ついでに見てきました〜。(^O^)/
マイナス30℃なんていくら冬が寒いと言っても北海道以外では
中々体験できません。まさか名古屋で〜。今日みたいな
暑い日はちょっとマイナス30℃恋しくなります。(-_-;)サムスギダケド

真夏の夜は流星群、何をお願いしようかな〜。(~_~;)ソッチカイ!

2013/7/30(火) 午後 9:13 [ - ] 返信する

顔アイコン

もたんもぞさん こんばんは
週末、大阪に出張でついでに難波とか道頓堀あたりを
うろついてきました。(~_~;)アツハナツイデンナ〜。

東海地方ももう蒸し暑くてサウナ状態です。
寒いのと暑いのどっちも耐えがたいですが、暑い方がイラチに
なりますね。精神的には冬の方に軍配が・・・。

名古屋科学館、30年前からあったんですね。
その人工的に作ったバナナの匂いなる、ものが何だか気に
なりますね。
なぜ、バナナの匂い?人工的に作る?匂いを嗅ぐブースでも
あったんですか。(-_-;)クンクン

2013/7/30(火) 午後 9:25 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事