takutakuのワインと映画!!

ポイント備忘録程度のスローペースとなりますがヨロシクお願いします!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った、野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポートマン)を愛人候補に仕立てる。だが王が目に留めたのは、結婚したばかりの気だての良い次女メアリー(スカーレット・ヨハンソン)だった。(シネマトゥデイ)
 エリザベス祇い鮖困鵑瀬▲鵝Ε屐璽螢鵑肇瓮▲蝓次Ε屐璽螢鷸佶紊諒語。史実に基づいた映画であり、見応えのある作品となっている。ある程度の線引きと脚色はあるのだろうが、ヘンリー8世を巡る姉妹それぞれの立場が非常に分かりやすく描かれている。
 冒頭に映し出される幼少期のシーンが何とも印象的。その後、映画は妹のメアリー(姉妹の別は諸説ある)がヘンリー8世に見初められる頃から始まるが、それまでのフランス時代の姉妹にも少しは触れて欲しかった気がする。そうすれば彼女達への視点やドラマそのものの幅も少しは広くなっただろう。
イメージ 2 ただ、ヘンリー8世と6人の妃や、「1000日のアン」という映画にもなったアン・ブーリンについてはそれなりに知られているが、アンとメアリーという姉妹についての視点は新鮮で興味深く、却ってシンプルで明確に描かれたことが効果的であったとも言える。
 更にこの作品はキャスティングも印象的。ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソンの2人が魅力的であり、エリック・バナによる何ともスタイリッシュなヘンリー8世像も大きなインパクトを与えている。
 ちなみにメアリーが産んだ男子は庶子として認知されていないが、後にハンスドン卿としてエリザベス祇い了代に活躍したそうである。メアリー1世やメアリー・スチュアートなど・・・多くのメアリーもいるのでややこしいですね・・・。 

閉じる コメント(22)

この頃は、確かに同じ名前が多くて、アレ?!と、戸惑ってしまいますが、映画で見ると、しっかりと認識できるので、うれしいです。
歴史的にも、ドラマチックな話が多くて、目が離せない時代ですよね。

2009/4/30(木) 午前 11:27 kuu 返信する

ナタリーとスカちゃんのハリウッドを代表する女優同士の競演・・・それだけでも見応えたっぷりでした。内容はドロドロでしたけどね^^;こういう歴史劇好きなので好みの作品です。トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^

2009/4/30(木) 午後 7:41 くるみ 返信する

アバター

ナタリーとスカヨハの起用が当たりましたね。
昼ドラのようなどろどろさも面白かったわ。
TBお返しさせてもらいますね。

2009/4/30(木) 午後 10:31 くみょん 返信する

ドロドロの愛憎劇に引き込まれました。『大奥』のようで面白かったです。TBお返ししますね

2009/4/30(木) 午後 10:36 LAGUNA 返信する

恋さん>TBありがとうございます!確かによく分かるように描かれていましたね。そうそう・・・ドレスもなかなか印象的でした。色のコントラストも考えられていたのでしょうね。

2009/5/1(金) 午前 1:10 takutaku! 返信する

もっさんさん>TBありがとうございます!エリザベスの誕生秘話は最近知られるようになりましたが、このあたりの映画でより分かりやすくなりましたね。

2009/5/1(金) 午前 1:11 takutaku! 返信する

kuuさん>TBありがとうございます!十分に歴史の勉強が出来る感じですね。複雑ですが、確かに面白い時代でもありますね!

2009/5/1(金) 午前 1:12 takutaku! 返信する

くるみさん>TBありがとうございます!確かにキャスティングの魅力は大きかったですよね・・・。それだけでも十分な重みを感じる映画になっていました・・・。

2009/5/1(金) 午前 1:14 takutaku! 返信する

くみょんさん>TBありがとうございます!確かにドロドロでしたね・・・。でもそれが史実であるところが何とも凄いところです・・・。

2009/5/1(金) 午前 1:17 takutaku! 返信する

らぐなさん>TBありがとうございます!確かに大奥のような感じでもありますね。どこの国でも同じような歴史があるということですね・・・。

2009/5/1(金) 午前 1:18 takutaku! 返信する

ナタリーとスカーレット、若き2人の今を競う女優さんの共演というだけでも価値ある作品ですよね。
2人とも素晴らしかったです〜
エリザベスを見直したくなりました〜
見ごたえある作品でしたよね。
TB返しさせてくださいね。

2009/5/2(土) 午後 2:41 [ ake*omy*ujo*3 ] 返信する

顔アイコン

これは面白かったですね〜。こういうの大好きです。
英王室は昔からこういうドロドロばっかりだったのかしら・・?って思ってしまいました(笑)。

2009/5/2(土) 午後 3:39 Swan 返信する

明星さん>TBありがとうございます!確かにこの作品はキャストにも大きな魅力がありましたね!

2009/5/2(土) 午後 9:48 takutaku! 返信する

Swanさん>TBありがとうございます!私も歴史モノは大好きです・・・。確かに英国王室はドロドロなテーマが多いですね・・・。

2009/5/2(土) 午後 9:49 takutaku! 返信する

アバター

そうですね。アンはエリザベス一世の母として有名ですが、ブーリン家(特に姉妹)という視点から描かれた作品はなかったですよね。そう言った意味ではとても興味深いお話だったと思います。それにしても大変な時代ですよね〜^^;
こちらからもTBさせてくださいね♪

2009/5/2(土) 午後 10:49 choro 返信する

Choroさん>TBありがとうございます!ホントに大変な時代です・・・。でも英国王室は常に色々ありますね・・・。オープンにするからかな??

2009/5/2(土) 午後 10:52 takutaku! 返信する

顔アイコン

私も英国のこの時代の本は何冊か読んでいて、アン・ブーリンについては知っていたのですがアンとメアリーという姉妹については知らなかったので、とても新鮮でした。こういうまとめ方をしてくれると歴史がぐっと身近に感じられますね。TBさせてくださいね

2009/5/3(日) 午前 5:35 car*ou*he*ak 返信する

Cartoucheさん>TBありがとうございます!そうですね・・・まだまだ知らないことが多過ぎて・・・。確かにこういう映画はホントにありがたいです!

2009/5/3(日) 午後 6:27 takutaku! 返信する

そそう、やたらとメアリーが多くて、相関図をじっくり見ないとごちゃごちゃになるんでしょねw
姉妹の確執をもとに歴史を分りやすく学ぶことが出来、観て良かったと思う作品です。
TBさせてくださいね。

2009/5/6(水) 午前 2:13 pu-ko 返信する

pu-koさん>TBありがとうございます!映画はホントに分かりやすい教科書でもありますね・・。興味をもって見れますから・・・。

2009/5/6(水) 午後 9:51 takutaku! 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事