takutakuのワインと映画!!

ポイント備忘録程度のスローペースとなりますがヨロシクお願いします!

ワイン会・イベントetc

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日のプライベートテイスティング会。今回のテーマはイタリアンナチュールの大御所を改めてテイスティングする会。なかなか印象的なテイスティングとなりました。癒しはもちろんですが、その大きな存在感を再認識しました。念願のラディコングラスが6脚揃ったのですが、さすがにグラスの持込はせずに・・・@@
イメージ 1


1.Garg'n'go 2014 / La Biancara
2.Billuke 2013 / Panevino
3.Oslavje 2003 (1000ml) / Radikon
4.Oslavje 2006 (1000ml) / Radikon
5.Ribolla Gialla (1000ml) / Radikon
6.Taibane 2011 / La Biancara
7.So San 2008 / La Biancara
8.Su chi no seu 2014 / Panevino
9.Magma 2013 / Cornelissen

第7回227会@仙台

先週末は7回目となる227会。あっという間です。今年は第3回目に続いて2度目の仙台での実施となり、新しいブロガーさんが参加されるなど新たな試みも。節目の第10回大会に向けて色々と考えていきたいものです。いつもながら楽しいひと時でした。また2次会、3次会、翌日のランチ会、いつも通り楽しみました・・・@@
イメージ 1

イメージ 2イメージ 3
イメージ 4イメージ 5
イメージ 6

先日あったボルドーの会。ボルドーをゆっくり飲むのは久しぶり。メインの据えた4本。パルメは数回同じVTを飲んでいますが、やはり思った以上に熟成が早く、かつソフトで綺麗に熟成しますね・・・@@
イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4

<Chateau Larmande 1993 / AC.Saint-Emilion GC>
<Chateau Palmer 1996 / AC.Margaux>
<Chateau Cos d'Estourne 1997 / AC.Saint-Estephe>
<Chateau Cheval Blanc 1993 / AC.Saint-Emilion GC>

どれも言うまでもないアイテムですが、特に印象に残ったのはパルメとシュヴァル・ブラン。

'96のパルメは酒質も軽く非常にソフト。2年前に’05を飲んでピーク感を感じたことを思えば、早くて繊細な熟成だと言えるでしょう。

'93のシュヴァル・ブランについても同じようにソフトなニュアンス。パルメよりも更に繊細な舌触りと酒質。浮遊感を感じるような・・・。

パルメもシュヴァル・ブランも羽毛のようなというコメントを使ったのですが、まさにそんな2本でした。

一方、'97コスはこなれてはいるもののしっかりとした存在感。食事とじっくり楽しみたくなる1本でした。

バランスの良いセレクトに満足。
知人のデザイナーと飲みながら作ってみようかということで出来たLINEのスタンプ。ワインシーンに関連して使われることを想定したものですが、なかなか面白く出来上がっています。さすがはデザイナーですね。色んなところでPRしていますが、ここでも見本を3つほど・・・@@

こちらに → http://line.me/S/sticker/1087063

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

豪華なワイン会

先週末のワイン会。豪華すぎるほどの贅沢ワイン会でしたが、なんと4本に状態不良があり、代替対応等含め結果11本のアイテムが開けられました。少しセレブな気分を味わいました・・・@@
イメージ 1

イメージ 2


〜Champagne〜
<Les Pierrieres Blanc de Blancs Extra Brut NV(2009) / Ulysse Collin>
<Inflorescence Lieu-dit Cote de Bechalin Blanc de Noir Brut NV(2005) / Cedric Bouchard>
<Comtes de Champagne 2000 / Taittinger>
<Pinot Noir Ambonnay GC 1999 / Eric Rodez>

〜Blanc〜
<Meursault Clos de la Barre 1996 / Dom.des Comtes Lafon>
<Batard-Montrachet 2008 / Dom.Ramonet>
<Chevalier-Montrachet Les Demoiselles 2002 / Dom.Louis Latour>

〜Rouge〜
<Nuits-Saint-Georges PC Les Vaucrains 1998 / Dom.Robert Chevillon>
<Morey-Saint-Denis PC La Riotte V.V.2005 / Dom.Olivier Jouan>
<Gevrey Chambertin PC Cazetiers 1976 / Maison Camille Giroud >
<Grands Echezeaux 2004 / Dom.de la Romanee Conti>

状態不良は熱劣化の症状を呈しているものが2本、プレモックス1本、ブショネ1本という感じで大当たりでしたが、それぞれの存在感の大きさは十分に感じられました。

セドリック・ブシャールのBdNはその熟成ニュアンスやコクからくる安定感がなんとも秀逸、それでいてフレッシュさも十分に感じさせます。ラモネの'08バタールはビックリするくらいの柔らかさでラモネの印象が大きく変わった1本。DRCについては心配していた澱対応もクリアでエシェゾーとは異なる質感を感じさせられました。

いずれにせよ、多くを感じたワイン会に・・・@@

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事