コンタミチェッカー気まぐれ日記

メカニック必見!!オートマ(AT)オートマオイル(ATF)の悩み解消!

トップページ

すべて表示

ATの「コンタミチェック」・・・とは、何ぞや?

ATの「コンタミチェック」・・・とは、何ぞや?


かなりのご無沙汰です。

ユーザーさんの耳には、なかなか馴染みが薄いとは思いますが
ATやATFのメンテナンス、あるいは、中古ATの品質検査として
「コンタミチェック」はかなり浸透してきています。

久々なので、サクッといっときます。

ATの「コンタミチェック」とは、ATが正常な状態を保っているのか
異常を抱えているのかを、「摩耗」に焦点をあてて診断するものです。

AT(CVT含む)については、その作動原理がや仕組みが複雑であることから
様々な誤解を多くもたれています。

その典型が、「走行距離に応じて摩耗が進む」・・・という誤解です。

ATには、多数のクラッチディスクが使用されていますが、マニュアル車の
クラッチや、ブレーキパットのように少しずつ摩耗するものではありません。

摩耗する=異常・・・というのが、ATのクラッチディスクなんです。

ちょっと伝わりにくいかもしれませんが、例えば・・・
「8万kmもATF交換せんと走ってるんやったら、そらぁATもヘタっとるで〜
 へたに交換したら、AT壊れるでぇ〜」
なんていう、変な理屈は通らないのです。

「コンタミチェック」では、ATF交換時のトラブルの一番大きな要素である
「異常磨耗」を診断します。

理屈は過去の記事をご覧いただければ幸いですが、

結論だけをいうと

専用のチェックフィルターでATFを「ろ過」し、左のフィルターのように
変色すれば、「異常磨耗あり」・・・つまり、ATは異常を抱えている。
ATFの交換は、しない方がいいのです。
中古ATの品質に置き換えるならば、商品価値は低いものとなります。

右のフィルターのように、白い状態であれば、「摩耗なし」・・・つまり、ATは
いい状態を保っています。
ATF交換をして、快適に乗っていられます。
また、中古ATとしての品質も高いものといえます。
イメージ 1


そんなこんなで、AT/CVTに関わるメンテナンスや修理・整備・交換にまつわる
信頼の証が、「コンタミチェック」・・・というわけです。

近頃は、特に中古ATの商品情報として
「コンタミチェック済」や「コンタミOK」など、業者間では品質の証として
認知されています。

その他の最新記事

すべて表示

キリンがいました〜番外〜

2008/12/12(金) 午後 5:49

キリンがいました・・・ 大阪某所でキリンを見つけましたので、取り急ぎ報告いたします・・・ 忙しさにかまけて、事例の写真撮影が思うようにいきません。 たまにはこんなんもエエかいな〜っと。

遅ればせながら・・・

2008/1/10(木) 午後 2:51

明けましておめでとうございます。 デジカメがなくなりました〜。 探しても探しても見つかりません。 数日中には更新再開しますので、みなさん見捨てずに覗いてくださいね。 すばらしい一年になりますように・・・

良いお年を・・・

2007/12/28(金) 午後 3:04

早いもので今年もあと3日。 ブログスタートから5ヶ月が経ちました。 今後もコンタミチェッカーを通して、AT・ATF市場活性化の一助になることを 願いつつ、更新していきたいと思います。 みなさんどうぞ良い新年を迎えてください。



.


みんなの更新記事