弥彦日和

弥彦山の四季と、登山道の状況等を載せていけたらと思っています☆

全体表示

[ リスト ]

おんべ松尾根道刈り

2018年7月23日〜24日、おんべ松尾根道刈りの手伝いです。


8:20
イメージ 1























実川渓谷の林道最終地点からおんべ松尾根へと向かいます。


天候:晴れ/上部は時々ガス
気温:26℃
備考:来年は私だけテント希望☆


まずは登山道を下って沢を渡りますが、
イメージ 2























ここの石、濡れていると滑ります。気をつけてね!
(私は右足ドボンしました。)


阿賀町から道刈りの依頼を受けており、
イメージ 3























そのサポートに竹爺と三人で登って行きます。
それゆけとーちゃん[ http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/ ]


10:04
イメージ 4























月心清水(がっしんしみず)に到着です。
ここが今夜の宿泊所となります。


月心清水は歩いて2分程ですが、ここまでの足元は悪いと思います。
イメージ 5























23日時点での水量は細く、生ぬるい感じです。


水場で色々と準備を整えた後、
イメージ 6























先に進んだ岳さんを追いかけますが、私、調子が悪いです。


情報量の少ないおんべ松ですから、写真を多めに上げたいのですが撮影する余裕なし。
イメージ 7























飯豊本山が見えてきました!この角度は新鮮☆


竹爺は元気です!
イメージ 8























が、私は不調。軽い脱水症状だったのかもしれません。


おんべ松尾根はザレた場所が多いです。
イメージ 9























登山道のイメージとしては緩急を繰り返す感じでしょうか?


月心清水以降は樹林帯もなく、日光の照り付けがすごい。
イメージ 10























こういったザレ場は足元が微妙ですが、特に問題はないかと思います。
残置ロープは体重かけない方がいいかも。


トウゲブキ...ではないような?
イメージ 11























ミヤマダケブキでしょうかね?


道刈りを行います。
イメージ 12























岳さんが刈払機で刈った草を我々が除けていきます。


12:41
イメージ 13























調子の悪い身体では着いていくのもままなりませんが、刈払い機用の混合ガソリンを背負っている以上着いていかねばなりませぬ!


ゼンテイカ<禅庭花>
イメージ 14























「ニッコウキスゲ」という呼び名の方が有名ですが、私はゼンテイカが好きかも。
この尾根のは大きく立派でしたよ。


13:51
イメージ 15























早川のつきあげを越えて刈っていきます。


牛首山の少し手前で本日の上部の作業は終了。
イメージ 16























ここで横になっていると不思議な風の音が聞こえてきました。風の足音のような不思議な音色。
まんが日本昔ばなしの「姥清水」で、御秘所で足を踏み外し、山びこの息子になった子供達の駆け回るかのような軽やかな不思議な音でした。


この山は櫛ヶ峰かな?
イメージ 17























登山道はありませんが、ガスが沸きあがり、高い場所に来たなという実感を与えてくれます。


途中の残雪で岳さんが融雪水を汲んでくれました。
イメージ 18























この水はほんと助かりました!
この冷たい一杯で生き返った感じです。


下りながら登りで刈った反対側を仕上げていきます。
イメージ 19























下りで刈払い機を使うのはほんと凄いと思いました。滑ったら大怪我ですもんね。
もちろん登りも大変なんですが。


センジュガンピ
イメージ 20























花は残して草を刈るのです。実に繊細な仕事です。


16:00頃作業終了し、月心清水へ。
イメージ 21























仕事は繊細かつ完璧ですが、寝床は豪快です!
俺、シティーボーイだっけ寝られるんろっか?ほぼ野宿だよ!?


なんて心配してたら寝られたんですが...23時半頃に耳に凄まじい激痛が走りました。(写真は19時頃)
イメージ 22























岳さんと竹爺を巻き込んでの大騒ぎでしたが、犯人は見つからず、一晩中針で突き刺されるかのような激痛に襲われ続けました。(大きいクモが寝床にいたんですよ。カバキコマチグモだったのかな?)

※皮膚科から出して貰っていた抗菌作用の強い塗り薬が功を奏したようで2日程で痛みと腫れは引きました。


23日早朝も激痛は続き、岳さんに「どうする?」と聞かれ「正直言えば、医者に行きたい!」と答え、
イメージ 23























私を単独では下山させられないと、竹爺がついてきてくれました。
7:00過ぎに渡渉します。


許可を得た仕事で入っていますから行きは車でしたが、帰りは徒歩です。
イメージ 24























有名な900m続く真っ暗なトンネル。
ひとりでは歩きたくないな〜。


2時間半程で実川集落の駐車場へ。
イメージ 25























手伝いどころか逆に足手まといになったようで、岳さんと竹爺に申し訳なかったなぁ...という心残りが大きい二日間でした。


おんべ松尾根道刈りでした。

この記事に

閉じる コメント(8)

お疲れ様でした。
足手まといなんて、そんな事ないですよ。身を以て、草刈り担当の岳さんを、クモから守ったんだと思えば。

クモも一番大きな耳を狙ったんでない?だとしたら福耳認定です。

2018/7/26(木) 午後 10:20 [ わら ] 返信する

顔アイコン

野宿だったんですか? なら虫に喰われても仕方ないかもねσ(^_^;) 大事にならず何よりでした。

ニッコウキスゲ ゼンテイカって言うんですか?へー初めて知った(≧∀≦) 勉強になりました、此れからも教えて下さい(スグ忘れるけどね)

2018/7/27(金) 午後 3:45 [ はるりん ] 返信する

顔アイコン

> わらさんこんにちは☆

そうか!そう思えば!いや〜もうわらさん優しいなぁ☆
その夜竹爺も蚊に刺されたようで、結局我等がスーパーガイドを二人で守ったのでしょうか!?

早川のつきあげ以降は最高の景観でしたよ!楽しんで下さいね☆

2018/7/28(土) 午後 3:42 [ たくちゃん ] 返信する

顔アイコン

> はるりんさんこんにちは☆

野宿といえば野宿...
おしゃれにタープ泊といえばタープ泊...
原に寝れば原宿ですし、代々木の次は新宿です!

タイミング悪く変な虫に喰われましたが、仕事を全うできなかったのが心残りの二日間でした(泣)

2018/7/28(土) 午後 3:46 [ たくちゃん ] 返信する

顔アイコン

拓さん痛みはいかがですか?
風の音、渡渉、毒グモ、いわくありげなトンネル、川口探検隊ばりです。恐るべしおんべ松尾根。
整備これからもお願いします。拓さんだけグランピングで! 削除

2018/7/29(日) 午後 8:58 [ かおりん ] 返信する

顔アイコン

> かおりんこんにちは☆

グランピング!いいですね〜☆
でもなんだろう...テント張った私だけクマに襲われていそうな予感がします。

ありがとうございます。痛みと違和感は治りました!
早川のつきあげ以降は別世界ですよ!楽しんで来て下さいね☆

2018/7/30(月) 午後 5:12 [ たくちゃん ] 返信する

顔アイコン

たくちゃんさん、猛暑の中ご苦労さまでした。野宿してまで
やるんですね。
「おんべ松尾根]って昔阿賀町主催山開の山開きに参加したとおもう。
軽トラに乗せてもらって湯ノ島小屋で寝て
夜明け前3時頃から歩きだして上がりつい峰が大日だったかな」
戻って来ると河原で冷たいソーメンが待っていました。

2018/8/5(日) 午前 7:10 ニリンソウ 返信する

顔アイコン

> ニリンソウさんこんにちは☆

噂に聞いたおんべ松の山開きですね!
素晴らしい尾根だし、行く先が大日岳ですから、またいつの日か復活して欲しいものです。

本人達はタープ泊のつもりでしたよ(笑)☆

2018/8/5(日) 午後 0:37 [ たくちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事