ここから本文です
シップヤード ドワーフのスケールラジコンシップ
完成!!福岡市営渡船 (非公認) きんいん1号 o(^o^)o

書庫MV−PP5 ほびー6号

すべて表示

 
夏風邪に悩まされているSYDです。
先日の仙台港での揚げ荷役の際、猛暑の中、片付けをした所まで良いのですが、余りの暑さに、冷水シャワーに、エアコンで冷え切って、翌日から、調子が悪い・・・
おまけに、航海中の機関室は45度を超える暑さ・・・
返って、温かい所に居ると、鼻水も出ず楽なんですが・・・ねぇ!

さて、建造中のホーバークラフトは、相変わらず、バンバン進めています。。。
早く造って、大分の旧ホーバー基地でデビューさせたいですからね!
ほびー6号さんのラジコンホーバーと並べて、眺めるのが今から楽しみです。
やはり、同じ機体がシリーズ化して、走り回るのは、簡単には、出来ませんし、第一見てて楽しいです。

イメージ 1
ホーバーは、前回の左右外板作業からフロント部分のフレーム製作に掛かりました。軽量化と剛性を出す為、5年は寝かせている桧を使い組み上げます。

イメージ 2
一般配置図では判らないフレームの折れる部位やアールを画像を見ながら、忠実に再現・・・

イメージ 3
フレームが終わると、壊さない内にサッサと外板を貼り付けます。。。
あえて、本物っぽくリアルさを出す為、面倒でも1枚づつパネルを貼り付けていきます。

イメージ 4
実物と同じパネル形状で貼り付けて、ボディーを再現しました。

イメージ 5
サイドフレームと仮合わせて見ますと、ボリューム感が出てきますね。

イメージ 6
3分割のフレームを結合したいのですが、面倒なサイドスラスターの工事を終わらせないと、後では面倒に成るので、先に終わらせます。。。
・・・が、実物を、見たことが無いSYDどっち側に開くの???に成り、ホーバーのウィキペディア!継承の会の会員に聞き込みします。

イメージ 7
構造的と、物理的には、こうだろう!思っていましたが、継承の会のぴんくのかばさんが動画をアップして貰いまして、やはりSYDの見立て通りだったので、サッサと作ちゃいました♪

イメージ 8
面倒な部位も終わり、3ブロックを、接合して船底の作業に入ります。

イメージ 9
長さ910mmも有ると、流石に幅の有るホーバーは狭い船室は邪魔ですし、壊すので、保管時は壁掛けに!! (⌒▽⌒)

イメージ 10
フロントフレームの内側は、建築模型の屋根裏の様な・・・
何時かは作りたい、お城の模型に 自信が付きました。

イメージ 11
船底は実物とは違い後期型のPP10型の形状を採用しました。
剛性の問題と、水上静止状態での浮力確保の為で、実物と同様な構造では、どうしてもオーバードラフトに成りそうですし、スカート内に入った水が抜けなくなると、スピードにも影響を及ぼすので、ホーバー用にSYDの経験とアレンジで製作中です。
見た目は、スカート内なので、実物と変わり無いのですがね。。。

イメージ 12
船底のサイドパネルを貼ると、バッチリな剛性!
それなりにスピードが出るので、ぶつかると衝撃は凄いので、剛性は重要です。。。
それに、宙に浮いているので勝手に好きな所に行っちゃうので・・・

イメージ 13
船底はメカ積みの関係で、最後の方で施工します。内部塗装もし易いですしね。 (*´∀`)

イメージ 14
外板が終わったので、客室シールドに機関部分の後ろ廻りを今後は製作して行きます。



書庫その他の最新記事

すべて表示

  •                  にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコン船・潜水艦へ(文字をクリック) 榮幸丸が完成に近付き、手薄に成りました事で、良からぬことを初めたSYDです。 今回は久しぶりの、ちっちゃい物 ...すべて表示すべて表示

  •                  現行製作中の榮幸丸は、作業も終盤に成りましたので、次期建造計画に入っているSYD。。。 当面、今期計画でした、きんいん1号に榮幸丸と明石型活魚船の3隻でしたが、遅れを取っている活魚船の3 ...すべて表示すべて表示

  •                  WSRC走行会 山鹿市菊池川 参加各船 第2部です。 kennybenのイージス艦ですが、今回は走行会有る有るのバッテリーを忘れて来たとのこと・・・(⌒▽⌒) 残念な事に ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事