ここから本文です
シップヤード ドワーフのスケールラジコンシップ
完成!!福岡市営渡船 (非公認) きんいん1号 o(^o^)o

書庫MV−PP5 ほびー6号

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

浮上機のダクト製作♪

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

最近、涼しく成って来たので、本船の機関室をペンキでお化粧中です。
塗装作業も終盤に成ってきたので、造船活動を再開しようと思っていますが作業シフトが上手く行きません。。。
気分が乗らないのですよね〜


さて、ホーバーの造船活動の続きですが・・・
イメージ 1
浮上機の取付です。都合良いダクテッドファンを、海外から輸入し、付けることに。
注文して、来たのが洋上生活3日目だったので家に帰って本船に戻るまでの3ヶ月遅れの作業に成りました。

イメージ 2
ダクト部分は似たような形状を探したり、色々悩みましたが、やっぱり都合よく行かないので、作ることに・・・
くじを引く時の箱に手を入れるところの様に切り込みを入れて、形成します。

イメージ 3
ファンハウジングの外周りに挟み込んで切り取る部位のケガキをします。

イメージ 4
デッキが斜めの傾斜なので、穴位置が微妙にズレますが、コレは、現物合わせじゃないと、出ないケガキなのですよね。。。

イメージ 5
Rを付けると、デッキがたわむので、Rエンドに合わせて補強して平らに成るように、円状の補強を入れました。

イメージ 6
切って、見ると、上手く行きそう!予感がプンプン♡
\(^o^)/

イメージ 7
船体にファンを固定して、ファンの内側に接着して、隙間を、瞬間接着剤で固定と隙間埋めして形成して行きます。
悩んだ末の結果ですが、上手く行ってニタニタしているSYD!!!

イメージ 8
メンテナンスは船底からやる設計で船底を防水式の脱着出来る底板にします。

イメージ 9
削って、パテ修正の繰り返して、形が見えてきました(^O^)/
もう少し、研ぎ込みが必要ですが、客室天井を作りながら、形成して行きます。

ホーバーの作業は、未だ暫くボディーワークが続きます。
次回は、このホーバーのファンが泣いて喜ぶフロントシールド部分です。。。
また近日中に、アップします♪

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

この記事に

開くトラックバック(0)

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

ブログアップが遅くなりました。最近、港への長期滞在や台風21号の影響で避難が長く、このチャンスを活かし、本船の機関室総塗りプロジェクトを決行中で、ペンキ塗りの毎日です。ペンキ塗り作業も落ち着いて来たので、前回の続きです。

イメージ 1
サイドスラスターの機構部です。
部材は、秘密基地で加工して来ましたので、位置決めして取り付けるだけです。
左右の動きを独立させるために、チョット工夫してみました。

イメージ 2
こちらは、舵機の部位で、これも、秘密基地の加工品。
メンテナンスと耐久性能を上げるために、受動部金属加工しました。
壊れても直せるようにと、毎回行っていますが、今までの船で、メンテナンス開放修理は一度もなく、以後の分解もサーボ故障交換位なので、船底から交換出来るように、してみました。。。

イメージ 3
サイドスラスターの蓋の部位も、完成!!キャブレターのバタフライ弁みたいに空きます。

イメージ 4
作業が進んで、サーフェイサーを塗付しましたが、つなぎ目がアチラコチラに・・・
暫くはボディーワーク作業が続きます。

イメージ 5
部材加工の合間にボディーワークを進めて、硬化・乾燥を待ちます。

イメージ 6
舵機の外の部分です。
この両脇に舵板と推進機が付きます。

次回は浮上機のお話です。

この記事に

開くトラックバック(0)

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

ホーバーの製作記前回の続きで外板作業と主機の吸気口のを作りました。

イメージ 1
先ずは、主機の吸気口です。このホーバーはジェットエンジン1機で浮上と推進を遣りますが、機関の空気取り入れ口が両舷に有ります。
本機のディテールを損なわず作るために、相当考えましたが、この方法が良いかと思い製作開始です。

イメージ 2
切った部材を斜めに貼り付けて行きます。
接着が硬化したら平らに成るように、ひたすら削りますと、あら不思議!
都合よく斜めにぽく成りました。\(^o^)/

イメージ 3
削った部位に外側のフレームを造って貼り付けると、

イメージ 4
吸気口の接着硬化までに主機のジェットエンジンが収まっているボンネットを製作します。

イメージ 5
先程の、吸気口を船体に合うように、削リながら微調整して行きます。
嵌めてみると、実機の雰囲気通りに成りました。

イメージ 6
フロントシールドの部位に掛かりますが、湾曲しているRが売りなので、補強フレームを大きく作り、完成して強度が出たら、切り取り軽量化と、窓枠から船内が見えた時にフレームが見えないように、解体する為、切込みを入れて起きます。

イメージ 7
浮上機のダクトカバーを作りますが、コレまたラッパ状に、しかも斜めに傾斜している所なので、型を作り抜き出すか或いは別の方法でブロックを削り出すかと思いましたが、面倒なことと重量が増すのを避けるためにある方法を思いつき製作することに!ご紹介は、後日の記事にて。。。

イメージ 8
ボディーワークが進んできたので、造形修正でパテ盛りしました。
どうしても、板と板の継ぎ目が出てしまうので、補修を掛けていきます。

イメージ 9
本船の主機を背景に記念撮影してみました。
機関室は、高温なので、パテや塗装の硬化には最高ですが、人間様には、サウナ状態での作業に成りますので、早く冬に為らないかな?っと思うSYDです。
そう!冬季は、塗装のシーズンなので、造形を急ぎます。

さて、また近日中に、進捗報告します。


この記事に

 
SYDファンの皆様、大変お待たせしました。
造船活動は、順調に相当進んで居るのですが、ブログアップが滞ってしまい、退屈をさせてしまいましたね。
ブログアップが成されていない間に、3隻の造船進捗と、2隻の造船準備をしておりました。
ダイジャスト版には成りますが、数日の内に、アップしますので、ご期待ください。

先ずは、8月の頃に進捗した、ホーバーの部位から、ご紹介です。(⌒▽⌒)
イメージ 1
前回のホーバー記事のブログアップ以降に船体外周が出来上がっていましたが、当初、分割で持ち帰り、組み立てるブロック工法を考えていましたが、必要以上にフレーム数が多くなり、ホーバーの性能を左右する重量が増す可能性がある事と、後発のPP10型と違い、前作のドリームルビー号と同じスケール値だと可也小さく(見えた!)ので、ブロック工法を変更し洋上秘密基地での完全生産に変更しました。なので、上回りを作る事に!!

イメージ 2
旧型ホーバーのファンが好む形状の美しさを表現するのにフロント部分は気を使います。
外板を接着する際に、形状変化しない用に、大きめにフレームを作り、外板が付いて、補強が入れば、取り除く作戦で作業を進めます。

イメージ 3
艫側造って行った方が、型崩れしそうに無いので、後側から造っていきます。

イメージ 4
形が見えてくると、つい、走行風景を、やりたく成ります。
チョット、気が早いかもしれませんが・・・(*´▽`*)

イメージ 5
後ろ周りを、作ることに寄って、剛性が出てきましたので、ガンガン作業を進めます。

イメージ 6
客室のシールドを製作します。
今回は、打倒!ホーバー旅客ターミナルのソリッドモデルのコンセプトも有りますので、リアルに表現して行きます。
しかし、図面と実機画像を検証すると、相違が有りますので、実機画像を重視して、作業を進めます。

イメージ 8
PP5型の3次元資料の旅客ターミナルのソリッドモデルは、開口して、窓枠は縁取り塗装でしたが、SYDは窓枠の縁ゴムをリアルに再現!!

イメージ 7
窓枠に影が映りますので、それ相当のリアリズムが有るかな???と、造船計画中に、素材を探してきましたが、ムフフ♪・・・仕上がりでした。

ホーバー記事は未だまだ続きます。近日公開です。。。\(^o^)/

この記事に

 
夏風邪に悩まされているSYDです。
先日の仙台港での揚げ荷役の際、猛暑の中、片付けをした所まで良いのですが、余りの暑さに、冷水シャワーに、エアコンで冷え切って、翌日から、調子が悪い・・・
おまけに、航海中の機関室は45度を超える暑さ・・・
返って、温かい所に居ると、鼻水も出ず楽なんですが・・・ねぇ!

さて、建造中のホーバークラフトは、相変わらず、バンバン進めています。。。
早く造って、大分の旧ホーバー基地でデビューさせたいですからね!
ほびー6号さんのラジコンホーバーと並べて、眺めるのが今から楽しみです。
やはり、同じ機体がシリーズ化して、走り回るのは、簡単には、出来ませんし、第一見てて楽しいです。

イメージ 1
ホーバーは、前回の左右外板作業からフロント部分のフレーム製作に掛かりました。軽量化と剛性を出す為、5年は寝かせている桧を使い組み上げます。

イメージ 2
一般配置図では判らないフレームの折れる部位やアールを画像を見ながら、忠実に再現・・・

イメージ 3
フレームが終わると、壊さない内にサッサと外板を貼り付けます。。。
あえて、本物っぽくリアルさを出す為、面倒でも1枚づつパネルを貼り付けていきます。

イメージ 4
実物と同じパネル形状で貼り付けて、ボディーを再現しました。

イメージ 5
サイドフレームと仮合わせて見ますと、ボリューム感が出てきますね。

イメージ 6
3分割のフレームを結合したいのですが、面倒なサイドスラスターの工事を終わらせないと、後では面倒に成るので、先に終わらせます。。。
・・・が、実物を、見たことが無いSYDどっち側に開くの???に成り、ホーバーのウィキペディア!継承の会の会員に聞き込みします。

イメージ 7
構造的と、物理的には、こうだろう!思っていましたが、継承の会のぴんくのかばさんが動画をアップして貰いまして、やはりSYDの見立て通りだったので、サッサと作ちゃいました♪

イメージ 8
面倒な部位も終わり、3ブロックを、接合して船底の作業に入ります。

イメージ 9
長さ910mmも有ると、流石に幅の有るホーバーは狭い船室は邪魔ですし、壊すので、保管時は壁掛けに!! (⌒▽⌒)

イメージ 10
フロントフレームの内側は、建築模型の屋根裏の様な・・・
何時かは作りたい、お城の模型に 自信が付きました。

イメージ 11
船底は実物とは違い後期型のPP10型の形状を採用しました。
剛性の問題と、水上静止状態での浮力確保の為で、実物と同様な構造では、どうしてもオーバードラフトに成りそうですし、スカート内に入った水が抜けなくなると、スピードにも影響を及ぼすので、ホーバー用にSYDの経験とアレンジで製作中です。
見た目は、スカート内なので、実物と変わり無いのですがね。。。

イメージ 12
船底のサイドパネルを貼ると、バッチリな剛性!
それなりにスピードが出るので、ぶつかると衝撃は凄いので、剛性は重要です。。。
それに、宙に浮いているので勝手に好きな所に行っちゃうので・・・

イメージ 13
船底はメカ積みの関係で、最後の方で施工します。内部塗装もし易いですしね。 (*´∀`)

イメージ 14
外板が終わったので、客室シールドに機関部分の後ろ廻りを今後は製作して行きます。



この記事に

開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事