ここから本文です
シップヤード ドワーフのスケールラジコンシップ
完成!!福岡市営渡船 (非公認) きんいん1号 o(^o^)o

書庫MV−PP5 ほびー6号

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

最近、長距離航海が続く本線ですが、SYDに取っては、有り難い事です。
退屈な、航海中も忙しくさせてもらってます。 ♪( ´θ`)
さて、ホーバーの造船活動のですが、SYDの模型船製作終盤の風物詩で有ります、手摺製作に入りました。


イメージ 1
前回のブログアップの続きですが、リフトファンのギャーボックスを造りました。
パテを盛るのに数回掛かって、意外と時間の掛かる作業です。

イメージ 2
もうちょっと、ゴチャ度が欲しいかな?と、思っていますので、また後日、追加で出っ張りを付けましょう!

イメージ 3
気分転換に、残りの艤装品を製作❤
電子ホーンを製作して見ました。
ラッパ状の形状を、加工するのが面倒でしたが、最近は、きんいん1号からの新しい技法で、楽に早く作れる様に成りました。
ササっと加工して、くっ付けて、2時間で終了!

イメージ 4
ゴチャ度アップのアイテムですね!!
ホーンのラッパ状の部位が面倒でしたが、今では簡単に作れちゃいますから、悩みの種が減りました。。。

イメージ 5
いよいよ、艤装に掛かろうと思い、先ずは、排気管から取り付け!
壁から、外に出る部分が、ダブリングしてあったので、それを、再現。

イメージ 6
資料画像を見て、設置してみると、排気管を支えるスタビライザー?のパイプで排気管を支持していたので、忠実に再現♪

イメージ 7
推進機へのモータークーリングの為、浮上機の風圧を利用して、船体から、推進機フレームをダクト代わりにして、下から追加送風する事にして、モーター本体を冷やします。
右の三つの穴から、浮上用のエアーが供給されます。

イメージ 8
そして、手摺の製作。。。
・・・っと言っても、両舷で2時間程度で、作業終了!
溶接だと、瞬間接着剤より早いので、作業は、スムーズに進みます。

イメージ 9
勢いで、推進機のプロペラガードも作りました。
・・・がっ!、変にRが付いていたり、図面上に、実機と違う、設置位置なので、実機の画像を見比べながら、作って見ました。
ホーバーっぽくなって来ましたね。 (⌒▽⌒)

イメージ 10
旧型のホーバーは、プロペラが、剥き出しなので、ラジコンとしては、ちょっと恐いのですが。。。実物だと、デカイし近付かないですが、模型だと触ろうとするので、ギャラリーには注意ですね。

イメージ 11
手摺周りが終わったので、造船活動と運搬に邪魔にならない艤装品を付けて行きます。
それが、終わったら、残す所は、スカートの製作。
また、面倒な作業が残っています。


この記事に

開くトラックバック(0)

箱入り娘・・・)^o^(

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

昨日と、今日で海上は大荒れなので、影に隠れていた本船。。。
SYDは♪───O(≧∇≦)O────♪
寝ても覚めても造船中♪
日常の点検業務に行った際、序でに広いエリアで本船での本来の梱包資材を、リサイクルしてホーバーの持ち帰り用の箱を造りました♪

イメージ 4
1m四方の段ボールが成品を梱包する際に、大量に使用されます。
はっきり言って、勿体無いですが、本船の機関部での作業の際は、デッキ養生に使えますし、SYDにとっては、造船活動の養生や、船体の梱包材に、成りますので、重宝しますが、荷役現場は実に、勿体無い使い方します。

イメージ 1
その、デカイ段ボールで船体にピッタリの箱を製作❤
・・・箱が、出来ると、やはり大きいので、新幹線等の公共の交通機関で持って帰るのを諦め、海上で生産して、持ち帰ろう!に、決定的!!!
そこで、一気に艤装品を取り付けて、塗装する段取りに変更して、造船活動をする様にします。

イメージ 2
構想から、ここまで、3か月程。。。
でも、作るのに実際手を動かしたのは、5時間程ですが。

イメージ 3
構想に時間が掛かったのは、実艇と違う、リフトファンの構造を、如何にそれっぽく表現するか!なんですが、なにせ、このファン尋常じゃなく回転するし、パワフルで。。。
回転部分に干渉しなく、ディテールを保ちつつ、風圧や振動に耐え得る構造で、・・・と考えたら、中々、手が出せない部位でしたが、精度と強度は保てる様に作っていみました。
折角なので、実物のゴチャ度を、更に表現して見よう!とは思います。


この記事に

開くトラックバック(0)

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

前回の投稿時も、本船は避難でしたが、今度も同じ場所で避難。。。
しかも、北海道まで行って、下りの途中です。
春の嵐でSYDは、嬉しい忙しさですが・・・

さて、その愛知県伊良湖から北海道まで行って帰って来た、最中の造船活動です。
今回は、ホーバーの舵回りを完成させよう!と、頑張ってみました。
・・・面倒な部位なので。 (^∇^)

イメージ 1
受動部を半年前からどういう風にするか、思案してましたが、結局は、全部オリジナル。
何か、市販品でも有ればと、探しては見ましたが、やっぱり、全てを、オリジナルが手っ取り早く出来そうなので。。。

イメージ 2
実艇と同じ、ディテールで作る事に!!
若干のメンテナンス性も考えて、脱着を意識してみました。

イメージ 3
ヒンジが、メインなので、其れをベースに、作って行きます。
ラジコンライズなので、剛性も必要ですが、軽量化は必須のホーバー、材料選択に気を遣います。

イメージ 4
製作基本は北海道までの往路で、検討して設計と船体のボディーワーク、復路で、一気に加工と貼り付けて、到着間際で、2機、粗完成♪
揺れる中では、大変でしたが。。。

イメージ 5
取り合えず、付けてみると、完成に近付いた感、出て来ました。
ここまで来ると、付けてしまうか、秘密基地まで持って帰ってから付けるか悩みます。
あまりに出っ張ると、持ち帰るのが大変な事になるので・・・
明日、段ボールで、持ち帰り用の、箱を拵えては見ようと、思いますが。

イメージ 6
中々、ス・テ・キ❤
寝るまでの酒の肴に、しようっと!!( ・∇・)


この記事に

開くトラックバック(0)

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

春の嵐で、数日間、沖に避難。
天気も悪いので、本船の作業も出来ないので、お休みです。
接岸しているのなら、上陸も出来ますが、沖だとテレビを観る位で、そのテレビも船が動くと、映ったり映らなかったり。。。趣味が無い船員さんは、退屈な様で・・・
がっ!しかーしSYD、こういう時は、超!忙しい!!(^∇^)
連日、造船活動❤
面倒な、電気周りの配線を、ちゃっちゃと、こなして行きます。
電気が周りが、終わると、小物の艤装品作りです。

イメージ 1
推進器や浮上機のシャフトフレームや出入り口ドア等、作って行きます。

イメージ 2
勢いに乗ったところで、ビットまで一気に作ります。
面倒なのは、パーツの長さを合わせること・・・ƪ(?⌣?)ʃ

イメージ 3
長い航海?を、終えて目的地に着くと、日曜日で荷役無し。。。
前回の大阪も日曜日で、お休みでしたが日本橋まで行くのが面倒で、造船活動して在ましが、今回の東京湾も、秋葉原にでも行けましたが、特に必要な物は無いので、造船活動です。

イメージ 4
天気が良いので、ボディーワーク♪

イメージ 5
そろそろ、すき間や、窪みも無くなって来たので、小物を艤装しようかとは、思いますが、突起物が多く成ると破損の恐れがあり、持って帰れなく成るので、悩んでいます。。。

イメージ 6
本船が何処か、九州の都合が良い所に、荷物が当たって、下船出来れば、仕上げてしまうのですが、そうすると秘密基地での作業も少なくて済むのですが、ねぇー!!

イメージ 7
作業の進み具合では、本船内で仕上げて終い、日本沿岸を旅して廻る!に成りそうな。。。

この記事に

開くトラックバック(0)

推進器を製造中!

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

休暇も終わり、本船復帰。。。
休暇中の本船は、北海道で毎日、雪かきしたらしく大変だったそうな。
・・・SYDまだ、深い雪の、雪かき経験が無いので、九州人の私は、やってみたいのですが、今年も、大雪から逃げ回ってました(笑

さて、ホーバーの方は、機関部関連の周辺を製作する事に!
今回は、仕上げに近付く様に、頑張りたいなぁ!と、思っては居ますが。。。
イメージ 1
現在の所、こんな感じ💙

イメージ 2
そこで、こんな物から、製作開始!

イメージ 3
拡大して見ると!!
1個辺り11からのパーツで構成されていますが、接着が面倒です。

イメージ 4
接着が硬化すると、本体に接着します。
推進器のギャボックス設置する為の、プレートの部位ですね(๑╹ω╹๑ )

イメージ 5
本物の画像と比べると、こんな感じ♪

イメージ 6
機体に設置して、按配を見てみます。。。
次はラダーとシャフトチューブの製作ですね!

この記事に

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事