ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


こんな記事が話題になっているのを少し前にSNSで見かけました。

チェーン給油&メンテってホントに必要?メーカーは教えない秘密の知識

 
 
シールチェーンにルブを吹く目的は錆防止であり、潤滑やシールの保護ではない。
ローラーとスプロケットの間にすべりは発生していないため潤滑する必要がない。またローラーはいとも簡単にDRY状態になるから潤滑は不可能。ローラーの素材は無給油を前提に選定されている。
チェーンルブには紫外線をカットする効果は無い。Oリングは乾燥しても機能的には全く問題ない。
フラッグシップモデルのゴールドチェーンは2度ゴールドメッキが施されているので頑丈。ピンもコーティングされている。そのため錆びることがなく、ルブを吹く必要がない。ルブが不要なので、ゴミや異物を拾ってくる事もないから何もする必要がない。(メンテナンスフリー)
⑤Moto-GP
マシンも、チェーンメンテナンスとして、ルブを吹く事はない。セッション毎にチェーンの遊びを数字で管理しているので、遊びが増えると、チェーンを即交換する。(約20003000kmくらいで交換)

などと主張されています。こちらにも本人によるまとめがあります。

信じがたいですがブロガーの経歴を見ると技術的に間違ったことを書く人とは思えないんですよね。(本田技術研究所での二輪の開発業務・レース経験・整備士免許など)
またHRC時代にRKとの共同研究も経験されているようです。
間違っていたとしたら安全上問題があるのと、個人的に気になったのでDIDとRKにブログのURLと質問を送ってみました。企業からの回答をそのままネットに公開するのはマナー違反なので詳細は伏せますが、両社ともに給油が必要との回答です。

上記の①〜⑤についての詳細が知りたい方は実際に問い合わせてみてください。




以下私の意見・感想
・交換サイクル
上のブログを読むとレースは約20003000kmくらいでチェーンを交換すると読み取れますが、長すぎでは...

・メッキ
"フラッグシップモデルのゴールドチェーン"について調べてみました。
イメージ 1

(引用先 RKのカタログ4ページ目 http://mc.rk-japan.co.jp/wp-content/uploads/pdf/mc/PRODUCT_CATALOGUE_Vol.2.pdf)

ゴールド(GV)とブラック(BL)はメッキが2度かかっているのではなく、メッキの上に電着コートが施してあるそうです。ピン・ローラーは両方とも1層コートとなってます。
DIDについてはRK2層コートのような表面処理が使われているかどうかは分かりませんでした。

・ローラーへの給油
食品用の無給油チェーンを例に出してオイルレスな材料について説明し、その後ローラーの素材が無給油を前提に選定されていると結論しています。しかしDIDRKのサイトを見てもローラーは無給油と書いてありません。
 
DID http://didmc.com/maintenace/
 内プレートローラー間との記載
イメージ 4

 RK http://mc.rk-japan.co.jp/tech-info/maintenance/
 "チェーンの内側から、外プレートと内プレートの間及び内プレートとローラーの間に給油してください。"と記載

2社ともローラー表面(スプロケットと接する部分)に注油しろとは書いてませんが結果的に表面も注油されますね。江沼チェーンに関してはローラー表面に注油しているように見える図もありました。(下のfig.5)
イメージ 2イメージ 3











実用新案ルブリケーター http://www.enuma.co.jp/product/motor/entry-149.html
Fig.5 http://www.enuma.co.jp/archives/001/201703/attention.pdf


・実際無給油でどうなるか
7年経過して錆もチェーンの伸びもないとのことなので、実際は大丈夫なのかもしれません。カブのエンジンオイルも天ぷら油で代用できるそうですよ。
ちなみにDIDのサイトに約5年以上経過したチェーンは交換しろと書いてあります。

検索するとブログを読んで信じた方が何人か見つかりますが、事故がないことを祈ります。

この記事に

思い当たる節があったのでオシロで測定してみました。

イメージ 1

正常ですよね?


余談
2st専用のO₂センサーのアダプターを見つけました。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hirochi2/1861-0524.html?sc_i=shp_pc_watchlist_item_mdWatchlistItem_1
直接排気に触れないのがいいのかな?

この記事に

電子制御エンジンの基礎・応用のコピー版買いました。
イメージ 1
具体的な制御方法や回路、ECUの製作まで載っていて、おそらくこの手の本だと唯一の実践的な解説書だと思います。絶版で中古も高いですが、今でもコピー版が購入できます。


ところで、今まではarduinoを使っていたのでちゃんとマイコンの勉強をしようと思うのですが何がいいのか分からなくて迷っています。
書籍の多さとかはPICが一番ですが、AVRの方が使いやすいとも聞きますし(逆にいい解説書が少ないんですよね)、上の本だとH8を使ってますね。
後はCとアセンブリのどちらで書くかでしょうか。
arduinoでPWM出力の周波数を変更するため、ネットでレジスタの変更などを調べたのですが、全く理解できなかった私です(笑) 


この記事に

ここに詳しく書きましたが
ヤマハのが使えそうです。
http://moto-dicuration.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7346403

イメージ 1


ここは特殊サイズと聞きましたが、koyoのカタログには載ってました。今も作ってるんでしょうか?
これも在庫のみで廃盤になるようなら流用するのは申し訳ない気持ちもあります。


今日はヤマハコミュニケーションプラザでSDRの30周年ミーティングがあったそうですね。68台集まったそうです。(聞いた話だとYPCで単一車種の記録を持ってるとか...)
SDRって大衆車か何かでしたっけ(笑) 当時の開発者のトークショーなんかもあったようで羨ましい。
実はとある雑誌社から単ガンの雑種取材ミーティングを開かないかと話があります。昔は某オーナーサイトで結構な台数が集まったそうですが、最近はミーティングはやってないですね....
私は幹事はできないので誰か顔の広い人が主催してくれないだろうか(他力本願)
単ガンも70台くらい集まらないかなぁ(笑)

この記事に

部品流用情報の備忘録

前に紹介した知り合いのBBSに纏めておきました。

コック関係
http://moto-dicuration.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7346337

ミッションベアリング

http://moto-dicuration.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7346403

簡単に言えば、コックのパッキンや廃盤になったベアリングの代用案です。

エンジン内部のベアリングなんかはバイクメーカーとベアリングメーカーの間で細かく仕様が決められているようで、同じものでも微妙に違う可能性があります...

BBSは何でも歓迎なスタンスなので、貴重な情報をお持ちの方は頭の中だけに留めず、ぜひ書き込んでいってください....

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事