全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今日も昨日に引き続き、妻の海水魚の紹介です!



実は、金魚爆買いの前にも海水魚の爆買いがありました。



少し前までの少し殺風景な海水魚水槽。
イメージ 1
バックの食器棚がお見苦しいですが、水足しを簡単に済ませたい妻は、この120×60×60の水槽をダイニングキッチンのど真ん中にドーンと置いてます。

もちろん、水足し3分と便利な配置で!

なんと、水足しオンリーで水替えとウールは1年半行ってません。(やっと今回ウールをとり変えてましたが)

本人いわく、塩分濃度はしっかり見てると・・・

丁寧な海水魚飼育をしている方からすれば、非難ゴーゴー飼育ですが、これまた魚も死なず苔も張らずに上手く回ってます(笑)
イメージ 2
最近、飼育魚も少なく電気代もかかるので、海水魚飼育どうしようかなぁ〜なんて悩んでいた妻。


辞めるのかな?なんて思いきや・・・
イメージ 3
大人買いって言うか、爆買いしてきてるし!!

トレジャードラゴンさんのブログを見て、
「安い!!」
と言って、速効で買い占めに行った妻。
「ホントだったら何十万もするんだよ!!」
と、いつもの私のように言い訳全開で(笑)

最近では、私より購入力がスゴイ(-_-;)

飽き性の妻が、この海水魚水槽を辞めたら、アロワナいれよっかなぁ〜なんて思ってたんですが、新魚が増えて当分辞めそうにないですね。

新しく増えた仲間たち。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
大変華やかになりました。
イメージ 8
しかし、問題が発生!!
前回の飼育者さんが、水槽内の飼育魚を丸ごと買い取りに出したのを全部買ってきたんですが、同種同士が急に縄張り争いを始めちゃいました。
以前の飼育者さんのところでは大丈夫だったらしいんですが、うちに来た途端大ゲンカ!
海水魚は、どちらかが死ぬまでやるらしいので、かごに1匹隔離しました。

隔離した魚。
イメージ 9
私は、海水魚のことは詳しく分かりませんが、ブルーエンゼルもしくはクィーンエンゼルだと思います。
イメージ 10
同種をつつきまわって、只今口がキズになっていますが、別にしたのでそのうち治ると思います。
イメージ 11
このままかごの中ではかわいそうなので、海水魚飼育をしている方にもらって頂きたいです。
購入すると、数万円はするそうです。
送料のみ着払いで払って頂ければお譲りしたいと思いますので、ご希望の方はゲストブックに鍵をかけて御連絡下さい。

よろしくお願いします。


開く コメント(14)

皆さん、こんばんは!


今日は、私の飼育魚ではありませんが、妻の飼育魚を紹介したいと思います。


只今猛威を奮っている感染症。

強力おっくんウイルス!!

関東を拠点に東海地方まで感染度MAX!!
インフルエンザよりも感染力が高く、特効薬が見つかってないところが恐ろしい・・・



それは、金玉中毒(爆)!!
イメージ 1
おっくんさんから頂いた福だるまを中心に、じわりじわりと増えつつあります。

福だるま、玉サバ、飯田琉金、飯田高頭丹頂・・・

赤白を中心とした金魚水槽。

もっと色味を増やしたいと暴走し始めました。

先日、浜松の清水金魚さんで春の金魚フェスティバルが開催され、いつもお世話になっているトレジャードラゴンさんが仕入れ、夕方6時から即売会とブログで見た妻は、仕事が終わったあと家族にコンビニ弁当を置き、急いで選別に行きました(笑)
イメージ 2
黒出目金、めずらしい茶蝶尾、鰭ナガ鯉。

なんでも、安かったからとあと先考えずに大人買い(-_-;)

鰭ナガ鯉は、大きくしてアロワナ水槽に入れたいらしいです。


いつも、ワン、ツー、スリーと3秒でドボンの妻ですが、今回は真面目に水合わせ(笑)
イメージ 3
黒デメと茶蝶尾。
イメージ 4
確かに、カラ―が増えて、
イメージ 5
華やかになりました。
イメージ 6
始めておっくんさんが、我が家に来てくれたときにおみやで頂いた福だるまちゃん!
だいぶ、大きくなりました。
イメージ 7
濃い赤と白の飯田琉金更紗。
イメージ 8
今回、新入りの茶蝶尾。

そして、隣には昨年の9月に産まれたちびっ子たち。
イメージ 9
ちびっ子の60センチ水槽台なんて、妻が将軍におねだりして頂いてきた代物です(笑)

こちらは、色揚げと成長促進のためだとか言い、青水飼育なんだとか。
イメージ 10
単なるお手入れ不足だったりして・・・。
イメージ 11
本人は、福だるまミックスなんて言ってますが、琉金フナ尾かもしれません(笑)
イメージ 12
もう少し暖かくなったら、外に出して青プラ舟青水飼育をするそうです。
日光に当て、UVで色揚げ挑戦らしいです。
イメージ 13
餌も沈下性の育成と浮上性の色揚げを6:4に入れ、ミックスしてあげてます。

もう、かなりの重症ですね!!



最後に・・・
イメージ 14
おっくんさんに頂いた、アルビノ福だるまちゃん。
うちの妻のアイドルです♪



次回は、海水魚飼育の方必見!


開く コメント(8)

真実のマリア2号。





マリア2号



入荷当時、H13年秋頃。
イメージ 12

イメージ 13
尾鰭が大きく、今まで購入したことのない鱗の質感!
何度も何度もお店に通って、半年後、ついに持ち帰りしました(笑)


そして、訳あって私の手元を一時離れるH15年2月。
イメージ 14
藍底が素晴らしくなってました。



その後・・・



私が手放してからの半年間に、2回もヤフオクに出品され、

そして、なぜかその半年間の間に1歳若返るというマジック(笑)



サイティスの輸入年月日が1年ぐらい新しいものに入れ替わっていました。



2歳の魚が1歳に(笑)








思い起こせば、私が飼育を始めた16年ぐらい前・・・
イメージ 9
あ、これ16年前の私です(笑)

そして、16年前に始めて飼育した紅龍。
イメージ 8
この頃の魚のサイティスにはチップナンバーが記載されていたような記憶がありました。

まぁ、記憶なんで確かではありませんが・・・。
最近は記載されてません。

ある意味、どの魚のものを使おうが分からないし、何歳でも若返りができちゃいます。

お得なのかどうなのか・・・微妙な気持ちです(笑)


マリア2号の場合は自分が把握してるので問題ないですが。





未練たっぷりのあげく、手元に戻した昨年9月。
イメージ 10
おそらく混泳されていた感じと、たび重なる移動で以前より発色が薄くなっていました。

この個体は、以前、硬度の高い井戸水でも発色してくれたので、我が家の井戸水飼育で唯一発色を楽しめる個体でもあります。


そして、現在。
イメージ 11

イメージ 1
少しずつですが、濃くなってきてくれてます♪
イメージ 2
このマリア2号の水槽は、部屋を行き来する通路を8割塞いで1200×900×500の水槽を置いているので、水槽の圧迫感をなくすためと宙に浮くアロワナを目指して、底面のみブラックのクリア水槽で飼育してます。

将来は、通路を100%塞いで水槽をパワーアップするつも
りですけど、家族に通れなくて不便だ〜と反対されること間違いなしなので、これはまだ秘密(笑)


手前:マリア2号、奥:マグナム
イメージ 3
ただ、もしも将来、水槽をパワーアップしたら、この側面から見ることが出来ないのが悩みどころです。




真昼間画像。
イメージ 4
夜間画像。
イメージ 5

イメージ 6
いつまで、藍底が楽しめるのか・・・。
イメージ 7
現在1歳半(笑)、ホントは2歳半のマリア2号でした。


















開く コメント(16)

注:今回は長いです。


最近、マニアさんのお宅訪問に行ってから、いろいろな事をやってみたいTAKUです(笑)


やりたいことと体力は反比例していきますが・・・


リビングに1800を2本並べて置いてあるナリケンさんや、
迫力の混泳していたさとぱんさん。
水深の深い優雅な水槽のザントップさん・・・などなど。

まだまだやりたいことがいっぱいです!

まずは、昨年に混泳を実行して、大型水槽2本を並べて置いてみました。

しかし、1800を2本置ける広さがないので、1800と1200の水槽になっちゃいましたが。
イメージ 1
1800+1200=3メートル!
良い感じなんですが・・・

1800は何年か使用した中古水槽。
1200は昨年新品で購入したクリア水槽(底面のみブラック)。

並べて置くと1200が綺麗なので、1800のプレコのキズが気になる。

換えた〜い!!

どうせ換えるなら、深い水槽にしたい!
実は、ずっと前から深い水槽には憧れていたけど、値段が高いからと妻が猛烈却下!却下!却下!

でも、ザントップさんのお宅訪問で、妻から
「深い水槽っていいね〜」
と、前向きに(笑)

たまたま、ざうおに餌を買いに行った時に、
私:「今すぐじゃないけど、もし水深の深い水槽でお得なのが出たら教えて!」
と、言ってみたら
小塚店長:「パイプが折れてる水槽なら今ありますよ〜」
と。

小塚店長と将軍の計らいで、リーズナブルに早速手に入れることができました(^^)

なんて、運が良いんだろう♪聞いてみるものですね!

1800×900×750!
ざうおの2階から下すのが大変でしたが、皆さん手伝ってくれて男子4人で下すことができました。
ありがとうございました(^^)
イメージ 2
家に持ってきたらデカイ!
とにかくデカイ!
部屋いっぱいです(汗)

パイプの修理をし、水槽を磨き、壁側になる面にスモークを張りました。
イメージ 3
水槽の中を磨いたので、一旦水張りをしてあく抜きもしてます。
イメージ 4

最近、スモークを車に張る方が少ないのか、ホームセンターで軽自動車用しかなかったので継ぎ目ができてしまいましたが、一応完成。

もう、大変だから窓際に1800を2本置いちゃおうかと思ったけど・・・
イメージ 5
さすがに圧迫感。
当然、ダメ出し(泣)

さあ、どうやってやろうか、どう置こうかと考えているうちに・・・
イメージ 6
み〜こはスヤスヤ。
のんきなもんです(笑)

やっぱり、元位置が一番という事で大移動の開始です!
イメージ 7
厚手の魚を入れる袋4枚。
風呂にかぶせる袋。
濾材を乾かさないように入れる袋。
そして、インドネシアのアロワナ用の麻酔。

まずは、風呂にビニール袋を張り、
イメージ 8
今、マグナムくんの飼育水を風呂に移動。
イメージ 9
飼育水を冷やさないように、ヒーターも入れ、
イメージ 10
これだけでは、ぜんぜん入りきらないので、廊下にある空いた水槽と桶に水をよけておきました。
イメージ 11
水位がだいぶ低くなったところでダイヤをすくって桶に移したんですが、水から出すとデカイですね〜!
イメージ 12
今回は、濾過層もサイズのパワーアップをするので、濾材を洗いながら乾かないように大きなビニール袋に入れておきました。

水深もスレスレになったところで、体高チェック!
18センチぐらいかなぁ〜。
イメージ 13
上から見た厚み13センチぐらい。
イメージ 15
大きくなってくれました!

今回、マグナムくんは始めての移動。
きっと暴れることを前提に考え、薄っすら麻酔を使用します。

この方法は、以前、ナリケンさんに教えて頂いたんですが、大きな個体は暴れて最悪な場合、ひっくり返ったり死んじゃうかもしれないから、薄っすら麻酔をかけて酔わせておいて移動するといいと思うよと聞いていたので、この状態でインドネシアのアロワナの麻酔を少しずつ垂らしました。

おそらく効いてきたんじゃないかなというくらいで、袋にイン!
高圧酸素を注入し、水槽大入れ換え!
イメージ 14
なんて、重いんだ!
しかも、70センチの袋が小さい。
ヤバイ!!急いで入れ換えなきゃ!
二人でドタバタです!

二人で水槽を持っていたので、移動中の画像がありませんが・・・

無事、新水槽を移動出来たので、風呂から水槽へ水を戻している際に全長を測ってみたのですが、66〜67センチ近くありました。
水槽から出すと、5センチぐらいは大きいとは聞いてましたが、ビックリしました!
イメージ 16
無事、新水槽に泳いでくれてほっと一息♪
イメージ 17
半分だけ水を張って、1日様子見。
イメージ 18
次の日、無事を確認したところで満水にしました。
イメージ 19
深い水槽って良いものですね!
イメージ 20
今まであまり泳がなかったマグナムくんに変化あり。
上へ下へと泳ぐことが多くなり、優雅な感じがします(^^)

隣の水槽と高さが付いちゃったから、将来、隣も同じ高さにしたいなぁ〜と思ってます(笑)

成功してホント良かった(^^♪





開く コメント(22)

久しぶりの!




先週の土曜日・・・用事があって、久しぶりにナリケンさんのお宅におじゃましてきました!


ナリケンさんのお宅と言ったら、ア・ロ・ワ・ナ!!


ここのところ忙しくて、少し肌荒れさせちゃったとおっしゃってましたが・・・

肌荒れなんて気にならないぐらい立派なアロワナを見せて頂きました。
イメージ 1
左、VIPさん。           右、バレットくん。

たままの色が私のカメラでは表せれませんが、とてもキレイな蛍光発色!
とにかく紅いです!!

まずは、VIPさんから・・・
イメージ 2
長年飼い込まれて、発色の厚みが別格です。
高めのPHで飼育されていて、こんなに紅いアロワナはなかなかいないんではないでしょうか!
イメージ 3
懐いていて、ナリケンさん一のお気に入りだそうです(^^)
イメージ 4
何度拝見しても、ため息ものですね。


続きまして、バレットくん。
イメージ 5
この個体は、イスタナプレミアムの初期ロッドで、我が家のマグナムくんと同ロッドですが!
発色具合が全然違う・・・(笑)
イメージ 6
60センチを超えていると思われますが、体高も後方に向かって太く、とても大きなカッコイイ個体です。
イメージ 7
この後方三鰭のバランスと胸鰭の大きさ、とくに後方三鰭下の部分が大きい個体が自分は大好きです!

キレた水に、音のない水槽を悠々と泳ぐ立派な個体に癒されながら、良い時間を過ごしてきました。


ナリケンさん、色々とありがとうございました♪



開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事