タクロウ旅日記

狩場宅郎のタクロウ旅日記。鉄道・温泉・路線バスなど。

全体表示

[ リスト ]



イメージ 1

出雲市を出た列車は八岐大蛇(やまたのおろち)伝説が残る斐伊川を渡ります。

イメージ 2

イメージ 3


出雲市から米子までは各駅に停車しながら進みます。

イメージ 4

宍道駅、木次線の乗換駅です。

イメージ 5

乗り換え案内板には「広島」の表示、しかし今、木次線で乗り換えて広島に行く一般客はいないでしょう。
かつては急行「ちどり」が松江〜広島間を結んでいました。しかし木次線の急勾配とスイッチバックのため所要時間がかかり、今では伯備線特急と新幹線の乗り継ぎにシフトしています。

イメージ 6

宍道を出ると、宍道湖が見えてきます。

イメージ 7

日本海とは違って波静かな宍道湖、対岸には松江の街並みが見えています。

イメージ 8

松江着、列車はすぐ出発します。

イメージ 9

宍道湖と中海をつなぐ大橋川に沿って列車は走ります。

イメージ 10

中海に出ました。海と言っても地勢上では湖になります。
斐伊川〜宍道湖〜大橋川〜中海〜堺水道とつながって日本海にそそぎます。堺水道までが斐伊川水系,と位置付けられているそうです。

イメージ 11

どじょうすくいで知られる安来駅

イメージ 12

そして中海も終わり

イメージ 13

米子駅、終点です。16時18分着。増田から3時間38分乗りとおしてきた列車。


リンク

古湯・熊の川温泉の話→私が作ったサイトです

にほんぶろぐ村 九州旅行←こちらも見てください

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事