ここから本文です
一日一麺
2018年も津軽の煮干を♪ラーメン以外の食はアメブロ「素晴らしい食」に。

書庫全体表示

記事検索
検索

全310ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

10月から夜営業を止め、朝営業を開始した、青森市中央のマルキン金澤食堂。

イメージ 1
9月の昼に伺いました。専用の駐車場もできました。

券売機
イメージ 2
前回はカツおろしぶっかけでしたが、今回は、背脂煮干しマルキン金澤ブラックにしました。

イメージ 3
L字のカウンター席でいただきます。

イメージ 4
和の丼に、みじん切りの玉ねぎがたっぷり乗っています。

イメージ 5
味玉、岩海苔、メンマ、ナルト、肩ロースチャーシューがトッピングされています

イメージ 6
スープは熱々で、上品な煮干しに、背脂の甘味、甘味を抑えた醤油ダレのバランスが良いです。

イメージ 7
麺は自家製の全粒粉入り中麺。スープによく合います。

イメージ 8

イメージ 9
未食のメニューも多く、すべて食べてみたいです。

マルキン金澤食堂
青森市中央1-2-2
朝ラー 6:30〜10:00
ランチ 11:00〜14:30
月曜定休
(参考)

この記事に

開くトラックバック(0)

久しぶりに五所川原市大町のトカトントンスクエア内にある麺屋 遊仁に伺いました。

イメージ 1
トカトントンスクエアには無料の駐車場があります。

イメージ 2
もともと蕎麦屋だったテナントに居ぬきで入ったので和の雰囲気のお店です。

メニュー
イメージ 3
鶏、蛤の醤油と塩

イメージ 4
あっさりとした煮干しの3種類

イメージ 5
限定メニューもありました。

イメージ 6
煮干しらうめん

イメージ 7
今回は限定にしました。煮干しのいい香り。レトロな丼に盛り付けられています。

イメージ 8
たっぷりのネギ、厚切りのレアチャーシュー、歯ごたえのあるメンマがトッピング。

イメージ 9
しっかりとした煮干のスープは、えぐみを抑えながら、煮干のインパクトをしっかりと感じます。醤油ダレは甘さを抑え醤油の香りを感じます。背脂も加わりまろやかです。

イメージ 10
チャーシューの完成度も高いです。

イメージ 11
麺はかんすい入りの多加水極太麺。ぷりぷりとして噛み応えもあります。煮干スープに合わせるのは珍しく面白いです。

麺屋 遊仁
五所川原市大町501街区2
11:00〜15:00
日曜・祝日定休
(参考)

この記事に

開くトラックバック(0)

サンロード青森そばにある、麺房 十兵衛 青森店。

イメージ 1
9月に、期間限定で3種類の担々麺を提供していました。

期間限定
イメージ 2
担々麺が3種類、順番に発売になりました。

イメージ 3
最初にいただいたのが濃厚担々麺です。

イメージ 4
無料のもやしナムルを小皿に取り、担々麺の完成を待ちます。

濃厚担々麺
イメージ 5
黒い丼に盛り付けられています。

イメージ 6
白髪ねぎ、キクラゲ、針唐辛子、ほうれん草、甘辛の挽肉がトッピング。花椒の風味も感じます。

イメージ 7
濃厚な動物系白湯とゴマの風味、辣の風味に花椒の麻の風味がよく合います。激辛まではいきませんが、辛い物好きの僕でも満足できるスパイシーな大人の担々麺です。

イメージ 8
麺は自家製の細麺、スープによく合います。もやしナムルもこのスープにぴったりです。

イメージ 9
途中でテーブルの酢で味変。〆は無料のライスで、最後まで美味しくいただきました。

続いていただいたのは、汁なしネギ担々麺。
イメージ 10
九条ネギをたっぷり使った和を感じる担々麺です。

イメージ 11
挽肉の下にはたっぷりの九条ネギ。こちらも花椒のシビレを感じます。タレの辛味も程よく、甘味や酸味は感じません。

イメージ 12
まずはこのままいただきます。

イメージ 13
麺は濃厚担々麺と同じ自家製の細麺です。濃厚すぎず、食べやすいです。

イメージ 14
こちらも、個人的に酢を入れるとより好みの味わいになりました。辛味入りの魚粉も合います。
濃厚担々麺REDも食べたいです。

イメージ 15
10月から水曜定休になりましたので、ご注意ください。

イメージ 16
麺房 十兵衛 青森店

この記事に

開くトラックバック(0)

三沢市中央にある老舗そば食堂です。

イメージ 1
お店の周りが駐車場になっています。

イメージ 2
テーブル席もありますが、小上がりが広く吹き抜けもあるお店です。

メニュー
イメージ 3
メニュートップはそばです。

イメージ 4
丼物、定食、中華そば、うどん

イメージ 5
自家製の蕎麦の他、中華そばや定食もあり、中でも唐揚げが人気で、麺類に+400円で大きな唐揚げ2つ、副菜、ご飯が付く定食にできるのも魅力です。

中華そば
イメージ 6
お店の人気メニューです。ももチャーシュー、メンマ、麩、ネギがトッピングされています。

イメージ 7
透き通ったスープは、煮干しや節の魚系主体ですが、動物系のコクもしっかり感じます。どこか永福町系に似た雰囲気があります。程よい甘みがある醤油ダレのバランスも良いです。

イメージ 8
自家製の細麺は加水が少なめで津軽の煮干しとはちがった印象があります。他ではなかなか味わうことができない一杯です。

イメージ 9
ちなみにこちらが唐揚げ。カリッとしたしっかりとした揚げあがり。各種麺類とセットにできます。唐揚げ定食だと八戸駅そばの達に負けないボリュームがありますよ。

そば処 おお山
三沢市中央4-5-25
11:00〜15:00、17:00〜20:30
水曜は15:00まで
日曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

近くに「ひらこ屋 㐂ぼし」がオープンしてから、本店に行く機会が少なくなっていましたが、8月末のある日、夏季限定メニューのつけそばがたべたくなり伺いました。

イメージ 1
お店の敷地内が駐車場になっています。道路にはみ出さないように、駐車しましょう。

本日の煮干し
イメージ 2
平子だけではなく、数種類の煮干しを使っています。㐂ぼしのメニューにもある、「にぼ炊き飯」が限定飯として提供されていました。

イメージ 3
カウンター席と小上がり席の店内。珍しくお客さんが僕だけになりました。

メニュー
イメージ 4
あっさり、こいくち、せあぶら、バラそば。創業以来のメニューです。

季節限定
イメージ 5
つけそば。今年は辛いつけそばもあります。

イメージ 6
久しぶりのカウンター席でいただきます。

イメージ 7
本店は、大根の酢漬けのサービスがあります。

辛いつけそば 大
イメージ 8
今年の盛り付けも素晴らしいです。

イメージ 9
真上にはナルトに乗った柚子皮、その下には薄切りのバラチャーシュー、そして麺。

イメージ 10
自家製の麺は昨年より太めで、道産小麦に有芽小麦を配合しているようです。氷を核として下から上に積みあがっています。レンゲには束ねたメンマと赤玉ねぎのざく切り、ネギ。

イメージ 11
スープには辛い挽肉、チャーシューなどが入っています。

イメージ 12
もちもちとした食感の麺が印象的です。辛さも僕にはちょうど良いスパイシーな魚系のスープ。

イメージ 13
途中で柚子酢を入れると、爽やかに味変します。
〆のスープ割は店員さんにお願いします。今年のつけそばも素晴らしいです。また来年も食べたいです。

この記事に

開くトラックバック(0)

全310ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事