ここから本文です
一日一麺
2016年も津軽の煮干しで♪ラーメン以外の食はアメブロ「素晴らしい食」に。

書庫全体表示

記事検索
検索

全275ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

青森市新町のパサージュ広場にある、ラァメン ぼーんず。

イメージ 1
基本のメニューは鶏清湯系と豚骨系です。

イメージ 2
券売機で食券を購入します。


イメージ 3
今月途中から、青森鶏だし中華そばが、青森シャモロックの丸鶏を使用したスープにバージョンアップされました。

イメージ 4
さっそく、新しい青森鶏だし中華そばにしました。価格は据え置きで嬉しいです。

イメージ 5
これまでよりも香りがエレガントになり、鶏油の色も金色になりました。

イメージ 6
鶏のチャーシュー、穂先メンマ、ネギのシンプルなトッピング。醤油ダレの香りも一層引き立っているように感じます。

イメージ 7
少しウエーブのある、細いストレート麺にこのスープはよく合います。胡椒などは入れずにそのまま味わいたい一杯です。

ちなみにこちらが以前の青森鶏だし中華そば
イメージ 8
このスープもバランスがよく好きでした。

イメージ 9
ストレートに鶏の旨みを感じる、キレのある醤油ダレ。鶏好きにはたまりません。

イメージ 10
サイドメニューの豚ごはんに鶏のスープをかけると絶品です。

イメージ 11
豚骨系も好きですが、こちらの鶏だし中華も大好きです。

ラァメン ぼーんず
青森市新町1丁目8-5
11:00〜14:30(14:00L.O.)
17:00〜22:00(21:30L.O.) ただし土祝日の前日は23:00L.O.
不定休

中華そば ろぜおの記事
中華そば+味玉

この記事に

開くトラックバック(0)

青森市浜田のスケート場そばにある、長尾中華そばグループの「長尾浜田店」。

イメージ 1
先月から基本の煮干のリニューアルとなり、そちらも食べたかったのですが、

イメージ 2
しばらく限定メニューとして提供されている燕三条背脂煮干しラーメンに混ぜソバも登場したので、今回はこの混ぜソバにしました。


イメージ 3
白い丼に盛られています。

イメージ 4
たっぷりの岩海苔、西バイパス本店のまぜにぼにもトッピングされているナルトも乗っています。ざく切り玉ねぎ、チャーシューがトッピングされ、辛味噌も添えられています。タレはまぜにぼとは違う風味です。

イメージ 5
まぜそばは混ぜてたべるのですが、最初に麺の味を確かめます。京都の麺屋 棣鄂の極太麺の存在感はすごいです。

イメージ 6
全体をまぜ、いただきます。岩海苔の風味と煮干しがよく合います。癖になる味わいです。また食べに行きたいです。ごちそうさまでした。

いよいよ、長尾中華そば 青森駅前店が青森駅ビルLOVINAの駐車場棟の1階に移転先が決まり、工事も始まったとのことです。こちらも楽しみです。

長尾浜田店
青森市浜田豊田150-14
火〜金 11:00〜21:00
土日祝  7:00〜21:00
月曜定休
(参考)

長尾浜田店 冬限定 味噌 二種類の麺
青森駅前店 こく煮干し 中太麺
長尾中華そば 西バイパス本店 ごぐにぼ
長尾浜田店 辛味噌、東京肉つけ麺
長尾浜田店 東京肉つけ麺
四川担担麺長尾 CHILL DINING 限定 WANG-TANG担担麺
四川担担麺長尾 CHILL DINING 限定 鶏白湯煮込みそば
四川担担麺長尾 CHILL DINING 限定 長尾のネギラーメン
長尾 浜田店 稲庭味噌二郎
長尾 浜田店 こく煮干し極太手揉み背脂と稲庭中華そば
長尾中華そば 津軽こく味噌
四川担担麺長尾 CHILL DINING 限定シビ辛胡麻味噌
四川担担麺長尾 CHILL DINING 限定棒々鶏涼麺、昼限定チャーハン
長尾中華そば にぼざるつけ麺
四川担担麺長尾 CHILL DINING 限定濃厚タンメン
四川担担麺長尾 CHILL DINING あんかけ焼きそば 長尾 浜田店 (大二郎)
四川坦坦麺長尾 (四川坦坦麺)
長尾中華そば ALI移転前 (こく鰹)

この記事に

開くトラックバック(0)

今年1月にオープンし、すっかり人気店になった、青森市第二問屋町の国道7号環状線上り線沿いの麺屋 とろも。

イメージ 1
女性の方が友人たちとオープンされたお店です。1月は看板が無く暖簾だけでしたが、いつの間にか店の左側の壁に看板も設置されました。横に広く奥行があまりない新築の店舗で、裏側が駐車場になっています。

イメージ 2
店内はカウンターのみで、店の大きさのわりに椅子が少なめなので、ゆったりと座ることができます。混雑時は、名前と車のナンバーを書いて、駐車場の自車で待つシステムです。

イメージ 3
入口そばの券売機で食券を購入し、席に座ります。

メニュー
イメージ 4
鶏煮干ラーメン、スーパーつけ麺、爽辛ラーメン、サイドメニュー。

イメージ 5
お店のこだわりを読みながら、着丼を待ちます。

鶏煮干しラーメン
イメージ 6
お店のメニュートップです。

イメージ 7
こちらは中サイズ。大きなチャーシュー、メンマ、ネギがトッピング。

イメージ 8
こちらは小サイズです。

イメージ 9
上品な丸鶏と煮干しに昆布の旨みを感じる奥行と余韻のあるスープ。きりっとした醤油ダレはやや強めで、開店当初よりもバランスが良くなりました。

イメージ 12
自家製の全粒粉入りのストレート麺は、スープに負けない旨みがあります。

スーパーつけ麺
イメージ 10
つけ麺は、麺の量が特、大、中と同じ価格です。小食の僕には、大がちょうど良い量でした。

イメージ 17
お店の食べ方もしっかり読んでからいただきます。

イメージ 11
メニュー名にスーパーが付くのも面白いです。

イメージ 13
つけ汁は江戸前の蕎麦で言うところの「からつゆ」です。酸味が加わり、ピリ辛で、煮干し、昆布、鶏の旨みを感じます。余計な甘さが無く、バランスがいいスープです。

イメージ 15
こちらも自家製の全粒粉入りの中ストレート麺です。冷水で〆ているので、腰とのど越しが良くなっています。

イメージ 14
麺はつけ汁に少しつけていただきます。チャーシュー、メンマ、ネギがつけ汁に入っています。こちらも癖になる一杯。

イメージ 16
〆はスープ割で。また食べたいです。

イメージ 18
麺屋 とろも
青森市第二問屋町
10:30〜15:30 (スープ切れ終了)
日曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

雪も解けたので、久しぶりにおいらせ町方面へドライブ。

イメージ 1
以前はのれんが出てましたが、今は暖簾が無くても営業中です。風が強い日だったので幟も風除の中にありました。

イメージ 2
券売機で食券を購入します。メニューも少し変わり、煮干粉、鰹粉入りのらーめん、つけめんがありました。

しなソバ
イメージ 3
魚系のあっさりとしたスープ

イメージ 4
丁寧に盛り付けされています。
加水の低い細めのちぢれ麺との相性が良いです。

らーめん
イメージ 5
基本のトッピングはしなソバと同じです。

イメージ 6
こちらは、動物系も加わり、程よい甘みのあるタレとのバランスが、たまりません。

イメージ 7
麺は低加水の中細ストレート。札幌の北12条の旭川系ラーメンの名店「まるたか」を彷彿させるバランスがたまりません。

味玉つけめん
イメージ 8
今回は味玉をトッピングした、味玉つけめん。

イメージ 9
チャーシュー、メンマはスープに入っています。

イメージ 10
麺は中ストレート。酸味と程よい甘み、ピリッとした辛味がたまりません。タイプでは青森市のなりやさんのつけソバに少し似ていると思います。

煮干粉らーめん
イメージ 11
こちらも、いい香りです。

イメージ 12
らーめんのスープに煮干粉が加わった、癖になる風味です。

イメージ 13
やはり、まるたかの魚正油を思い出す味わい。低加水の旭川風ストレート麺との相性が素晴らしいです。ごちそうさまでした。

らーめん つけめん 専
おいらせ町染屋99-11
11:00〜19:00
月曜定休
 

この記事に

開くトラックバック(0)

青森市中央の煮干し専門店「西中華そば店」。

イメージ 1
自家製麺のお店です。

通常メニュー
イメージ 2
通常メニューはすべて煮干です。

イメージ 3
数量限定の細麺もあります。

夜限定メニュー
イメージ 4
味噌や辛いメニューがあります。

イメージ 5
今回は味噌、冬限定ではなく年中夜限定で提供しています。
スープは、中華鍋を使い、もやしや挽肉、味噌スープをラードで炒める札幌スタイルの味噌です。野菜がたっぷりなのがうれしいです。

イメージ 6
ラードの層が湯気を遮断し熱々です。純すみ系のスープのような濃厚な味噌です。

イメージ 7
ショウガがチャーシューに乗っているので、途中で少しずつ溶かしながらいただきます。メンマの味付け、歯ごたえも好みです。

イメージ 8
チャーシューもたっぷり。

イメージ 9
麺は自家製の太ストレート。札幌の味噌とは違った味わいになります。こちらも専門店レベルですね。ごちそうさまでした。

西中華そば店
青森市中央1-25-7
平日 10:30〜15:00 17:00〜売り切れまで
土日 10:30〜売り切れまで

(参考)
夜限定 味噌
つけ麺(中)、中華そば
夜限定 辛つけ麺
濃い中華そば

この記事に

開くトラックバック(0)

全275ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事