ここから本文です
一日一麺
2017年も津軽の煮干を♪ラーメン以外の食はアメブロ「素晴らしい食」に。

書庫全体表示

記事検索
検索

全281ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久しぶりにつがる市柏の辛いラーメン専門の麺処 あかふじに行ってきました。

イメージ 1
少し前に、駐車場が広くなりました。開店以来、キレイな店内、厨房。

イメージ 2
辛い(赤い)メニューにはレベルがあり、カスタマイズも可能です。
辛くない味噌ラーメン、ラーメンもあります。

イメージ 3
つけ麺の辛あんかけ野菜つけにしました。

イメージ 4
浅草開花楼の太麺、辛いあんかけがかかった野菜入りの味噌味のつけ麺です。

イメージ 5
たっぷりのスープは真っ赤ですが、見た目ほど激辛ではありません。

イメージ 6
麺は青森県内では珍しい浅草開花楼です。

イメージ 7
麺の味を確かめ、辛いスープに付けていただきます。具沢山なので、麺を大盛にしなくても満腹になります。

イメージ 9
途中で少し酢を加えると爽やかになります。魚粉も合います。暑い夏は辛いメニューで乗り切りたいですね。

イメージ 8
麺処 あかふじ
つがる市柏上古川八重崎30
11:30〜15:00(L.O.14:45)
月曜定休

(参考)
激辛味噌つけ
激辛味噌、担担麺
激辛味噌つけ
辛あんかけ味噌、まぜそば

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日も猛暑日だった青森市。梅雨明け前にこれだけ暑いのは珍しいです。先日は、麺房十兵衛のトムヤム中華そばを紹介しましたが、

イメージ 1
今回は、ラァメンボーンズの赤そばSUMMER冷 トムヤムクン風を紹介します。

イメージ 2
麺友からの情報で、提供開始を知り、すぐ翌日に食べにきました。店内には同じ目的の麺友もいました。

イメージ 3
夏の限定は、毎年おなじみの、昆布のつけそばはオリジナルは町田にあったロックンロールワン(現 尼崎市 ロックンビリーS1)、通常メニューの青森鶏だし中華そばもロックンロールワンをリスペクトしている一杯。通常の赤そばと同じ食券を購入し、店主さんに赤そばSUMMER冷と伝え食券をカウンターに置きます。

イメージ 4
爽やかなガラスの器で提供されます。

イメージ 5
赤いスープのベースは鶏だと思います。パクチー、鶏チャーシュー、エビ、イカなどがトッピングされています。

イメージ 6
冷たいけれど、しっかり感じる旨味、酸味、辛味のバランスが秀逸です。

イメージ 7
細いストレート麺は、このスープにもよく合います。途中でレモンを絞り酸味をアップさせ味の変化も楽しみます。また食べたい一杯です。

ラァメン ぼーんず
青森市新町1丁目8-5
11:00〜14:30(14:00L.O.)
17:00〜22:00(21:30L.O.) ただし土祝日の前日は23:00L.O.
不定休

中華そば ろぜおの記事
中華そば+味玉

今回は、赤そばSUMMER冷 トムヤムクン風です。


この記事に

開くトラックバック(0)

青森市、藤崎町、五所川原市にお店がある麺房十兵衛にて、期間限定メニューが提供されています。

イメージ 1
青森店はサンロード青森のイオン側の入口そばにあります。

イメージ 2
限定メニューは、梅雨明け前なのに真夏日が続いて、夏バテ気味の体にちょうどいい、トムヤム中華そばです。西側の入口そばに券売機があります。

イメージ 3
店員さんの一押しもトムヤム中華そばでした。パクチートッピングにも惹かれましたが、今回はトッピングなしにしました。

イメージ 4
こちらのお店は、セルフサービスのモヤシナムルとごはんが無料なので、着丼の前に準備します。

イメージ 5
程なく着丼

イメージ 6
トムヤムクンは世界三大スープの一つといわれています。こちらのトムヤム中華そばは、煮干しのダシに、ココナッツミルク、辛味、柑橘系の酸味を加えたオマージュ。

イメージ 7
トッピングは、パクチー、ネギ、エビ、フクロダケ。特に、味のバランスが秀逸で、癖になります。甘さ控えめなのも好みです。

イメージ 8
つるつるとしてぷりぷりした麺がこのスープによく合います。スープもごはんやモヤシナムルと一緒に完食。また食べたいです。

イメージ 9
麺房 十兵衛 青森店
青森市緑3-10-26
017-718-3237
11:00〜15:00、17:00〜21:00
土、日、祝 11:00〜21:00
月曜定休

(参考)
青森店 限定 濃厚ネギそば
青森店 特濃醤油 7周年記念価格
青森店 特にぼ醤油
五所川原店 特濃醤油
青森店 特濃醤油

この記事に

開くトラックバック(0)

青森市役所裏の麺屋 成天にて、先日まで提供していた、冷やし担々麺ブラックを食べに行ってきました。

イメージ 1
最近は、ホール側の島カウンター全席に座ることができるようになっています。

メニュー
イメージ 2
通常メニューの煮干中華そばあっさり、こってり、昼は半ライス無料です。

限定メニュー
イメージ 3
夏季限定第1弾 冷やし汁なし担々麺ブラック(今は冷やし汁あり担々麺ホワイトが提供されています。)

イメージ 4
早速注文しました。黒酢と黒ゴマでしょうか、黒い冷たいタレに和えられた麺。甘辛い肉みそ、ナッツ、野菜がトッピングされています。

イメージ 5
この日も、30度を超える暑さ。暑い日にぴったりです。

イメージ 6
最初に麺をタレと一緒にいただき、少しずつ混ぜながらいただきました。さわやかな酸味と、程よい辛さが中華料理専門店のようなバランスです。

イメージ 7
店主さんおすすめの、花山椒やラー油を加え、残った具などを半ライスと一緒に最後までいただきました。また食べたいのですが、提供が終了してしまいました。夏季限定第2弾 冷やし汁あり担々麺ホワイトも食べたいです。

通常メニューのあっさり
イメージ 8
煮干しに鶏が加わったスープは、どことなく旭川系のスープを思い出します。

イメージ 10
あっさりもこってりには途中から海苔がトッピングされるようになりました。

イメージ 9
この海苔がいいアクセントです。煮干しと鶏のスープに深みを与えてくれます。

イメージ 11
加福製麺製の麺がこのスープによく合います。

イメージ 12
麺屋 成天
青森市中央1-21-20
11:00〜14:00、17:00〜21:00(スープ切れ終了)
日曜定休だが営業の場合あり
(参考)
オープン企画 こってり

この記事に

開くトラックバック(0)

五所川原市中央の麺屋幡 五所川原店で7月まで限定で提供されているメニューをいただきに、久しぶりに行ってきました。

イメージ 1
梅雨明けしてませんが、30度を超える猛暑のお昼前でしたが、混雑していました。

イメージ 2
お店に入り、タッチパネル式の券売機で食券を購入します。

イメージ 3
五所川原市金木町特産の馬肉、馬骨を使用した濃厚スープです。

イメージ 4
タコ唐草の丼です。

イメージ 5
豚骨スープにも似ていますが、風味が違います。濃厚で、旨みを感じますが、嫌味はありません。

イメージ 6
馬鍋を濃厚にした感じでしょうか。馬のトロッとした筋肉、きくらげ、ネギなどがトッピング。たれも独特だと思います。味噌が隠し味でしょうか。

イメージ 8
辛子高菜を加えるとより、スパイシーになります。

イメージ 7
自家製の九州系の低加水細ストレート麺。今回は普通でいただきました。替え玉が1玉無料だったので、替え玉も1玉。このスープ癖になります。ごちそうさまでした。

麺屋 幡 五所川原店
五所川原市中央3-65
平日  11:00〜15:00、17:30〜22:00(L.O.21:30)
土日祝 11:00〜22:00(L.O.21:30)
無休
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

全281ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事