水平思考 <日常あふれる気づきを求め>

歴史・旅・読書などをメインに、日常触れる様々なことから、前向きな気づきを求めています。

全体表示

[ リスト ]

第9回 『義父の涙』

江〜姫たちの戦国〜 第9回 『義父の涙』

秀吉勝家への挑発が繰り返される。
 
勝家らを招待せず、秀吉信長の葬儀を盛大に執り行い、
勝家を蚊帳の外扱いとする。
 
また、清洲会議で勝家の所領となっていた長浜城を奪い取ったり、
信孝のいる岐阜城に軍勢を繰り出し三法師を奪取したりと、
秀吉のやりたい放題に勝家は苛立つ。
 
そんな勝家のそばに居る姫たちは、戦になることを予感するも、
戦になることを嫌がり、そうした心境を勝家に表す。
 
かつての小谷落城の悲劇をまた繰り返すのかと、姫たちは恐れていたのだった。
 
そうした姫たちの心中を理解した勝家は、戦はせぬと姫たちに約束するも、
秀吉の挑発に耐えかねる様子も見せ、悶々としていた。
 
そんな勝家の心境を察したお市は、勝家に戦へ行けるよう取り計らう。
勝家に心おきなく戦えるよう、お市姫たちに説得する。
 
お市は、姫たちの実父・浅井長政信長明智光秀が敗れ散っていったことを振り返り、彼らの死は誇りを貫き武士として死ねたこととした喜びであったと、
それが男であり武士というものだろうと、姫たちに言う。
 
だから、勝家をこれ以上戦に駆り出させず、止めることは酷いことだと言う。
 
「これ以上止めるのは、死ねというよりも酷いことやもしれぬ。
 勝家様は男ゆえな…」
 
このお市の説得で、茶々は理解する。
「どうぞ、父上のお好きになされて下さいませ。
 ご出陣あそばした暁には、天下一の働きをと、我ら姉妹は念じております」
 
しかし、はまだ理解できない。
父・勝家が戦に出ることが嫌であるという気持ち、茶々にもあるのだが、
茶々は心を変えたと言う。
 
でも、は心を変えることができないと。
「私は伯父上・信長様に言われました。
 己の信じる道を。だから嫌なものは嫌だと」
 
それに対して茶々は、それは父・勝家も同じだと答える。
己の信じる道を進もうとしている父を信じ、ついて行くべきと。
 
姫たちの心を察し、己の心を抑える勝家。
勝家の心を察し、それを理解しようと努めるお市。
そして、姫たちも勝家の心を理解し、勝家の思うままに進むことを認め、
それについて行こうとする。
 
家族もそうだし組織では、
そうした己以外の者への気遣いは欠かせられないものだろうと思う。
 
信長が江に教えた「己の信じる道を…」も大切な心得。
しかし、それだけでは組織の一員として不十分な心得なのだろう。
皆がそうした「己の信じる道を…」であれば、行動がバラバラとなり、
組織は崩壊してしまう。
 
自己主張ばかりではなく、
組織のメンバーの主張や思いを理解するよう努めなければならない。
 
また、この柴田家という家族構成をみると、
勝家とお市・姫たちとの間には血のつながりがなく、
また男一人に女四人という関係。
どうしても勝家が孤立しがちなメンバー構成と思える。
 
どうであろうか、もしこんな構成の家族であるなら、
勝家の主張は家族の行動として通らないことは多いのではないだろうか。
 
それでも勝家の心を一番としたお市や姫たちの行いは、
天晴れなものだと僕は感じた。
 
何といっても勝家は一家の主。
主の働きの妨げとなる言動は慎まなければならないと、
辛いながらも姫たちはわかっていったのかと思った。
 
柴田家の心は一つとなり、そして進んで行った。
 
しかし、いよいよ来週は、そんな柴田家が崩壊してしまいそうな展開に。
でも、それは心がバラバラとなって崩壊するのではなく、
外部からの攻撃によってのもの。
それもまた悲劇だろうし、
姫たちはまたしても辛い人生を歩むことになるのだろう。
 

にほんブログ村のランキングに参加しております!
ポチっとしていただければ、とても励みになります!

閉じる コメント(11)

おはようございます。
久しぶりに『江〜姫たちの戦国〜』で泣けてしまいました。
『江』が初めて父上と呼べる人と平和な日々が短かったから。
鈴木保奈美さんは静かにお話をする女性的な演技が上手いですね。ポチ・村ポチ

2011/3/7(月) 午前 8:43 [ ひまわり001 ]

こんにちはreo-310です、鉄平ちゃんの所から飛んできました。

最初ひどかったのですが、ちょっとよくなってきました
三姉妹と義理の父親のところが良く描かれていましてうるっときましたよ!
家族と刺繍(ししゅう)をするシーンは、今までの勝家のイメージをぶち壊してます

田渕さんはさすがにやりすぎなんじゃないかなと思ってます、さすがに女性は捉えどころが違います。

江を歴史に無理やり絡ませるよりもよかったです
今後に期待が持てそうな予感はしています

2011/3/7(月) 午前 10:15 reo-310

顔アイコン

予想通り、ホームドラマ的なノリで始まり(勝家の刺繍は斬新でしたね...笑)、
「秀吉許すまじ!」「でもいくさはやめて!」で
結局は「父上、生きて帰ってきてください」という展開でしたね。
次週で北の庄落城?展開が早いです。

2011/3/7(月) 午後 7:52 [ 鉄平ちゃん ]

こんばんは♪

桃の守さんが言われるように『己の信じる道をゆく』のも自分だけのことであればいいですが、一人で生きているのではないので、周りの人々を思いやる気持ちも必要ですね。

大切な人を戦に送り出すのは、残された人も苦しいものだろうと思います。

『武士として生きて、武士として死ぬ』凄い覚悟がないと戦国時代を生きていけないのでしょうね。
男性も女性も、私には想像も出来ない強い精神力なんだろうなと思いました。

村ポチ&ポチ♪です。

2011/3/7(月) 午後 9:05 みーおでん

mikimoiさん

お久しぶりですね。
『江〜姫たちの戦国〜』も見られていたんですね。

江が初めて“父”と呼べる人物と出会え、幸せだったのだろうと思います。
でも、そんな日々もすぐに終わってしまうのは可哀そうですね。

鈴木保奈美さんもお市をとても上手に演じられていますね。

傑作ポチ!&ブログ村ポチ!ありがとうございます!

2011/3/8(火) 午前 7:28 桃の守

reo-310さん、はじめまして。

勝家が刺繍をする姿は、勇猛な武将とは違った一面があり、
そんな優しさも持ち合わせていた人物だったのかと想像しました。

女性の脚本家の描いたドラマで、女性目線で、
男にとって斬新なドラマとなり、
それはそれでいいのかと感じています。

今後も楽しみですね。

2011/3/8(火) 午前 7:30 桃の守

鉄平ちゃんさん

ドラマの展開が早いですね。
それだけ、この先の物語が長いのだろうと楽しみにしています。

ホームドラマとして、これからも楽しめそうですね。

2011/3/8(火) 午前 7:32 桃の守

みーおでんさん

信長の教え「己の信じる道を…」は、
自分の生き方を思うままに行くとし、大切なことだと思います。
でも、そればかりでは組織の一員として、ダメだということ、
今回の物語で教えてくれましたね。

武士として生きることは、武士である男も、その家族である女性も、
現代人に比べて、辛いものであったのかと思えますね。

傑作ポチ!&ブログ村ポチ!ありがとうございます!

2011/3/8(火) 午前 7:34 桃の守

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常さん

トラックバックありがとうございます!
記事を拝見しに伺います。

2011/3/8(火) 午前 7:35 桃の守

顔アイコン

地震の影響は大丈夫ですか?

気をつけてお過ごしください

2011/3/11(金) 午後 11:47 ラブマリッジ

ラブマリッジさん

ご心配いただいてありがとうございます。
とても大きな地震でしたが、僕の方は無事で何事もなかったです。
今後もまだ注意は必要だと思いますし、気をつけていきます。

2011/3/12(土) 午前 6:06 桃の守

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事