多摩一般労働組合

「多摩一般労働組合」のブログです。組合には入っていない方、職場に組合が無いけど、職場で起きたもろもろの相談をしたい方どうぞ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

高齢者よ、立ち上がれ!

イメージ 1

面白い映画が上映されています。

以下、転載です。

●映画「人生に乾杯!」
俺たちにも明日はあるんだ! いまこそ「老人力」を使うとき


 その昔“怒れる若者たち”という言葉がはやった。中高年のアイドル、綾小路きみまろではないが「あれからうん十年……」。若者たちはいまや怒れる老人たちになりつつある。その走りともいうべき映画が、OECD加盟国で自殺率の一番高いハンガリーから二番目に高い日本にやってきた。ガーボル・ロホニ監督の「人生に乾杯!」がそれだ。
 主人公のエミルは81歳で、寄りそうヒロインも70歳の妻ヘディ。二人が高級車を乗り回し拳銃を突きつけて強盗の旅をする活劇もの―といえばカッコイイが、彼はギックリ腰だし彼女は糖尿病で注射器を手放せない。銃は旧式のトカレフで車はチャイカという社会主義時代の遺物。その時代、若きエミルは党幹部の運転手だった。スパイ容疑で豪邸を捜索したとき、令嬢だったヘディを救ったのが縁で二人は結ばれた。やがて社会は資本主義へ再転換した。それで人々は幸せになったか?
“あれからうん十年”、二人は公営アパートで細々と暮らしていた。そこへ家賃滞納の取り立て人がやってきてしつこくブザーを鳴らす。エミルは息をひそめ、床にはいつくばって隠れたものの腰を痛めて身動きできない。無残。彼らは年金で余生を過ごすはずだったのに、グローバリゼーションの市場経済の波に襲われ、もはや年金だけでは立ちゆかなくなった。その彼がついに立ち上がる。妻の誇りにしていたイヤリングまでが借金のカタにとられたからだ。
 この映画に、かつての「俺たちに明日はない」を連想する人もいよう。が、それと違うのは、強盗をテレビで知った高齢者たちが共感し、デモにまで発展してしまうことだ。
 映画パンフレットで、84歳の俳優、大滝秀治が「こういう生き方があるのか」と「感動」している。年金問題で揺れる日本の高齢者も、怒りをこめて立ち上がれ!―と映画は訴えている!? (木下昌明/「サンデー毎日」2009年6月28日号)
*映画「人生に乾杯!」は6月20日から東京・シネスイッチ銀座でロードショー、ほか全国順次公開 写真(c) M&M Films Ltd.

この記事に

開く コメント(4)

今回の沖縄研修旅行

 今回の沖縄研修旅行では辺野古の新基地建設反対運動、高江のヘリパッド基地建設反対運動、読谷村の象の檻と言われていたいわゆる楚辺通信基地跡地、読谷村のチビチリガマ、シブクガマ、名護市のチュラ海水族館、ひめゆりの塔、鉄血勤王隊・健児の塔、平和の楚(平和記念公園)を見て回り、そして沖縄5・15県民集会に参加しました。

 例年と比べるとかなり強行軍でしたかね。

 でも、今回の僕の学んだものは、沖縄には「精神病者」が多いこと、そして発病率も高いことが改めて理解できました。その原因は実際に調査しないと明らかなことは言えませんが、沖縄の持つ歴史、社会の現実を考えさせられました。

 差別と迫害、抑圧の歴史、そしてその構造は現在も続いています。社会運動、労働運動を担っている人の中にも多くの「精神病者」がいる、そして病気を抱えながら、仲間が支え合いながらじっくりと闘っていることが理解できました。
 とは言え、まだまだ運動内部には病気に理解を示せないところが多いことも事実でした。

 僕ら「精神病者」にはとても満足できないものですが、監獄のような鍵と檻の閉鎖病院が当たり前だった沖縄。そこでの開放精神医療の先達として活躍した島医師をはじめ沖縄出身の精神科医師達の協力で「精神病者」解放の動きも少しづつ動き始めていることを話だけですが確認できました。
 知念医師などの協力で立ち上がったアゴラ。「ほっとスペース八王子」の研修旅行でも交流がありましたアゴラ。

 支援法下で地域活動支援センターとして再生し、那覇市の減額攻撃を跳ね返して頑張っているなど健在なようです。
 どのような運動も労働運動を中心にしつつも精神科領域も含め、様々な分野の裾野の広い人々に支えられていなければ、一瞬たりとも成り立つものではないことを改めて感じました。革命情勢が接近しているのだから、なおのことこの課題はないがしろにできないと思いますよ。

この記事に

開く コメント(0)

怖い社会=日本

 新型ウィルス問題で明らかになってきたのは日本社会の閉鎖性。

 模擬国連会議に生徒を参加させ新型ウィルスを感染させられた件で高校の校長に犯罪者でもあるかのような抗議電話や嫌がらせが起きているそうだ。

 また、感染した生徒が犯罪を犯したかのような扱いを受けているのはハンセン病患者に対して行ってきたものと全く同質のものです。

 本当に民意が成熟していない幼稚な国民性はやはり政府の問題だと思います。お上から言われたことには有無を言わず従うように教育されているのは困ったものです。

 更に、異質なものを排除するという未成熟な民意にも怖いものを感じます。

 先日の沖縄研修旅行の強制集団自決したチビチリガマと千人を越える人が強制集団自決からまのがれることができたシブクガマの違いを改めて思い知らされました。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

 琉球新報によると沖縄総領事は沖縄石垣島民の米軍艦の寄港に反対する意思表示した横断幕を米兵2名が持ち去っている姿が監視モニターに映っていたそうだ。しかし、ケビン・メア在沖米総領事は「ゴミを片付けただけ」と事件性そのものを否定している。あきれ果てたものだ。
 まさに日本・沖縄はアメリカの植民地と化している。(写真は米兵によって盗まれ、在沖総領事・ケビン・メアに言わせると「ゴミを片付けただけ」と問題の掲げられていた横断幕)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 南京大虐殺を描いた映画「ジョン・ラーベ」が日本での上映禁止となった。

 『ジョン・ラーベ』で朝香宮鳩彦親王役を演じた香川照之は「鬼が来た」など中国映画に出演し、先頃には日本内外で様々な賞を受賞した「トウキョウ・ソナタ」にも好演している。僕もこの「トウキョウ・ソナタ」は見たが、いろんな意味で素敵な映画の印象が強かった。

 ところで、中国版「シンドラーのリスト」である「ジョン・ラーベ」が上映禁止となるのは何としても残念な話である。何とかDVDを手に入れて、地下での上映運動も行う必要があるのかも知れない。

以下のニュースサイトをご覧ください。

この記事に

開く コメント(1)

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事