親(建築家)の心子(施主)知らず

食品の検査データー一覧http://yasaikensa.cloudapp.net/map.aspx

全体表示

[ リスト ]

海外でのインターンシップをメディアがさかんにとりあげますが、
学生団体アイセック(AIESEC)http://ja.wikipedia.org/wiki/AIESEC
のプログラムでルーマニアへいった女子学生が命をおとすことに。深夜に移動中のタクシーで。。

アイセックは、世界最大の学生団体ということで、有名。
ウガンダなどの海外での学生たちの活動記録を見て、タフな若者たちが多いなーと驚いてました。

海外インターンシップの実態はどういうものなのか、、心配になります。
若い時に、バックパック旅行をしてきた強者も何名か知ってますが、彼らは運がいいのか、あるいは、危険をさけるための心得があるのか。。。









閉じる コメント(7)

顔アイコン

是非も無く.....。

この娘の親は永眠に至るその刹那まで、悔やむ毎日でありましょう....。

2012/8/21(火) 午前 0:12 SIDE6

顔アイコン

SIDE6さん、私も娘がいて海外語学研修に一人参加させたこともあり、親御さんのお気持ち考えると。



アイセックは、海外インターンで有名な学生団体で、メディアの取材も多いところです。事件後ホームページは閲覧不能になってました。
事件前は、実名顔写真いりで、女子大生たちが、ルワンダやガーナなど訪問してる体験記が多数掲載されてました。
何故、深夜での移動というスケジュールを組んだのか、、飛行機の遅延等で深夜着ならどうすればよいのか、現地スタッフの受け入れはどなってるのか、、バックパッカーの旅ではないので、もっと事前に連携がとれていればと。。

2012/8/24(金) 午前 6:29 たまきゅう

顔アイコン

お亡くなりになった娘さんを鞭打つようですが、海外で活動するリスクと言うものを軽く考えていますね。
最近も父親がジャーナリストの娘さんが銃弾に倒れましたが、
顰蹙覚悟で言わせて貰えば、偉くもなんとも無いですね、
日本が何処に有るか?日本人て如何いう人種か?も良く理解されていない世界で、動き回る危険って常に背中合わせにあります。
若い頃、インドを数ヶ月回りましたが、ジャパニーズって言っても分かって貰えず、何処へ言ってもチベッタン(チベット人)って言われました。
高邁な理想を掲げて、世界の恵まれない人に貢献しようという気持ちは、とても大切なものですが・・・・
銀座や新宿辺りでボランティア活動やるのとは大違いです。
服装もだらしない若い人が多いですね。

2012/9/13(木) 午後 6:10 蕩尽坊

顔アイコン

蕩尽坊さま、自己責任という言葉もありますが、女子大生が所属してる学生インターン派遣サークルの理事は、各分野の第一線で活躍してる方々、(ジャーナリストの女性は、内縁関係のご主人の会社でのお仕事と聞いてます)、リスクを避けるスケジュールや送迎の現地との連携、経験を積んだ方々のアドバイスはなかったのか。。気になってしまいます。
今、とくに海外に若者がでかけることをメディアも奨励してますから。。

日本は、治安もよく移民も少ないので、外の世界の怖さを知らないのでしょうね、娘がいる親としては、他人事ではなく、また、いくら男女平等と言われても、男と女のいる世界の棲み分けもあるのではないかと思いました。

2012/9/18(火) 午前 8:16 たまきゅう

顔アイコン

蕩尽坊さま
娘の大学でフランスの語学研修が行われたとき、フランス人の先生が、女学生の服装チェックして、ダメだしをいっぱいなさったそうです。 でも、スリにあってしまった子もいたそうで。
昨年の震災では、フランス滞在中の教え子たちに、日本がおちつくまでの宿泊先の手配をしてくれたり

私自身、世界のことよく知らないですが、年長者の真摯な(辛口であっても)アドバイスはありがたいですね。

チベット、、インドに亡命したチベット少年の「オロ」という映画ありますね。子供だけは生き残るために外国へ、そういう母親の気持ちも切ないです。。

2012/9/18(火) 午前 8:33 たまきゅう

本当ですね、NYのひとは用心深いです。シアトルから深夜11時ごろjfk空港に着くスケジュールだったので、危ないからと、連絡のつくタクシーを予約してくださいました。空港は平和な雰囲気で人も多いし、イエローキャブを拾えるんですが…。
外から行くと、気をつければ大丈夫だろうと、つい思ってしまいますね。反省!

2012/9/29(土) 午前 7:21 mintloop

顔アイコン

MINTさん、海外で深夜の移動のご経験あるんですね、
伝統のある学生インターンサークルで、どうして、このような手違いがおきてしまったのか、、そういえば、子供でもお迎えの人と偽っての誘拐ありましたね、、それを思い出しました。

2012/10/5(金) 午前 9:22 たまきゅう


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事