親(建築家)の心子(施主)知らず

食品の検査データー一覧http://yasaikensa.cloudapp.net/map.aspx

全体表示

[ リスト ]

麻布十番にある水島弘史料理研究所のレッスン。

今回は、上級者コース
赤海老のサラダ、ギャレット仕立て 
画像は、先生作成のもの
イメージ 1

上級者コースとは、(先生のところに通ってるベテランの生徒さんって、料理教室主催していたり、⚪️BCクッキングスクールの講師してたり、プロに近いので、一緒に参加するのつらいのですが、空席がこのクラスしかなかったので、、)
 事前に簡単なレシピが送られてきて、今までのレッスンを参考に、生徒達が、自分で、食材や調味料の分量を算出し、調理法や盛りつけを考え制限時間に料理するというもの。
生徒たちの料理完成試食後、先生が解答例を制作。


娘が留学してから、自炊率が極端に減ってるので、こったお料理するのも久しぶり。
前日に、電卓もちだして、セルクルの体積測ったり、唸っていたら、娘に「なんか楽しそうだね」と言われてしまいました。食材買い出しにいって前日に予習する料理教室というのも前代未聞では。。

当日、使用済みの調理器具が大量にでる中(水島先生が、せっせと洗い物担当)悪戦苦闘。セルクル内は上はトマトのジュレ&赤海老、下は、浅利のジュレ&野菜の二層になってますが、ゼラチンが時間内にうまく固まらないし、、バジルソース、水島方式は、バジルをちゃんと湯がくのに、フレッシュなまま粉砕するという失敗も。。
ここからは、先生が、解答例(正解)をデモンストレーション。やはり、美しいし、美味しかったです。同じ食材(スーパーで手に入る地味なものばかり)でも、こうも違うんだなーと。。
イメージ 2

イメージ 3イメージ 4






こういうレッスンって、自分の調理法の間違いが、よくわかるので、恥ずかしいけれど、勉強になりました。
































水島先生ありがとうございました。

水島流、→
手でこねまわさないハンバーグの作り方

著書、

閉じる コメント(1)

顔アイコン

お初コメントさせて頂きます(*ノ∀`*)
新参者なので失礼があったらすいません!同性です(o゚▽゚)o
たまきゅうさんのブログが心に響いたので思わず書かせて貰っています(`▽´)

最近は嫌なことばかりで、打ちのめされて凹んでばっかり。。。
だけど、たまきゅうさんのブログを読んでいるとなぜかいっぱい励まされた自分がいました。
なぜかなんていうと勘違いされそうですが、そういうつもりじゃなくて気軽に読ませて貰ったんですね(;≧∇≦)
なのに気持ちが楽になっていく自分がいて、本当に、たまきゅうさんのブログって優しいなって。

たまきゅうさんに感謝の気持ちがいっぱいです(*・▽・*)
差し出がましいお願いなのですが、たまきゅうさんに聞いて欲しい悩みがあります。
koikaren@i.softbank.jp

唐突で驚かせてしまいましたよね(*・∀-)
でも、たまきゅうさんにならお話できる。。。どうしても聞いてほしいという思いでいっぱいです。
※でも迷惑だったらコメントは消去しちゃって下さい。。。

2015/2/7(土) 午前 0:06 [ msm*d*ynb0*5 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事