全体表示

[ リスト ]

まずは1本目

西郷を8:57発のレインボーに乗り
いざ 出発

外海に出ると かなりの波
キャプテンのアナウンスによると
波高2m〜2m80cm
80cmって??
と 疑問符を残しながらも船は進みます

ワタクシにとって 初の自腹レインボー
無事な航海であって欲しかったが
ほぼジェットコースター状態
前方の窓からは 空か海しか見えない
つまり常に上方か下方しか見えてないのだ
時々エレベーターに乗ってる感触もあるし
かなりの大揺れでした

それでも きちんと 定刻には七類に到着

連絡バスに乗り 一路松江駅に

実は 我が弟君は とよたかろーらに勤務
とよたはKDDIと提携していて
携帯の機種変もしてくれる
ので
SHARP好きなワタクシは
W61SHのfresh greenに機種変
(右から2番目ね)
イメージ 1

データを移動させてもらってるあいだに
松江SATY東宝へ

まずは 12:20上映の
『エリザベス・ゴールデン・エイジ』を
イメージ 2

なんとも ゴージャスでした
とっかえひっかえ着ている衣装がどれもスンバラシイ
よく見ていると ONとOFFの衣装の感じが違ってるように思えました

外国のお城って 本当に石で出来てンですね
石を切って建物を補修している場面が出てきたです
なんか寒そうだなあ〜

主役のエリザベスを演じるのはケイト・ブランシェット
あたしゃ 『ナルニア国物語』の冬の女王と
同じ人だと思っていたら 違う人でした
イメージ 3

エリザベスは25歳でイングランドの女王なったんだと。

世界史をとらなかったワタクシにとっては未知との遭遇

宗教問題、権力闘争、欧州列強の侵攻の危機
さらには スコットランドのメアリー女王が逃亡してきて
王位を主張したりして

なかなか波瀾万丈

そこへ 航海士・ローリーが出現
イメージ 4

エリザベスにとっては 今まであったことのないタイプ
理知的でワイルド フラットに接してくれる 

そりゃあ 興味がそそられるでしょうよ

ところがメアリーの謀反が発覚し処刑されてしまう
それをきっかけに1万人ものスペイン無敵艦隊の侵攻が始まってしまう

ま 歴史を知ってる方はご存じでしょうが
もちろんイギリスの勝利です

それに関わる 人間くさいエリザベスの姿が見られるってことです

しかし 女王があんなに無邪気に振る舞ってもいいもんなんですかね
かなり誇張はしてあるとは思うけど

もっとドロドロしててもよかったかな?
こんなもんかな?

ところで
メアリー役出てて来た女優さん
ワタクシお気に入りの1人なんです

『マイノリティ・リポート』や『CODE46』に出てた
サマンサ・モートンです
イメージ 5

映画観るまで 出てるとは知らなかったので
思わず「あっ」と声を出してしまった
隣の席の人 驚いただろうな

今まではクールで中性的な役が多かったけど
今回はかなり感情的

この人 角度的に ひどく老けて見えるから
かわいそうなんだよね
だけど 童顔なんだよな〜

エリザベスのお気に入りのベスもかわいかった
イメージ 6


ん? ワタクシおんな好き?

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事