全体表示

[ リスト ]

朝宝満  2009年8月26日

宝満山。
言わずと知れた、福岡ではぶっちぎりで人気ナンバーワンの山です。
初めて登る山に選んだ方、毎日登山されてる方、アルプス遠征のトレーニングで登ってる方・・・、
目的はいろいろでも、その欲求を満たしてくれる、懐の深〜い山であることに間違いありません。
登るたびに新たな発見と大満足をくれる、ほんとにイイ山なんですよね〜♪

そんな魅力的な宝満山に、先週は2度も登って参りました\(^o^)/


まずは8月26日水曜日、日の出見物の早朝登山です♪
何度となく登った宝満山ですが、日の出を見るために登ったのは初めて。
宝満山をこよなく愛する、BさんとFさんにご一緒いただいて、夜明け前からスタートです=3=3=3
イメージ 1


正面登山道の2合目、一の鳥居から登れば山頂まで1時間弱。4時半出発でも十分間に合いました♪
途中、サプライズ合流のUさんも一緒に日の出を待ちます。
イメージ 16


遠く『くじゅう』や『雲仙』も見渡せる、スバラシイ眺望です・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・
たった一時間登っただけでこんな景色が見られるなんて、今まで知らずにソンした気分…。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


朝日に照らされた、オニユリとヤブランも綺麗でした〜(´ー`)
イメージ 6

イメージ 7


朝ごはんを食べ、この日仕事のUさんはダッシュで下山。
Bさんもお仕事なので山頂でお別れして、Fさんと私は宝満プチ探検へ出発します♪

かつて修行の山として栄えた宝満山には、あちこちに史跡が残されています。
宝満フェチのFさんは、若いくせにその辺りにやたら詳しいので、宝満山に伝わる“五井七窟”の
いくつかを案内していただいたのでした♪

まずは“法城窟”。キャンプ場から下った女道のすぐ脇にあります。
なんでも、ここを通り抜けると生まれ変われるらしいです。ワタクシもあやかりたい♪
内側の壁がキラキラ光って、不思議な洞窟でした。
イメージ 8


続いて“福城の窟”。昔の修験者の方々は、どんなことを考えて修行されてたんでしょうね…。
イメージ 9


福城の窟のすぐ側にある“益影の井”です。
宝満山に湧き出る泉の中で一番神聖なものだそうで、宇美八幡宮に祀られた応神天皇の産湯にも使われたとか。
そう聞くと、とてもありがたく感じてしまう、単純なワタクシであります…(^^ゞ
イメージ 15


朝日の差し込む登山道はまぶしいですね〜!気持ち良く歩けます(^o^)♪
が、若者のFさんは歩くのが早くて、油断するとすぐに見えなくなってしまいます。待ってぇ〜〜!!(爆)
イメージ 10


かもしか新道から少し下ったところにある“大南窟”です。かなり大きいのでビックリ!
中に入ると、コウモリさんがお休み中でした(^^ゞ
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


こんな感じでプチ五井七窟巡りを楽しみ、2合目の駐車場に着いたのは9時10分♪
イメージ 14

4時間半も楽しんだのに、まだこんな時間ですよ〜(笑)
『早起きは三文の徳』を実感した朝のひとときでありました〜\(^o^)/

仕事なのにお付き合い下さったBさんとUさん、そして宝満案内をして下さったFさん、
ありがとうございました〜♪♪

う〜ん、宝満最高〜〜(o^-')b


土曜日に繰り広げられた宝満宴の模様は、また追ってご報告申し上げま〜す(^^)/

閉じる コメント(16)

顔アイコン

海からの日の出と違い山頂から見るのは壮観ですね。
登山にはいい季節に向かっていますが
四季どの季節が一番すきなんでしょうか?

2009/9/5(土) 午前 0:29 風ふう 返信する

顔アイコン

いいですね。平日早朝宝満。

Fさんさすが、秋の五井七窟待ちきれず常にチョコチョコ足を運ばれてるんですね。

しかし林道終端の駐車スペースは平日朝もこんな状態ですか・・・。
さすが宝満。 削除

2009/9/5(土) 午前 1:37 [ はて、 ] 返信する

顔アイコン

宝満山 史跡の残る とても魅力的なお山ですね〜!!
100回 200回と登る人が多い人ですね 毎日登ってる人も…
いいですね〜! Fさんの「宝満最高〜!」ごもっとも(^^)

写真 キレイに撮れてますね 次のアップ待ってま〜す

あんず

2009/9/5(土) 午前 7:23 [ anz*_m*ko ] 返信する

顔アイコン

感動的は朝焼けですネ!
朝焼けは毎朝有るんでしょうが見ることは少ないですネ!

2009/9/5(土) 午前 8:38 西研 返信する

顔アイコン

平日早朝宝満おつかれさまでした!!
山頂では美味し〜い朝ごはん
ごちそうさまでしたm(__)m

やはり日の出というのは格別ですね^^
日の出を見れた日は力強い一日が約束される
気がします

宝満最高!! ・:*:・゜☆d(>_< )

秋の五井七窟 &中院毘沙門跡 雨宝窟(ウホッ窟)
完全制覇ツアーも楽しみですね♪♪♪ 削除

2009/9/5(土) 午後 3:49 [ ふむむ ] 返信する

顔アイコン

朝起きて、山に登ると良いことばっかりですね。
今の季節、山は朝だ!早朝だ〜。
休みじゃないとかなりつらいけどね・・・

2009/9/5(土) 午後 5:29 りゅう 返信する

顔アイコン

夜明け前後の山は、空気が凛として、気持ちいいですね〜♪
“大南窟”は、洞窟の中が広いんですね。

2009/9/5(土) 午後 6:22 文八郎 返信する

顔アイコン

ほんとに最高でしたね(^▽^喜)
あんなに綺麗なもん見れるなら・・・なんにもいらないって感じですね♪
『宝満最高[m:87][m:66]』 削除

2009/9/5(土) 午後 6:54 [ うかりん ] 返信する

顔アイコン

風ふう さま
生まれ育った宮崎では、日の出は海からでした。
山で見る日の出は、登ったひとにしか見れない特別な気がして、
ご来光の度に思わず手を合わせてしまいます(笑)
最近になってようやく、四季折々の山の楽しみ方が分かってきたようで、
それぞれの季節を楽しんでて、甲乙つけ難いですね〜(^^ゞ

2009/9/6(日) 午前 0:31 tama 返信する

顔アイコン

はて、さま
さすがは宝満山、歩きながら常に登山者とすれ違ってました。
駐車場の車を見たときには、休日かと錯覚してしまいそうでした(笑)
秋の五井七窟巡り、今から楽しみです♪
それまでに体力つけておかないと、皆さんに置いていかれそうで恐ろしい〜!
日々精進です(^^)/

2009/9/6(日) 午前 0:35 tama 返信する

顔アイコン

あんず さま
ありがとうございます♪
ウツクシイ景色を前にすると、構えてしまって写真を撮るのも
難しいです(^^ゞ
いい写真が撮れるよう、只今勉強中です〜!
宝満山は、登るたびに発見があってホントに楽しい山です。
私はまだ十数回しか登ってませんが、先輩方(と、アホーマンズ?)
を見習って、“修行”に励みたいと思っております(笑)

2009/9/6(日) 午前 0:42 tama 返信する

顔アイコン

西研 さま
朝焼けと日の出見たさに私はせっせと登りましたが、
常連さんは、まったく気にせずに下山されたました(^^ゞ
たぶん日常の景色なんでしょうね〜!
この日は空気が澄んでいて、ほんとに綺麗な景色を見ることができました♪

2009/9/6(日) 午前 0:47 tama 返信する

顔アイコン

ふむむ さま
お陰さまで、早朝の宝満山を3倍楽しむことができました\(^o^)/
ありがとうございました♪
『宝満最高!』という言葉を、改めて感じた一日でした。
秋の“五井七窟巡り”で、更にその魅力に取り憑かれることでしょう♪
楽しみにしておりま〜す♪

2009/9/6(日) 午前 0:52 tama 返信する

顔アイコン

こうき さま
皆さんの“早朝登山”に影響されて、登りに出掛けてしまいました(^^ゞ
朝は気持ちイイし、昼間とは違った景色がスバラシイですね♪
今度は・・・くじゅうの日の出が見たい〜!!と思ってます( ̄ー ̄)

2009/9/6(日) 午前 0:56 tama 返信する

顔アイコン

文八郎 さま
山頂で日の出を見た瞬間、2時半起きの辛さも眠さも
一瞬で吹き飛びました♪
これから涼しくなっていけば、益々朝の空気が気持ち良く
なりますよね!
また登りに行きたいと思います(^^)/

2009/9/6(日) 午前 1:01 tama 返信する

顔アイコン

うかりん さま
うかりんさんの突撃合流には、嬉しいやらびっくりやら♪
思わず『うかりんLOVE♪』って思いましたよ〜(^▽^喜)
どうか私にも、その元気を分けて下さい(^^)/

次の山」ヘン企画、皆さん相当期待してるみたいですから、
(もちろんワタクシも♪)何卒宜しくお願い致しま〜す♪

2009/9/6(日) 午前 1:07 tama 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事