TRPG蛇行わき道(ベータ版)

テーブルトークRPG、ボードゲーム、PBM、関連活動などを扱うブログ

全体表示

[ リスト ]

 「ゲームマーケット2006」から帰ってきました。
 参加された方々、スタッフの皆様、おつかれさまでした。

 漠然とした印象を少し。

 今回は、いよいよTRPGの取扱いが減り、ボードゲーム・カードゲームがメインの客層・出展層になったようです。

 ボードゲーム・カードゲーム出展者は、(商業団体ではなくとも)新作を売る/出すことがメインです。一方、TRPG出展者は、本体のルールにまつわる付随的なテキスト(リプレイ、追加データ、シナリオなど)がメインです。
 たとえれば、ボードゲーム・カードゲームは次々とコートに新しいボールを打ち込んでいます。TRPGは、コートに打ち込んだボールを拾ってきて何度も打ち込んでいる……このたとえじゃ違う気もしますが。
 TRPGは、付随的テキストで、どんどん客層を絞り込んでいます。一方、ボードゲーム・カードゲームは、毎回新しい切り口として見せて、客層を絞らない動きに見えてならないのです。
 この違いが、このイベントだけにとどまらず、コミケなどにも広まっている気もします。

 以下は、印象に残った出展。

>復刊ドットコム
 復刊ドットコムのブッキングさんが出展されてました。
 とりあえず、クリスタニア復刊だそうで。

>ブロックス
 でっかいのや六角形のものが10月に出るそうな。

>うちの状況
 TRPG同人誌を扱う出展がほかに一件もなかったバザール形態の参加スペースで考えれば、そこそこ動いたかな……。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事