TRPG蛇行わき道(ベータ版)

テーブルトークRPG、ボードゲーム、PBM、関連活動などを扱うブログ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ボドゲ:第2回東盤会

 6月20日(日)に東海大学シミュレーションゲーム研究会さんのボードゲームのフリープレイイベント「第2回東盤会」にお邪魔してきました。

 まずは「ブロックス」。
http://tamasuna.stbbs.net/ri/yahoo/100620_1block.jpg
 一緒に行ったサークルOB(ぴーたん氏)と、現会員2名と4人打ちで2位(1位はぴーたん氏)。
 まぁ、接待モードで勝たせてくれたに違いない。

http://tamasuna.stbbs.net/ri/yahoo/100620_3diplo.jpg
 続いて……、なぜか、「ディプロマシー」。
 現会員5人とぴーたん氏(ドイツ)、私(フランス)の7人打ち。
 2時間半ほどやって、イギリスが滅んだところでゲーム終了に。
 さすがに、ディプロマシーどころかマルチゲーム不慣れそうな若者に無惨に負けはしないつもり……とは増長しすぎ。

http://tamasuna.stbbs.net/ri/yahoo/100620_5tikect.jpg
 それから近場の大学からお越しの方2名と、ぴーたん氏(別のゲームをやりたいのになぜか追いつかれる)の4人打ちで、「チケット・トゥ・ライド」。
 ぴーたん氏持論の「鉄道駒分のチケットを溜めきってから長距離路線敷きまくり」作戦を見せてもらって、その有効性に感心。
 それでも、どうにか2位に紛れ込む。

 最後に、本イベントにお誘いしたマイミクさんと「ワードバスケット」。
 同人版や長岡書店版でそこそこ遊んだはずなのに、ぜんぜん手札を処理できず……。
 10年前と比べると語彙も、脳の処理速度も下がってますな。



 ボードゲームを遊ぶ機会を与えてくれた東海大学シミュレーションゲーム研究会さん、来場された方々、素敵な時をありがとうございました。

開く コメント(0)

 チーム制のボードゲーム「ピクショナリー」を2人の1チームだけでやって、どれだけ早くゴールにたどり着けるかを試そうという「タイムアタックモード」。
 本記事は、そんな遊び方をしたうちの一つの記録である。

 なお、「ピクショナリー」というゲームは二人以上でチームを組んでの、チーム戦のゲームです。
 当然二人では一チームで終わりです……。
 そこで、レースゲームの一人用でおなじみのモード――タイムアタックモードが出現するのです。
 このゲームでは一チームで「ピクショナリー」をプレイします。
 対戦相手がいないかわりに、ゴールまでたどり着くまでの経過時間、ターン数を記録しておきます。この時間、ターンが少ない値ならば、少ないだけすごい、ということになります。

 このゲームでは、チームの一人が出題カードを引き、その内容をイラストにして1分間以内に伝言するというゲームです。伝言に成功すれば、サイコロを振って、ゴールに近づくことができます。

 前回の出題イラストは、たまねぎ須永。
http://tamasuna.stbbs.net/ri/yahoo/2.jpg

 答えは……「湿地」。
 あまりにも理解しがたい絵になってしまったせいか、場が白けてしまったでしょうか(汗)。

 須永は……、どう描いたものだか悩みっぱなし。答えられたら逆にびっくり状態。

 続く第3問はぴーたん氏が描いて、須永が正答を出せなかったもの。
 第1問、第2問で正答を出せなかったので、駒の移動はなく、マスによる出題ジャンルは変化なく、出題ジャンルは「P:人、物、場所」です。


 ……まぁ、なんというか、固有名詞って使わないと忘れてしまいますな。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事