たまりばへようこそ

2017年12月、丸の内に移転しました。

全体表示

[ リスト ]

TAMARI の ハイボール

イメージ 1

今週のお勧めのお酒は『ハイボール!』

お勧めがハイボールなんて、どこでも飲めるじゃん!と言われそうですが、TAMARIのハイボール、ちょっとこだわっていますので、御紹介。

よくお客さまから「このハイボール、美味しい」とか「初めてハイボールが美味しいと感じた」とかお褒めの言葉を頂きます。

またウイスキー好きのお客さまからは、「このハイボール、良い香りするけれど、ウイスキーは何を使っているのですか?」これもよく聞かれます。



私、一応元バーテンダーなので、お客さまにお出しする以上、できるだけ美味しいハイボールを出したい。

でも当店のドリンクは一部ウイスキーを除くと一律298円(税込321円)。
勿論ハイボールもこのお値段。

本当はちょっと良いウイスキーを使いたいところですが、流石にこのお値段では無理で。

それでニッカの一番安い、居酒屋さん等でも使われている ブラックニッカ クリア(写真 右のボトル)を使用していますが、この安いウイスキーでいかに美味しいハイボールを作るか、ここが腕の見せどころ。


まずウイスキーの量は普通は1オンス(約30cc)ですが、当店は少し多めにしています。

そしてソーダの量は、通常1:4くらいですが、当店はソーダは少なめに。

よってウイスキーはちょっと多くソーダは少なめなので、できあがるハイボールは少し濃いめになります。

それから氷ができるだけ溶けにくいよう、ウイスキーは冷やしてあるものを使用。

またソーダは自家製なので、炭酸は濃いめにしています。

それから氷ですが、本当ならブロック氷を勝ち割った物の方が溶けにくいのですが、ここはコストの関係でやむなく製氷機の角氷を使用。

それからグラス。
居酒屋とかはジョッキタイプの大きなグラスを使うところが多いですが、これ、量は多く見えますが、実は氷が多いだけ。

本当はBARみたいに10オンスグラス(写真右から2番目のグラス。約300cc)だと氷も少なく薄まりにくいので良いのですが、これだといかにも少なく見えるので、今はちょっと大きめで形もお洒落で、しかも飲み口の口当たりが良いガラス厚の薄い12オンスグラスを使用しています。

そして一番のこだわりが香り!

使用しているブラックニッカ クリアで香りを楽しむのは無理。
でもせっかく飲んで頂くなら良い香りがした方がいいので、以前はブラックニッカの限定版ウイスキー『ブラックニッカ クロスオーバー』で香りづけしていましたが、これもなくなってしまったので、どうしようかと考えた末、現在使用しているのは『ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド』(写真 左のボトル)

ブラックニッカのハイボールにジョニーウォーカーってどうかとも思いましたが、当店でハイボールをオーダーされる方は、別にブラックニッカのハイボールが飲みたいというわけではないでしょうから、まあいいかということでワインカスクブレンドで香りづけしていますが、とにかくこのウイスキーは香りが華やか🎶

だからTAMARIのハイボール、グラスを口元に持ってくるとふわ〜っと良い香りがします(^.^)

なので、お客さまから「このウイスキーは何?」という質問が出るわけで。

あっ、それから作り方も元バーテンダーとしてちゃんと正しい?作り方で作っています。

これだけこだわったハイボールが、なんと298円(税込321円)

安いでしょ(^_-)




ちなみにブラックニッカ クリア以外でと言われる方には、料金はちょっと高くなりますが、その他ウイスキーのソーダ割もできます。


ぜひTAMARIでこだわりのハイボールをどうぞ・・・

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事