ここから本文です
TAMの家づくり
家づくりに役立てて下さい。

ハレの和室4題

お客さまをお招きしたり、法事を行ったり、茶会を行うハレの和室です。

1.古材を利用した和室

床柱や欅柱の古材を利用した和室です。書院窓も再生利用をしています。
古材の力強さに負けぬように、赤味秋田杉、漆和紙、手漉き楮紙や聚楽土壁など吟味した材料で引き締まった空間を演出しました。
天井一体照明は製作です。
イメージ 1

2.明るく落ち着きを演出した和室

黄聚楽色の壁、敷目天井、若草色の畳縁、襖紙はきらら版木押し、造作は檜で明るく落ち着きを演出した和室です。
イメージ 2

3.月と波を表現した和室

床の間の壁は下弦の月、書院は雲間の満月、障子の桟で波を表現しました。
カシュー塗の赤と黒。揉み和紙の金と銀が質感を高めています。

イメージ 3

4.茶室仕立ての和室

縁側に水屋のある茶室仕立ての和室です。
壁は黄土塗の大壁づくりです。
イメージ 4

イメージ 5







開くトラックバック(0)

在来浴室9題

私どもと住まいづくりをおこなう方でも、ユニットバスをご希望される方も多くおります。
防水のこと、清掃のこと、暖かさのご不安など経験や知識でご納得されているようです。
知識においては様々な情報がありますので、やはりご不安なら在来を強いてのおすすめはしておりません。
また、在来浴層では長期優良住宅の認定が困難です。
ここでは、私どもの設計した浴室をご紹介します。
イメージ 1

イメージ 2
1.里山の民家
青森ヒバの浴槽。
床、腰壁は抗菌効果のある麦飯石。
壁、天井は青森ヒバです。
やはり抗菌作用があります。
お母様のお住まいが檜の浴槽、浴室のため使用についてはご希望でした。
バスコートで坪庭を楽しめる浴室です。
イメージ 3
2.終の棲家ーやすらぎのデザイン
オール木曽檜の浴室です。
吐水口も檜で製作しました。
このクライアントさんの浴室づくりは3回目となります。最初は伊豆石の浴槽、2度めは浴槽を檜に入れ替え改修。
今回と同じ仕様に改修しました。
スノコは毎日たてかけて乾燥させています。
面倒ですがやはり床の木が良いそうです。
この浴室は娘夫妻に改修してお住まいを引き継ぎ、隣に建てたお住まいのものです。
イメージ 4
3.住まう楽しみ
浴槽はジャクソンのジャグジーです。
床、壁はライムストーン。天井は湿気に強いレッドシダーです。
全てがご希望の仕様です。
フルオープンの木製浴室窓から次女がコーデネイトした植物を見て楽しみます。
ライムストーンは多孔質で汚れが付きやすく浴室には不向きな材料ですが、シリコンをしみ込ませて対処しました。
イメージ 5
4.夢をかなえる住まい
浴槽はカルデバイの鋼板ホーローです。
壁は大理石調タイル。床はサーモタイル、天井は塗装アルミ形材パネル天井です。
大きな洋バスというご希望、清掃の楽な大判タイル、浴室暖房機、調色照明(白昼色から電球色)などご希望を具現化しました。
イメージ 6
5.個性ある上下分離2世帯住宅
鋳物ホーロー浴槽。
床、壁タイル張り。天井はレッドシダーの浴室です。
鋳物浴槽はその保温性と熱伝導で体の芯まで温めてくれます。重量は100KG近いので設置は十分な検討が必要です。
目地は汚れが目立たない濃いグレーとしました。
イメージ 8
6.小さな住まい
樹脂浴槽。
床、壁タイル張り。
天井はレッドシダーです。
わが家の浴室です。
木造2階で、上層階につくりました。
小規模で下地をしっかりつくりFRP防水を2層以上にすれば地震等による亀裂は起こりづらくなりますが、おすすめはしておりません。
階下に浴室があり2重の対策があります。
イメージ 7
7.木造耐火でつくる木の住まい(長期優良住宅)
ハーフユニットはTOTOの08です。
長期優良住宅の認定品です。
壁、天井は檜です。
長期優良住宅と2階浴室、在来木張りのご希望のためこのようなかたちとなりました。
イメージ 9
8.OUR CABIN OUR DIY
INAXのハーフユニットバス。
壁、天井は杉。
私どもの山小屋の浴室です。
ハーフユニットバスは経済的な価格ですが、浴槽一体のため設置は大変です。
壁、天井の杉板は外壁に使用した貫板で程度の良いもの(節のないもの)を加工して使っております。材料は超ローコストです。
材料塗装は両面ミヤキの木肌美人をDIYしました。
下地胴縁もしっかり同材で塗りました。
イメージ 10
9.百景楼-海の別荘
メトスのジャグジーの温泉です。
ボイラーの対応年数は10年程ですが、クライアントさんのご要望です。
床は伊豆石、壁、天井は檜張りです。
外部に露天風呂があります。
イメージ 11

開くトラックバック(0)

2階リビング窓の目隠し

わが家の西側に4階建ての共同住宅が完成。
2階リビング窓との窓の見合いを避けるために隣地に植えたわが家のシマトネリコの成果が試されるときがやってきました。
建設会社のご厚意で内覧をさせてもらいました。
4階までのわが家の窓の見え方を確認。
わが家からはちょっと心配ででしたが、予想は遥かに超えて満足行く目隠しになっていました。
イメージ 1
4階バルコニーからです。
イメージ 2
3階バルコニーからです。
イメージ 3
2階バルコニーからです。
イメージ 4
駐車場からです。
イメージ 5
焼印の銘板をつけました。

開くトラックバック(0)

浴室の椅子や桶は多くの方が樹脂製のものを使っていると思います。
木製のものは黒カビなどが付きやすいと敬遠されるものと思います。
肌に触れるものなので木製は気持ちが良いものと思いますので、
汚れである黒ガビ除去と湯垢汚れ落としで我が家が行っていることを紹介します。
毎日の清掃のときに、気にはかけていても出てくるのが黒カビと湯垢汚れです。
黒カビには殺菌消毒剤のピューラックスを使用します。
清掃前、後です。
イメージ 1

イメージ 2

湯垢汚れは主に石鹸カスと思われ木部を白くしています。
これにはクエン酸液を使用します。
清掃前、後です。
イメージ 3

イメージ 4

クエン酸液は水栓のクロームメッキの湯垢汚れも綺麗に落としてくれます。
金属に酸なので水洗いはしっかりしてください。


開くトラックバック(0)

屋根板金工事

最近は金属屋根材加工をメーカーに依頼する施工業者がほとんどです。

メーカー依頼の場合、特定の鋼板メーカー(色の制約)しか使用できないとか大きさ、納まりなど制約されることが多くなります。

設計では、クライアントと予め色合わせをしているためメーカー該当品を念頭に入れています。

今回の現場は久々に自社加工の業者さんで、私と同じ名前の新井さんです。
打合せ最初に横葺き材は横ジョイントは少ないほうがシンプルで綺麗だねということで、持参したジョイント見本(AKBオリジナルジョイント・命名がオジサン風)を採用、なんと屋根長16mを3枚継。
棟や破風などなども長尺で製作してくれました。

スタンデイングシームの現場長尺施工の経験はありましたが、プレス加工の長尺ものは施工、運搬などとても大変で、施工者からの提案はまさしく有り難いものです。

また、今回断熱・遮音のポリエチレンフォーム下張材の設計仕様については、ロールのポリエチレンフォームを下張して対応していただけました。

また、いつも懸案のケラバと棟の納まりなど図面を描くことなく現場で相談、スッキリ納めてもらいました。

こんなことが出来るのも、施工者のセンスと仕事に対する思いがあってこそです。

イメージ 1
AKBオリジナルジョイント
イメージ 2
下張り断熱・遮音ポリエチレンフォーム
イメージ 3
唐草ラインを強調したケラバ棟納まり

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事