ここから本文です
TAMの家づくり
家づくりに役立てて下さい。

書庫TAMの家づくり

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

ハレの和室4題

お客さまをお招きしたり、法事を行ったり、茶会を行うハレの和室です。

1.古材を利用した和室

床柱や欅柱の古材を利用した和室です。書院窓も再生利用をしています。
古材の力強さに負けぬように、赤味秋田杉、漆和紙、手漉き楮紙や聚楽土壁など吟味した材料で引き締まった空間を演出しました。
天井一体照明は製作です。
イメージ 1

2.明るく落ち着きを演出した和室

黄聚楽色の壁、敷目天井、若草色の畳縁、襖紙はきらら版木押し、造作は檜で明るく落ち着きを演出した和室です。
イメージ 2

3.月と波を表現した和室

床の間の壁は下弦の月、書院は雲間の満月、障子の桟で波を表現しました。
カシュー塗の赤と黒。揉み和紙の金と銀が質感を高めています。

イメージ 3

4.茶室仕立ての和室

縁側に水屋のある茶室仕立ての和室です。
壁は黄土塗の大壁づくりです。
イメージ 4

イメージ 5







開くトラックバック(0)

在来浴室9題

私どもと住まいづくりをおこなう方でも、ユニットバスをご希望される方も多くおります。
防水のこと、清掃のこと、暖かさのご不安など経験や知識でご納得されているようです。
知識においては様々な情報がありますので、やはりご不安なら在来を強いてのおすすめはしておりません。
また、在来浴層では長期優良住宅の認定が困難です。
ここでは、私どもの設計した浴室をご紹介します。
イメージ 1

イメージ 2
1.里山の民家
青森ヒバの浴槽。
床、腰壁は抗菌効果のある麦飯石。
壁、天井は青森ヒバです。
やはり抗菌作用があります。
お母様のお住まいが檜の浴槽、浴室のため使用についてはご希望でした。
バスコートで坪庭を楽しめる浴室です。
イメージ 3
2.終の棲家ーやすらぎのデザイン
オール木曽檜の浴室です。
吐水口も檜で製作しました。
このクライアントさんの浴室づくりは3回目となります。最初は伊豆石の浴槽、2度めは浴槽を檜に入れ替え改修。
今回と同じ仕様に改修しました。
スノコは毎日たてかけて乾燥させています。
面倒ですがやはり床の木が良いそうです。
この浴室は娘夫妻に改修してお住まいを引き継ぎ、隣に建てたお住まいのものです。
イメージ 4
3.住まう楽しみ
浴槽はジャクソンのジャグジーです。
床、壁はライムストーン。天井は湿気に強いレッドシダーです。
全てがご希望の仕様です。
フルオープンの木製浴室窓から次女がコーデネイトした植物を見て楽しみます。
ライムストーンは多孔質で汚れが付きやすく浴室には不向きな材料ですが、シリコンをしみ込ませて対処しました。
イメージ 5
4.夢をかなえる住まい
浴槽はカルデバイの鋼板ホーローです。
壁は大理石調タイル。床はサーモタイル、天井は塗装アルミ形材パネル天井です。
大きな洋バスというご希望、清掃の楽な大判タイル、浴室暖房機、調色照明(白昼色から電球色)などご希望を具現化しました。
イメージ 6
5.個性ある上下分離2世帯住宅
鋳物ホーロー浴槽。
床、壁タイル張り。天井はレッドシダーの浴室です。
鋳物浴槽はその保温性と熱伝導で体の芯まで温めてくれます。重量は100KG近いので設置は十分な検討が必要です。
目地は汚れが目立たない濃いグレーとしました。
イメージ 8
6.小さな住まい
樹脂浴槽。
床、壁タイル張り。
天井はレッドシダーです。
わが家の浴室です。
木造2階で、上層階につくりました。
小規模で下地をしっかりつくりFRP防水を2層以上にすれば地震等による亀裂は起こりづらくなりますが、おすすめはしておりません。
階下に浴室があり2重の対策があります。
イメージ 7
7.木造耐火でつくる木の住まい(長期優良住宅)
ハーフユニットはTOTOの08です。
長期優良住宅の認定品です。
壁、天井は檜です。
長期優良住宅と2階浴室、在来木張りのご希望のためこのようなかたちとなりました。
イメージ 9
8.OUR CABIN OUR DIY
INAXのハーフユニットバス。
壁、天井は杉。
私どもの山小屋の浴室です。
ハーフユニットバスは経済的な価格ですが、浴槽一体のため設置は大変です。
壁、天井の杉板は外壁に使用した貫板で程度の良いもの(節のないもの)を加工して使っております。材料は超ローコストです。
材料塗装は両面ミヤキの木肌美人をDIYしました。
下地胴縁もしっかり同材で塗りました。
イメージ 10
9.百景楼-海の別荘
メトスのジャグジーの温泉です。
ボイラーの対応年数は10年程ですが、クライアントさんのご要望です。
床は伊豆石、壁、天井は檜張りです。
外部に露天風呂があります。
イメージ 11

開くトラックバック(0)

外部木材は種類によらず主に日射、雨によりシルバーグレーに変色します。北面は色変化が少なく、庇下など日や雨のかからない部分との色違いがでるなど木を使う場合は、注意が必要です。
木材保護塗装も着色剤が紫外線防止のため色の薄いものは色変化が目立ちます。
私どもは、色変化も木材使用の楽しみだと考え、まずは色の目立たない木材保護塗装、変化してからの着色をおすすめしています。
イメージ 1

内部木材は経年で色変化が出ます。これもまた紫外線によるものです。
色が深くなるもの、色が薄くなるもの、当初の色はお気に入りでも色変化後が残念なものもあります。
色が薄くなるものは着色すればもとの雰囲気に戻りますが深くなるもの、残念なものはそのまま受け入れることになります。
今回の計画では和室の棚台に、杉の集成材をおすすめしましたが、新鮮なサンプル材ではイメージが伝わらないと思い、経年材も用意しました。
イメージ 2



開くトラックバック(0)

イメージ 1

ビルトインガレージのドア、主にシャッターは素材から価格から電動、手動の操作から設置スペースから提案しています。
建物開口部となるため、防火指定、延焼線位置も確認します。
防火設備となると鋼製シャッターなのですが、鋼製の場合は経年で作動音が大きいというご指摘を受けたことがあり、メンテナンスの頻度が高まります。
このことを受け、延焼線上に防火壁をつくり、軽量で作動音はより小さなアルミ製を最近竣工した住まいには提案しました。
価格的には鋼製が最も安価なのですが、防火戸となるとアルミ製よりかなり高額となります。
また、製品デザインのバリエーション、電動のリモコンオプションは防火戸より一般品に魅力があります。
イメージ 2
敷地境界側に防火壁をつくり、ガレージシャッターを延焼線外としています。アルミ電動オーバースライドドアです。オーバースライドドアはドア上部のオーバーヘッド部の寸法が小さく出来ます。
イメージ 3
建物左に車2台のガレージ、門右にバイクガレージ、右奥が車2台のガレージです。建物は築30年を超えました。当初左は木製オーバーハングドアの手動、後に木製オーバースライドドアの電動に改修しました。右奥は築11年で、建物の庭を挟んだかたちに住まいをつくっております。バイク置場シャッター、ガレージシャッターは電動アルミ巻上げ式です。天井スペースの木組みの関係で巻上げ式としました。
イメージ 4
先程の住まいの新築時です。
設計は宮脇檀、私が担当しました。
オーバーハングドアに入口をつけた設計です。
イメージ 5
木製上吊引戸のガレージドアです。
手動ですが、金物費が安価なため、全体として安価な製作が可能です。

開くトラックバック(0)

イメージ 1

壁につく高窓をハイサイドライトと呼びます。
窓と同じく採光・通風を確保するものですがより機能性をもたせて使います。

例えば、
隣家の窓とのお見合いを防ぐため、
庇に近く遮光を取りながら光を取入れ空間の広がりをつくるため、
天井に近く排気を行うため、
手元の壁が利用できるため等です。

問題もあります。
高い位置になるため清掃が不便です。
結露を生じる北側では清掃をおこたるとガラス取付部にカビが生え、
陽が燦々と入る南側では知らず知らずガラス取付の樹脂に縮が出て隙間穴が出てしまうこともあります。
窓の下枠は埃が付きやすく、そこに引き寄せたれた虫の死骸も見かけます。
また、開閉確認も面倒です。

メイットもデメリットもあるということで、実例をご覧ください。

イメージ 2
前掲載写真の内部です。
窓からは緑、
ハイサイドライトからは空が見えます。
法令に基づく内倒し排煙窓のため、
遮光ブラインドはその開閉を妨げないように取付けています。

イメージ 3
天井と軒裏を同一面として視界の邪魔をなくしました。
庇が夏の日差しを遮ります。

イメージ 4
吹抜け部の上部に配置したFIX窓。
外内部の清掃を相談した上で取付けました。
2階窓までは5m程度のハシゴがあれば手清掃出来ます。
高窓掃除ワーパーもあります。

イメージ 5
浴室の湿気排気窓です。
湿気を排出しながら、窓に冷気を降ろします。
多少のガラス曇止となります。

イメージ 6
ピアノ置場上の高窓。
書斎コーナーに午後の光を取込み、隣家の緑を借景します。


イメージ 7
階段室の窓。
窓かハイサイドライトかトップライトか判断が難しいところですが、
階段昇降時に頭が当たらないように取付けました。


開くトラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事