ここから本文です
TAMの家づくり
家づくりに役立てて下さい。

書庫住まいの設計

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

親家の隣に建つ住まい

都内の駅に近く親家の隣の祖父母の住まいがあった敷地に建てた住まいです。
駐車場、門廻りは既存共有です。
近住2世帯は、共に支え合える形として理想に近いものがあります。
クライアントはレンガ色がお好きで親家のポーチや既存駐車場床にも使われていたので、外観のイメージはレンガ色とテーマであるシンプル。
玄関ドアは木製防火戸。行き来する両親のための手摺を付けました。

イメージ 1


ご家族の希望で、2階テラスと屋上テラスがあります。
    イメージ 2

内部は白木の内装と造り付けの家具。

イメージ 3

屋上に上がる階段も木製です。

イメージ 4

この記事に

アルミ複層サッシ

YKKのアルミ複層サッシのエイピアJが3月末で販売終了となり、アルミ樹脂複層サッシのエピソードNEOとなります。アルミ複層はフレミングJとなります。
防火指定のある地域では防火サッシと非防火サッシの使い分けを行っていますが、防火サッシのアルミ複層の非防火対応としてエイピアJは枠、建具共類似性が多く採用しておりましたが、フレミングJとなると類似性は乏しく、他社サッシの方がより近くなります。エイピアJよりフレミングJをなくしたほうが良いかと思いました。

建具の内側を樹脂とするサッシが多くなっております。しかしながら、樹脂に対してアルミより劣化が大きいと感じまた、質感としてもアルミが好みの方が多くおります。

建具の内側が樹脂のほうが断熱性が高いことは容易に判断できますが、ガラスを含めたものなので、一般地域で複層ガラスとする場合は空気層がより大きくとれ、建具枠が小さなエイピアJの方が感覚として納得できます。

アルミ樹脂サッシは組み立て手間はかかると思いますが、材料価格はアルミより安価ではないでしょうか。エピソードNEOがエイピアJと同価格で販売出来ることもアルミ樹脂サッシが主流と位置づけるメーカーの思いも感じられます。

国の進める省エネ(断熱)基準の仕様も金融支援機構の融資の条件も後押しとなっています。

アルミサッシは住宅にとって必用不可欠なものなので、選択肢はより広くしてもらいたいものです。

私どもの山小屋は寒冷地にあり窓はエイピアJと木製建具を使っております。
冷え込みはマイナスとなり室内は20度程度、湿度70%での朝のサッシ面の写真です。

ガラス、枠に多少の結露は見られますが下枠のアングルが樹脂のため枠への結露水の染み出しはありません。

いろいろな条件によりますが、これも設計に役立つ経験です。




イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

壁紙について

イメージ 1
防火構造以上の木造の住まいをつくることが多い。
法規上の防火認定があるため内装下地はほとんどが石膏ボードになる。
そこで仕上げを決定するのだが、防火構造での予算アップがあるため、
内装仕上げは経済的な壁紙とすることがある。
壁紙は目地目立ちと出隅コーナーの擦り切れの印象が強く(ビニールクロスの公団に約10年の在住経験より)、目地の出ない寒冷紗張り水性アクリル樹脂塗装を多く使用してきたが、塗装手間が高額(材工2500円/㎡程度)となってしまったからという理由がある。
使用する壁紙は一般クロス(1000番台)というものだが、材工1000円/㎡からは大変経済的でもある。
今では機能性や環境性も製品仕様に大きく影響している。
造形性のよい塩化ビニール樹脂を発泡させ裏打紙に貼付けているものが主流である。
一時期、塩化ビニールの焼却(ダイオキシン発生)が問題となりオレフィン樹脂が環境配慮ということで出回ったが、壁紙リサイクル率の向上で主流を維持している。
抗菌や耐久、防汚のために樹脂シート(エバール等)を表面に貼り付けた製品もある。
樹脂(オレフィン等)の表面強化のためにEB(電子線)を照射したEBクロスなるものもある。
環境クロスと言われるものは、紙(パルプ、ケナフ、コットン等)、和紙、布等の環境負荷の少ない表層材に裏打紙を貼付たもの。
珪藻土クロスは表層紙に珪藻土を漉き込んだものだという解説。
紙の表層紙には樹脂(アクリル等)印刷シートを貼り、模様はプレスでつくる。
塗装壁紙(ルナファザー、オガファザー等)に近い。
和紙や布の表面の撥水、防汚はシリコン樹脂のローラー塗布となるため機能性は劣ると考えて良い。
住環境には様々な新しい素材(様々な樹脂)や技術が生まれている。
しかし、提供される情報はますます少なくなり、サンプル帳にあるべきサンプルは印刷となり、耳慣れない樹脂の名称が書かれている。
機能も抗菌、表面強化、防汚、自然素材という曖昧性の大きな言葉の表現となる。
環境問題という理由でそのサンプル帳も貸出制となってきているメーカーもある。
信用と選択というベルトコンベアーに乗れば当たり外れのないとことに行き着くとは思うが、疑いの強い設計者にはある程度の納得が必要となる。
知識と感性をもって納得したものをクライアントに提供したい。






この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

住宅のキッチンや洗面台に既成品を使うことが多くなってきている。
一番気になるところは既成品の使用材料の脆弱性である。
製作ならば芯材は練芯合板、本体面材ポリ合板、扉面材メラミン樹脂板とパブリックユースと同等の内容になるが、
既成品は芯材はパーチクルボード、本体面材塗装合板、扉面材樹脂シートとなる。
製作の面材は同じ樹脂でも厚みが数段違うものである。
既成品は部位により素材を替え対処を行っていて、細部デイテールで清掃性やきめ細やかな配慮をアピールしているし、かなわない部分も多くある。
既製キッチンや洗面台は昔より大分良くなり、製作は金額ではとてもかなわないものとなってきている。より既成品に希望を言うなら、生涯の使用に耐えうる内容のものとなってほしい。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

冬場のヒートショック(部屋間の温度差)問題は住まいを考える上で重要です。
但し、温度差の大きくなる寒冷地と一般地域は別に考える必用があります。

一般地では、断熱性の良い家にして少ないエネルギーで暖房を行えば、ヒートショックは少なくなります。

暖房を床暖房とすると、床からの輻射熱暖房のため部屋温度は20度前後とエアコンより低い室温で暖かい体感を感じます。断熱性の良い住まいなら、温度差は少なくなります。
暖房部屋を開け閉め(または、開放)することで暖気は流れ、より温度差の少ない部屋間となります。
温度差を少なくするため、強制的(換気扇)に部屋間換気(空気の入れ替え)を行う場合もあります。
出来れは開放(または開け閉め)をおすすめします。

浴室、トイレはシックハウス法(ホルムアルデヒド等の化学物質の放出・設計では化学物質は使用しません。)で一般に換気(排気)を行うため、浴室の水蒸気、トイレの臭気を放出し、室内の暖気を取り入れてることになりますので、最も必用な場所での温度差解消に役立っています。

熱交換換気(24時間換気)は給気(排出した空気の替り)の温度を上げて取り込む設備で、24時間換気は一般に部屋同士の熱交換も常時行いヒートショックをなくす設備で、高断熱高気密住宅とペアになる設備です。

ヒートショックを少なくする方法として、1階にリンビング、浴室などがある場合、床下(蓄熱)暖房による1階全体床暖房があります。
太陽光を利用したOMソーラー等床下温風暖房、ベタ基礎蓄熱暖房(SRC基礎)、床下蓄熱暖房(オンドル、温水)があります。

一般の床(板下)暖房と比べ設備が大掛かりになり、ランニングコスト、イニシャルコストが大きくなります。
床面温度は低くなりますが、全体に暖められれているためヒートショックはほとんどなく快適です。

体感や好みは個人差がありますので相談しながら決定します。

この記事に

開くトラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事