ここから本文です
TAMの家づくり
家づくりに役立てて下さい。

書庫住まいのDIY

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

わが家のキッチンはオリジナルデザインの製作家具です。
製作家具の場合、凝りすぎてコストが上がらないようにするためか、後々こうしたら良かったと思うところが出てきます。
炊飯器は使用しないときはしまいたいという思いと、水蒸気対策としてワゴン収納としました。
デザインで炊飯の作業性と衛生面を考えて、炊飯器置台下に普段使用しない調理器具の収納を設けましたが、床面に近いためか埃が付きやすい場所となり、使用前に清掃となり不便をしておりました。
今回、その場所に蓋をつけるDIYを行いました。
片面は塞ぎ、片面に蓋を設けました。
使用材はシナ合板です。
塞ぎ部は切断で多少の隙間が出ても塗装とコークボンドで綺麗に納まります。
蓋つまみと丁番が出っ張るためワゴン収納側板部につまみ避けガイドの硬質ウレタン材を取付けました。
全て手持ち品でつくることができました。
つまみは手芸材料の緑の木製ビーズです。
イメージ 1
炊飯器ワゴン。炊飯時は排気口を手前にし周りに水蒸気がかからないようにしています。
イメージ 2
収納時
イメージ 3
蓋付
イメージ 4
穴塞ぎ
イメージ 5
蓋開け。蓋は開けた状態で止まります。
イメージ 6
ガイドの硬質ウレタン。

12年半が過ぎようとしていますが、製作家具であり、扉をメンテナンスし易い塗装とし、傷つけば補修としているので、今回も含め、ビルトイン食洗機取替時のパネル問題などDIYもし易く(前回DIYブログ参照)、手づくり感があるためDIYもあまり目立たずに済みます。

開くトラックバック(0)

食洗機の取替え

1日に4回程度の使用のせいか、今まで数回の故障と部品の交換で12年目となり、いよいよ取替えられない故障のアラーム。そして新しいものとの取替え。
以前のものの後継機種であれば、DIYは割と簡単なことが判明。
しかしながら今回はフルオープンタイプを希望。
前は引出式が出始め使ってみることに、容量が少なく今回はフルオープンタイプ。両者のメリット・デメリットの説明も説得力が増します。
とりあえず、スペースに入ること取付DIYができそうなことを確認しネットで購入。
廃品は清掃センターへ持込処理。
作業し始めて設置は多少困難とみて応援を頼み無事設置。
仕様は経済的でパネル交換可能な化粧パネル式、塗装パネルを製作し取替え。
製作キッチンの面材が傷んだときDIYしやすい塗装としたことで違和感がなく納まりました。
イメージ 1
リンナイフルオープンタイプの配管は寸法が厳密のため設置断念。
イメージ 2
DIY塗装パネルを取付ける前の化粧パネル状態
イメージ 3

開くトラックバック(0)

お掃除刷毛の木

今年社会人になった次男が小学生の時につくった工作です。
課題は「アルミ線で自由につくる」。
今は我が家の「お掃除刷毛の木」という実用品として変化しながら活躍しています。
隣はおみくじ。
イメージ 1

開くトラックバック(0)

作業用の椅子は30年前の事務所開設時に購入したラスムッセンデザインのケビーのア−ムチェア。10年ほど前にアームのシエルの樹脂がひび割れ、布地の張替えと修理を依頼したのだが、また同じ部分にヒビが入るとともに、アーム部の布張り下地の樹脂の一部が破損してしまったようである。
今回の修理はFRPによるDIYに挑戦。
イメージ 1

イメージ 2
破損部分は粉々ではなかったので修理が可能のようだ。
アームのシェルは以前の補修と最近のテープによる簡易補修が残っていた。
イメージ 3
瞬間接着剤で留めてから、FRPによる両面固定。
イメージ 4
修理完了
次回は椅子張地張替えを計画



開くトラックバック(0)

我が家のグローエバス水栓の閉まりが悪くなりわずかながらポタポタ漏れることがある状態になってきた。
10年以上4人家族で使用しているため、カートリッジ等の部品交換の時期になったということだ。
グローエ水栓のカートリッジ交換は浄水器水栓で経験があるため今回もDIYに挑戦した。
イメージ 1
グローエから部品図を取り、状態説明と必用な部品の在庫確認。
今回は、セラミックカートリッジ、仕切弁、逆止弁の交換が必用とのこと。
近所の設備販売店小泉より取寄る。
部品図には必用な工具が書かれているため、工具確認。
イメージ 2
幸いにすべて手持ち。
以前の工事の時に購入した覚えがあるためそれが利用可ということかと思う。
バルブが無いため水道元栓を締めての作業となる。
イメージ 3
セラミックカートリッジ交換。
届いたものは幾つかの水栓の共有部品のため使う部分と不要の部分を試行錯誤。
既存パッキンを取り除いたものが通水して正解と判明。
イメージ 4
仕切弁、逆止弁交換。
仕切弁の化粧キャップは引っ張って外れるようなことを言われたと思い、これまたあれやこれや・・・廻して外れました。
逆止弁は上から叩き取り外し。
イメージ 5
通水確認をして完成。
イメージ 6
作業時間約30分。
やれやれと言う感じです。

国産のものはクランクに止水がついているので、元栓を閉めずに作業可。
クランクがついているため水栓取付時に施工誤差が多少あっても施工可能なんです。
クランクのないものは施工誤差を最小にしなくてはなりません。

部品点数の少なくシンプルな外国製か施工、メンテに柔軟に対応出来る国産か、
選ぶのはあなたです。


開くトラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事