ここから本文です
今日も元気にタナGO ★新赤組★
やっぱりタナゴは在来種に限る。

書庫全体表示

今日も元気にタナGO


8月30日(木)

晴れのち小雨


最近は週1でしか釣りに行けないの「晴れたら行きますタナゴ釣り」。

深夜の高速を走り気温は20度をきる涼しい快適さです。

なんとか夜明けギリギリに到着。

新ポイントも必要ですが実績のある前回ポイントから攻めるのは鉄則。

1投目からのアタリに期待して仕掛けを入れますがしばらくNP・・・

あ!!ヤバイ!!針が霞で使った新虹麟のままだった!!

ゼニの特徴か?個体の大きさや意外な食いっぷりから小さな針は飲み込まれる。

某針研ぎ名人作の新半月に付け替えて再開。

ゆっく〜〜りシモらせて、上げて〜下げて〜誘います。

止まったシモリがフワッと上がった瞬間が一番ビビッときます。

ヤリのような強引に引っ張るようなアタリとはまったく違いますね。

仕掛けの良さが光る瞬間です。

しばらくするとその瞬間が!

婚姻色80%ほどのナイスなオス。

イメージ 1


前回のプリップリのほぼMAX個体には及びませんが満足なスタート。


イメージ 2


が・・・しかしこの後なぜかNP、NP、NP。

10メートル間隔くらいで移動して仕掛けを投入するも頑張って1匹ほど。

何かが違うぞ↓↓・・・「釣り場は生きもの」を実感。

大きく移動していつもなら攻めない浅場へ。

浅いと思っても水がきれいなだけにそれなりの深さはあるんですね^^;

まずは「グルテン1で寄せよう作戦」でしたが2投目にいきなりヒット。

なんとここから怒涛の入れ食い爆烈確変状態へ。

メス、メス、メス、メス、メス・・・すべてメス。

繊細な釣りなんて言ってられない爆食い状態。

落としたエサにガァーーー!!っと寄ってくるのが見えます。

ポイポイポイ釣れポイしながら「ヤバイ・・・飽きてきた」と思った時!!

水面から出てきた瞬間にわかるほどのBIGサイズ。

一瞬BIGカネヒラ??と思うくらいの体高ある9センチのメスゼニ。

重っ!!!

イメージ 3


このBIGゼニ2匹を写真撮影用にキープ。

この大きさでバリバリ産卵してくれるなら来年も安泰だろうな。

もしかしてこのポイントは貝がたくさんある産卵場だったのか??

邪魔しちゃったかな??


イメージ 4


今回も平均して7センチ前後の個体が遊んでくれました。



イメージ 5






いつもナイス&コメントありがとうございます。^笑^

こんなダラダラつまらないブログですがよかったらクリックしてくださいね。


  • ゼニタナゴって見たことはないですが、意外と大きいものなのですね。

    shi*u*asin*apo*e

    2018/8/31(金) 午後 7:02

    返信する
  • > shi*u*asin*apo*eさん
    ありがとうございます。
    ゼニは貴重なタナゴです。
    どのタナゴも10センチクラスになると1センチ1センチに大きな差が出ますからね。

    [ 赤組 ]

    2018/9/1(土) 午前 10:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事