ここから本文です
労働安全・労働衛生に関するブログ
ご安全に。
思えば定年退職して2年を迎えようとしています。
44年間務めた会社生活を最後にした日から、早2年も経つかと思えば、月日の経つのは早いものです。
定年退職の日は、今でも鮮明に覚えています。
朝は、いつもと変わらない妻の「いってらっしゃい」の声を後に出社しました。
会社に着くと会議室で毎日行っているトレーニングを普段通り行いました。
丁度、この日の午前中は、災害調査日でした。
現場に出て挨拶回りをしている途中で、この調査に集まっている方にお礼の挨拶をして置きました。
退職日の最後の最後まで「自分の努力が足りなかったかな」と少し寂しくなりました。
どこの職場へ出向いても忙しく働かれており、自身の存在感の小ささを改めて実感しました。
そして、最後の工場食を食べて、最後のお礼メールを打ってPCを閉じたのが午後1時過ぎでした。
長い会社生活では、そりの合わない上司に自分を押し殺して仕えたこともあります。
会社の評価が納得できなくて「辞めたい」と思った時期もありました。
そんな会社でのうっぷんを家庭で出すこともあり、家族は我慢していたこともあったでしょう。
退職式の夕方までの数時間は、そんな思いが走馬灯のように浮かんできました。
そして、定年後の生活は、今までとは違ったものが求められてきます。
会社生活では、ある意味で温室の中で過ごしてきた感じです。
定年後は、自分の居場所は自身で見つけなければいけません
居場所を趣味の世界にするのもよし、新しい世界に踏み込む手もあります。
世界一の長寿国になった日本では、むしろ定年後の時間の方が長いのかもしれません。
その長い時間を健康で過ごすために、どこを居場所にするかは本当に大切です。
〈お詫び〉本ブログですが、諸事情により暫く休止させていただきます。
▽タイトル「眼」
イメージ 1

写真撮影は、私の兄三浦秋男氏です。

▽田中安全衛生コンサルタント事務所

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事