全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

今週の第二土曜日は普段は休みにしているのですが営業しようと思います。
その振替として今日の午前中は仕事を休みにしました。

横浜に新しく出来た
「横浜アンパンマンこどもミュージアム」
に行ってきました。

ここで失敗したことがあります。
平日だから、すいているかなって思っていったのですが・・・
週末運動会が多かったらしく、振替休みの子供がたくさんいました。
平日なのに入場するのに、1時間半待ちです。
(雨の中傘さして並びました)
連休中はすごく待ったんだろうなって思いました。
聞いた話だと、OPENしたての頃は待ち時間がすごかったみたいです。

子供ってアンパンマン好きですよね。

最初に三階までエレベーターで昇るんですが、係員の方がドアが閉まるときに
「バイバイキーン」って言うんです。
何だか照れましたね^^

携帯からの写真のせてみました。
デジカメ写真を明日辺りにのせてみようと思います。

http://www.tanakakinsei.com/
田中均整治療院

最近の患者さん

最近忙しくてなかなかブログが更新出来ませんでした。
楽しみに訪問して頂いた方すいません。


東京は先週の金曜日は暑かのですが、土曜日から急に冷えこみました。
10度位の気温差がありました。
その為、患者さんも結構体調を崩してしまった方が多くみられます。

実は体の体温バランスは、自律神経が関与しているんです。
しかし、今回のような急激な温度変化により、体も対応できなくなり、その為自律神経が乱れるのです。

気候により自律神経が乱れるますが、他にもいくつか原因がありますが、気圧も影響する場合があります。台風が近づいてくると調子が悪くなる人もいますね。
これは、すべての人が影響するわけではないのです。
そういう影響を受けやすい体質ってあるんですよ。
実は、体を見てみると分かるんですよ。

その他に、季節も影響します。
体調を崩しやすい時期ってありませんか?
これは結構感じている方が多いと思います。

これも体の不思議でおもしろいところです。


これから、寒い時期が近づいてきます。
体を冷やさないように気をつけてくださいね^^


http://www.tanakakinsei.com/
田中均整治療院

妊婦さんの睡眠(妊娠前から産後まで)

人が生きていく為に、睡眠は大切です。特に妊婦さんにとって、睡眠は本当に大事なものなのです。
実は妊婦さん独特の睡眠システムがあるのです。

<妊娠前>
女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがあります。
卵胞ホルモンは、月経から排卵までの間、さかんに分泌されます。
その卵胞ホルモンは覚醒を促します。
おおいに活動して受精のチャンスを増やそうとしているのです。

黄体ホルモンは、排卵後に多量に分泌されます。
黄体ホルモンは睡眠を促します。
月経に備えてしっかり休養させようとしているのです。
月経前になるとすごく眠いと感じる方も多いと思います。実はホルモンの関係なのです。
妊娠すると黄体ホルモンは、さらに活発に分泌され、眠気が一層強くなります。

<妊娠>
妊娠はとは、卵子が受精して分裂を繰り返し、数日後に子宮内膜に着床する事です。
妊娠の為に、“眠る事”は大きな役割を果たしています。
実は眠る事で、体がリラックスして筋肉の緊張が緩みます。
子宮内膜もゆるんで着床しやすくなるのです。
子宮の筋肉が緊張して硬くなっていると、受精卵が着床しにくくなります。
着床しても、子宮の筋肉が緊張で強く収縮する事で、流産につながる場合もあります。
その為、妊婦さんにとって、睡眠は本当に大切なのです。

<妊娠初期>
妊娠初期に黄体ホルモンが急激に上昇します。
その為、強い眠気に襲われます。
「母体の安定と胎児がおなかの中で成長する為にも、たくさん寝なければならない」という非常に優れた妊婦さんの睡眠システムなのです。
「穏やかに過ごしてね」の合図なのだと思います。
女性が本来持っているこの優れた睡眠システムに逆らわず、赤ちゃんの成長の為にも、睡眠を大切にすることは重要だと思います。

<妊娠中期>
ホルモンの分泌も安定してくるので、強い眠気が出るというようなことはなくなってくる時期です。

<妊娠後期>
逆に眠りにくくなります。
ホルモンの影響というよりも、おなかが大きくなり、体が重くなるなどが原因ですね。
近づいてくる出産や赤ちゃんを迎える生活への不安など、精神的なことが原因が余計に睡眠を邪魔しますね。
眠る事は大切ですので、できるだけラクな姿勢をとったりと、とにかくこの時期は穏やかに過ごす事が大切ですね。

<産後>
産後は、夜中の授乳などでまとまった睡眠時間がとりづらくなります。
この時期はあまり細かいことにこだわらず、眠れるときに眠る、という考え方で乗り切りる事ですね。
授乳をしていると、眠くなることがあります。
授乳には、プロラクチンというホルモンがたくさん分泌されます。
プロラクチンとそれを指令する放出ホルモンにも睡眠を促す作用がある為です。
赤ちゃんにおっぱいをあげながらママも寝てしまう、そんな事ありますね。
こんな理由があるのです。


妊婦さんにとって睡眠は本当に大切なものです。

お困りの方は、ご相談くださいね。
http://www.tanakakinsei.com/
田中均整治療院

リタリンとうつ病

昨日の朝日新聞を読んで

 依存性の高い向精神薬「リタリン」の乱用が広がっている問題で、製造・販売元の「ノバルティスファーマ」(東京都港区)が、適応症から難治性・遷延性うつ病を削除する方向で検討していることが分かりました。
最近このリタリンを覚せい剤の代用品として乱用して薬物依存症に陥る人が増えているようです。
ノバルティス社は2007年9月20日うつ病についての効能効果を取り下げる方針を固めました。
うつ病への処方の全面禁止は乱用への大きな歯止めとなりそうです。
 

 リタリンについて
リタリンは中枢神経興奮剤「塩酸メチルフェニデート」の商品名。1958年の販売開始以来、軽いうつ病に使われていたが、爽快(そうかい)感や多幸感が得られたり、食欲抑制効果があるため、若者を中心に乱用が社会問題化。旧厚生省は98年、通常の抗うつ薬では効果が不十分な難治性・遷延性うつ病に適応症を限定。

 しかし、インターネットの普及などで十分な診察もせずにリタリンを処方する医療機関の情報が簡単に手に入るようになったことを背景に、その後も乱用者が急増。適応症のない患者が掛け持ち受診して大量に入手したり、違法に売買するケースが増えてきました。また、国立精神・神経センター(東京都小平市)の調査結果によると、リタリンを乱用して依存症などの副作用で入・通院したケースが06年度、精神科病床を持つ全国の医療施設で15例に上り、2年前の約2倍になったことが明らかになっています。



 関係者によると、ノバルティス社は乱用に歯止めがかからない現状を重視。検討した結果
(1) 現在の科学水準に照らし、うつ病に効果があるとの十分な根拠が得られていない
(2) 他に効き目がある抗うつ薬が多数販売されている――として、適応症からうつ病を除外しても問題はない
と判断しました。不適切使用を理由に製薬会社が薬の効能を狭める申し出をするのは、極めて異例だそうです。
 うつ病が削除されれば、リタリンの適応症は「ナルコレプシー」(睡眠障害)だけとなります。この病気の患者は国内で約20万人程度と推計され、診断も脳波などの厳格な検査が必要なため、医療関係者は「うつ病を適応症から外せばリタリンの乱用は激減する」と期待されているそうです。
取下げが認められれば、医療保険が適用されなくなり、容易な処方を食い止める狙いがあるそうです。



また、リタリンという向精神薬は、ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状を抑える薬として知られていますが、実は日本ではADHDの患者へのリタリンの使用は、承認されていません。
 この薬は、うつ病患者にも使われることがあったのですが、一時的にはうつ状態が改善するようですが、後になってさらにうつ状態が悪化することが多いようで、最悪の場合には、自殺してしまうケースも報告されているようです。患者の中には、リタリンであることを知らされずに投与されていて、その結果、重度の依存症になってしまい、生活が破壊されてしまうケースもあるようです。
 みなさんの中にも、もしかしたら、うつ状態の改善や、ストレスを緩和するために、知らぬ間にリタリンが投与されているかもしれませんので、確認してみてください。
 リタリン(塩酸メチルフェニデート製剤)の形状は、白色の錠剤または散剤で、錠剤の場合には表面に識別コードである「 CG 202 」という記号が刻まれています。



 この薬を、うつ病に使用することを認められていたのは、日本だけだそうです。厚生労働省の対応、安易に処方してしまう医師にも問題があったのだと思います。このようなリタリンの問題は、薬害と言っていいのではないかと思います。
 薬物依存症系の境界例の人は、薬物の入手に注ぎ込んでいるその情熱を、あなた自身の境界例の治療や、依存症の治療に注ぎ込んでください。同じことの繰り返しから、もう抜け出しましょうよ。




最後に

当治療院では、うつ病の患者さんもそうですが、ADHD、境界性人格障害等の患者さんも来院しています。
それぞれの症状の、特徴的な体のゆがみがあるんです。
数回で治る事はありませんが、治療を行なうと、症状が軽減しているのがわかります。最終的には、薬の量を減らし、薬を服用せず生活することが出来るような治療を行なっています。

肉体的乱れからくる症状はもちろんつらいですが、精神的なものは本当につらいと思います。心も体も健康でなければ、本当の健康にはなれません。一緒に健康になれるようなお手伝いを当治療院では行なっています。


http://www.tanakakinsei.com/
田中均整治療院

イメージ 1

喉ががさがさする(いがらっぽい)事がありますよね。

そんな時は飴や喉飴を舐めたりしますね。
今日は自分で出来る方法について書きます。

このような場合、口の中で唾液をだし、喉にうるをいをつける事で、症状を改善させます。

唾液を出すことは、ホルモンのバランス・自律神経にも作用します。
唾液を出すことは、大切なんです。



よって今日は、唾液の出し方です。

絵のように、顎の内側を両手の親指で静かに軽く押圧すると、歯茎より唾液が出てきます。
出てきた唾液を飲むか口に貯めて、がさがさする部分を潤します。
(一回1〜3分位を、朝・昼・夜に行なう)

自己治癒力を生かした自分で出来る簡単な治療法でした!
喉ががさがさした時には是非お試しを。


http://www.tanakakinsei.com/
田中均整治療院


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事