全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

昨日辺りから、東京は暖かくなってきました。
これから暖かくなると、花粉の飛ぶ量が増えてきます。
花粉症についてです。
(長文になってしまいました)


花粉症とは?「別名:枯草熱(こそうねつ)とも言われます」
簡単にいうと、アレルギーの過剰反応です。
花粉症とは、花粉の飛ぶ季節にだけ症状が現れる季節性のアレルギーです。
植物の花粉に反応して鼻水やくしゃみなどを引き起こします。
アレルギー反応を起こす原因となる物質(抗原)を「アレルゲン」といいます。代表的なアレルゲンはスギ花粉です。他にもヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、カモガヤなど約50種類の植物があります。
実は、日本人の約20%が花粉症だといわれ、その数は年々増え続けています。

<花粉症の主な症状について>
花粉と接触してから数分〜数時間で、
くしゃみ、鼻水、鼻づまりや、目のかゆみ、涙、充血などの症状が現れます。ひどくなると、ぜんそく発作を引き起こすこともあり、皮膚のかゆみ、のどのかゆみなどの症状になる事もあります。また、胃や腸などがアレルギーを起こすと、消化不良や食欲不振、便秘や下痢、偏頭痛を伴うこともあります。


*花粉症の別名
・くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、花粉の飛散期に一致して症状がおこる、季節性アレルギー性鼻炎
・目の痒みや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状である、鼻炎同様に季節性アレルギー性結膜炎
・目症状は結膜花粉症(または花粉性結膜炎)
・皮膚症状は花粉症皮膚炎(または花粉皮膚炎)
・喘息の症状は花粉喘息
・喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎
などと別に呼ぶことがあります。


<花粉症の原因について>
花粉症患者が急激に増えた原因として、これまで2つのことが考えられていました。
1.戦後の国の造林計画によってスギ花粉が増加したため。
2.大気汚染の影響により、鼻等の粘膜が弱ったため。

そして、最近になって腸の免疫システムの崩れも花粉症に関係していることが認められるようになりました。

特に小腸は、食べ物を消化・吸収する臓器であると同時に、体全体の約60%の免疫細胞や抗体を持っています。免疫システムにおいて重要な役割を持つ小腸の免疫細胞の数や質のバランスが崩れると、アレルギーの病気になりやすくなることが分かってきました。
まだ、詳細についてはまだ解明されてなく、研究が続けられているそうです。



<花粉症のしくみ>
花粉症はアレルギー反応のひとつで、そのしくみは健康を保つ免疫システムと同じです。

(1)花粉がのどや鼻から入ってくる
「花粉」という異物(アレルゲン)が侵入し、リンパ球が「花粉」を侵入者と判断します。

(2)「花粉」に対抗するためにIgE抗体がつくられる
侵入してきた異物(アレルゲン)を排除しようとして、リンパ球で抗体がつくられます。

(3)再び花粉が侵入する
抗体ができたあとに再び花粉が侵入すると、抗体が肥満細胞にくっつきます。

(4)花粉をできる限り排除しようとする
その結果、肥満細胞からヒスタミンなどの炎症物質が分泌され、アレルギー反応が起こります。

(5)鼻水や目のかゆみが起こる
鼻水で花粉を洗い流そうとしたり、くしゃみで花粉を吹き飛ばそうとしたり、血管を広げて花粉の侵入を防ごうとします。





<均整(当治療院)の花粉症治療について>
花粉症の方は、花粉症独特の体の歪みになります。(花粉症に限らず様々なアレルギー体質の方も含みます)
簡単にいうと、花粉症の方は必ず、体のゆがみにねじれが生じます。多いのは、背中の上のほうのゆがみがねじれた形です。特に背中の上の方のゆがみが特に大きくなります。一見背中のねじれがなくても、足(下腿部)にねじれがある場合もあるんです。
実際花粉症の方の体をみると体にねじれがあり、ねじれがなくなると、花粉症が軽減・症状がでなくなるのです。

また、自律神経のバランスが崩れた場合は、より強い反応がでます。
どうしても自律神経をみだす原因には、睡眠の質の悪さは大きく影響します。また、五感も自律神経が大きく関与します。
まずは、目の疲れを減らしよく寝ることが大切です。頭の疲れやストレスや目の疲れ等は、背中の上の方のゆがみを強くする原因の一つです。睡眠は浅い睡眠と深い睡眠を繰り返していますが、深い睡眠(質の良い睡眠)で頭の疲れを解消します。良く寝ることの大切さはこの為でもあります。
また、鼻を咬みすぎると、上の方にのぼり余計に症状が悪化する場合がありますので、鼻のかみすぎは注意が必要です。

花粉症はある年から突然発症することがあります。そして、体のバランスを整えることで症状が軽減したりでなくなったりします。

様々な花粉症の薬がありますが、眠気が出たり頭がぼーっとしたり皮膚への影響が出たりと副作用がでることがあります。薬により花粉症がおさまるのですが、副作用に悩む方も多いのが現状です。
薬で安定させる事では、根本的な解決にはならず、また毎年毎年薬に頼らなくてはならなくなります。
体を安定させる事で、花粉の症状を出なく(出にくく)なれば、それが理想の花粉対策なのだと思います。

これから花粉がたくさん飛び出します。早めに体を安定させたほうが、より軽くすむことになりますので、花粉症にお悩みの方はご相談ください。




おまけ
*妊婦さんが花粉症がでにくくなる理由
妊娠すると胎児を成長させる為、母体の体が安定します。妊娠して良い状態である時は、体にねじれがありません。その為、花粉の症状がでにくくなるのです。
産後も体を安定させておくことで、花粉症が消えてしまうのです。逆もあるので、産後体を安定させる事は大切ですね。



http://www.tanakakinsei.jp/ 
町田・相模原の整体/田中均整治療院

花粉症についてー1

花粉症について

明日辺りに花粉症について更新しようと思います。

お楽しみに。


http://www.tanakakinsei.jp/ 
町田・相模原の整体/田中均整治療院

妊婦治療体験−2

このまえ妊娠4ヶ月を過ぎました。

一人目の時は悪阻は軽かったのですが、今回二人目は少し悪阻もでていたのですが、最近落ち着いてきました。

悪阻の時にでるポイントがあるのは以前書いたのですが、今回悪阻がきつい時には結構自律神経のバランスの悪さもしっかり出るんだと感じました。
妊娠初期には深い睡眠をとることが、重要なんだということがわかりました。


うちのは昔から花粉症持ちだったのですが、最近はあまり強くでていなかったので安心していたのですが、昨日家に帰ると
「くしゃみがでる」
とのことでした。

体を見てみると、花粉症独特の体のゆがみにはなっていませんでした。
しかし、自律神経のみだれは体にでていました。
「一昨日少しお腹を冷やしちゃった」
といっていたので、その影響かもしれません。

調整もしたので、今日はくしゃみがとまっていると思います。

妊娠前に花粉症の方も、妊娠中は花粉症がおさまることが多いです。
(詳しくは今度花粉症について書きますね)




週数のわりには二人目のせいか(皮膚がのびるのか^^)、お腹が結構大きくなっています。
うちの息子は他の赤ちゃんを見ても興味を持たなかったのですが、最近は赤ちゃんがいると、
「赤ちゃんいいこいいこしていい?抱っこしたい!」
っていうようになりました。お兄ちゃんになる自覚がでてきたのかも。
最近よく、ママと一緒にお腹をさわって、
「赤ちゃんかわいいね。いいこいいこ」
って言っています。

赤ちゃんにたくさん話しかけたり、なでなでしたりすることはいいことなので、妊婦のかたやまわりの方は話しかけたりなでなでしたりしてあげてくださいね^^



http://www.tanakakinsei.net/ 
町田・相模原の整体/田中均整治療院

パソコンから肩こり

イメージ 1

最近パソコンを使う仕事が多くなってきています。
今はパソコンがないと仕事にならないですよね。

疲れがたまってくると、どうしても肩こりに悩まされます。
そんな時の自分で出来る解消方法です。
(肩こりも参照してくださいね。)

1. 右手の中指の側面の外側(薬指側)を指の根元から指先まで擦ります。
場所は図を参照してください。
それを50回行ってください。
(注意 先端までしっかりと擦ってください)
実は爪の横辺りに目の調整ポイントがあるんです。


2.踝から下を、足湯などで温めて下さい。
夜寝る前に行うと、良い睡眠の効果も期待できます。


是非おためしを!



http://www.tanakakinsei.net/ 
町田・相模原の整体/田中均整治療院

均整治療での不妊治療とは

簡単に言うと、妊娠しやすい体を作ることです。体が安定していないと、やはり妊娠もしにくくなります。



<卵管因子による不妊>
実際の臨床経験では、卵管が癒着している場合は実は骨盤のある場所の動きに異常があらわれます。
卵管が癒着しているかどうか卵管造影検査をすると(聞いた話だと痛みがある事があるみたいですが)、それによって癒着が改善され、排卵が可能になる場合があります。その時に骨盤を観察してみると、骨盤の異常がなくなっています。卵管采の癒着になると卵管の癒着に比べ、卵管造影検査により癒着の改善は難しいといわれていますが、改善されることがあるみたいです。

逆にいうと、骨盤を調整することで、難しく時間がかかる場合がありますが、癒着を改善することも可能となります。

<卵管手術と体外受精のメリットとデメリット>
卵管の手術が「卵管の治療だけ」に行われるものに対し、体外受精は高い確率で直接妊娠を期待できます。
しかし卵管形成術は2人目3人目を望んだ場合に、自然妊娠を期待できるメリットもあります。また卵管形成術の費用は保険が利き自己負担10万円前後に対して、体外受精の場合は保険がきかず1回につき約40万円の自己負担となります。また、二人目以降も自然妊娠が難しい事です。


また、体外受精を行って妊娠し出産までの確率は、約20〜30%です。
体外受精をする際にも、やっぱり安定した体のほうが着床し妊娠がしやすくなります。
そんな着床しやすい体、出産に向けての健康な体へのお手伝いはできます。
骨盤に異常があることで、他にもホルモンバランスや血液循環のみだれがでやすくなります。

また、妊娠して体が安定すると、不思議なことに骨盤の異常がなくなります。ここでしっかり調整をしておくことで、二人目・三人目ができやすくなるのです。産後の体のメンテナンスの重要性はこんな理由もあるのです。



http://www.tanakakinsei.net/ 
町田・相模原の整体/田中均整治療院


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事