ここから本文です

Mamy

 先日10日の日、正法寺に大イチョウを見に行った時、ブロ友のKEいさんに会いました。前の日に我々の展示会に来て頂いた次の日でしたのでびっくりしました。
正法寺の後に行きましたのは、近くの物見山公園です。KEIさんの言う通り、ツツジが狂い咲きしていました。

1)小さい山一つが公園として整備されていました。以前よりずっと大きくなって。
イメージ 1

2)この様な道がずっと続いています。一緒にお付き合いください。
イメージ 2

3)未だモミジが綺麗に紅葉していました。
イメージ 3

4)此処には数年ぶりに来ました。
イメージ 4

5)
イメージ 5

6)KEIさんの言う通り、本当にツツジが咲いています。
イメージ 6

7)さらに進んで。もう夕方に近い時間でした。
イメージ 7

8)斜面を利用してこの様な歩道が整備されています。以前来た時は、この様に綺麗
  ではなかったです。
イメージ 8

9)世界平和祈念館も出来ています。斬新なデザインでとても綺麗。
イメージ 9

10)
イメージ 10

11)
イメージ 11

12)下の方から見上げて〜
イメージ 12

13)時間も時間ですのでこれから帰ろうかと思いましたら・・・
イメージ 13

14)他にも綺麗な紅葉が。
イメージ 14

15)なんと又、この様なピンクのツツジが綺麗に咲いて。
イメージ 15

16)赤の物も〜
イメージ 16

17)木全体に咲いています。
イメージ 17

18)今年の夏が暑すぎて冬が来たと同じ様な抵抗があったのでしょう。
イメージ 18

19)以前来た時には、昔の物見山はこの上だけだったような感じです。
イメージ 19

20)県道の入り口近くまで降りてきました。
イメージ 20

21)
イメージ 21


御覧頂き有難う御座います。


この記事に

開くトラックバック(0)

 11月26日に行った時は未だ大イチョウはグリーンでしたが、12月10日に行った時は黄金色に黄葉していました。落葉も半分ほどでした。
確か平成28年の台風で枝が折れて枝が半分ほどの細身になってしまいました。

樹高は約25メートル、根周りが約11メートル(株立ち)ほどもあり、
樹齢は700年を超えると推定されています。(正法寺のホームページから)

1)まずは11月26日に行った時の大イチョウ〜 根元が凄いんです。
イメージ 1

2)上の入り口の近くのモミジ〜 綺麗でした。
イメージ 2

3)水子地蔵〜
イメージ 3

4)薬師堂を見て。大イチョウは薬師堂の左側に在るんです。
イメージ 4

5)本堂と向かい合った像を見て。
イメージ 5

6)観音堂〜
イメージ 6

7)お線香立てからこの綱を引きますと、ドラが生る仕組みになっています。
イメージ 7

8)モミジとこの大イチョウが丁度良く黄葉すると良いのですが。
イメージ 8

9)薬師堂から見た大イチョウの根元。
イメージ 9

10)大イチョウの左側を見て。
イメージ 10

11)岩殿山・正法寺は坂東十番霊場になっています。
イメージ 11

12)このかやぶきの屋根の鐘楼が素朴で好きです。
イメージ 12

13)鐘楼道の脇から見た岩殿山の紅葉。この左の方が市街地です。
イメージ 13

14)此処のモミジの紅葉はもうすこし〜
イメージ 14

15)百地蔵堂〜
イメージ 15

16)この日はモミジが綺麗に紅葉していました。銀杏は未だ早かったです。
イメージ 16

17)一部黄色に色着いた大イチョウも良いですね。グリーンは初めて見ました。
イメージ 17


18)此処からは12月10日に行きました、大イチョウです。

イメージ 18

19)黄葉と未だグリーンの葉と落葉がそれぞれ1/3ずつでしょうか。
イメージ 19

20)落葉している黄色の絨毯がとても綺麗です。
イメージ 20

21)
イメージ 21

22)
イメージ 22


御覧頂き有難うございます。




この記事に

開くトラックバック(4)[NEW]

 11月26日にはクラブの人たちと皆で鎌北湖に紅葉を見に行って来ました。
ちょっと遅いかなと思いましが、未だ一部綺麗な紅葉を見る事が出来ました。

1)鎌北湖の一番西側から見た様子。着いた時には風もなく静かな湖面でした。
イメージ 1

2)
イメージ 2

3)そのうちに風が出て来てモミジが落ちて〜
イメージ 3

4)此処にはかなり沢山の釣り人が居ます。鯉が通っても知らん顔で〜
イメージ 4

5)
イメージ 5

6)水の傍の紅葉って良いですね。
イメージ 6

7)この湖には道路の脇にモミジがずらっと植えられています。
イメージ 7

8)
イメージ 8

9)
イメージ 9

10)水面に映り込む紅葉も良いですね。
イメージ 10

11)水面には落葉したモミジが落ちています。
イメージ 11

12)
イメージ 12

13)それでもまだ紅葉してないモミジも有るのです。
イメージ 13

14)此処は農業用水用に作らっれた人造湖、向こう岸迄近いです。
イメージ 14

15)ヘラブナ釣りをしている人たちと〜
イメージ 15

16)対岸の緑を見て。
イメージ 16

17)緑が入っているのも奇麗かな。
イメージ 17

18)湖の向こう側を見て。
イメージ 18

19)
イメージ 19


 御覧頂き有難う御座います。


この記事に

開くトラックバック(3)

 今回は大観音の堂宇内と、頭の後ろの展望迄の様子といたします。土、日は拝観料を払い大観音の堂宇内と観音様の頭までの螺旋階段を登れます。

1)中心には阿弥陀如来が鎮座しています。
イメージ 1

2)カラフルな不動明王が〜
イメージ 2

3)四天皇でしょうか。一体が1m程あります。
イメージ 3

4)吉祥天が目に留まります。頭の後ろが丁度ステンドになっています。
イメージ 4

5)天井はこの様な感じで8体の観音様がぐるっと〜
イメージ 5

6)ランタンとステンドグラス。
イメージ 6

7)ステンドグラスの観音様のお顔が〜
イメージ 7

8)少し階段を上るとアップで目の前に見られます。
イメージ 8

9)黒い33体の観音様と、後ろの棚には夥しい数の観音様が有ります。
イメージ 9

10)途中のステンド〜
イメージ 10

11)狭い螺旋階段をかなり登ります。126段との事。しかも結構段差もあります。
イメージ 11

12)お顔の中は流石に階段では無く、垂直のはしごです。頭をぶつけながら。
イメージ 12

13)周りの山々を見て。恐る恐る。畳一枚半ほどの広さは結構怖いですね。
イメージ 13

14)観音様の頭を見て。ここは上にも金網が有ります。
イメージ 14

15)下まで降りてきました。狭い螺旋階段で怖かったです。足が地について無い感じ
イメージ 15

16)今回思ったよりも綺麗な紅葉が見られて満足でした。
イメージ 16

17)やっと帰り道です。此処には又来たいです。
イメージ 17


御覧頂き有難う御座います。


この記事に

 今日から12月ですね。残すところあと一か月、今年も早いですね。
鳥居観音の続きです。

「白雲山鳥居観音」は埼玉百選に選ばれた観光名所であり、広さが約30ヘクタール(東京ドーム6.5個分)ほどあり、その山内各所には開祖平沼彌太郎氏(雅号:平沼桐工・埼玉銀行初代頭取と聞いています)が30年以上もの長い歳月をかけて築かれた建造物が存在します。山頂の救世大観音をシシンボルとしております。(鳥居観音のホームページより)
 同じ様な画像でごめんなさい。

1)救世大観音をすぐ前から見て。高さ33m・最後に頭の後ろ迄登ってみます。
イメージ 1

2)玄奘三蔵塔は西遊記でお馴染みの「玄奘三蔵法師」の霊骨が祀られていることでも
   有名です。観音様の階段の下から見て。
イメージ 2


3)鐘楼、五角形五本柱 高さ11m鳥居観音大梵鐘、口径1.2m 高さ1.7m
   昭和52年建立
イメージ 3

4)観音様の背に鳩の羽を模し、両手で霊水の入った壺を傾け、地球に注いで地球上の
 あらゆるものを浄化し、天地自然と共に人類の永久的繁栄を祈念して建立されました。
イメージ 4

5)大観音の下には資料室があり、後程ここに入り、観音様の天辺迄上ります。
イメージ 5

6)大観音の下にはこの様なレリーフが何枚もあります。沢山の塔婆も〜
イメージ 6

7)
イメージ 7

8)塔婆の枚数が判るでしょうか?
イメージ 8

9)お顔の後ろには畳一枚ほどの金網で囲まれた天望台が在ります。
イメージ 9

10)右下の+をクリックで拡大できます。
イメージ 10

11)大観音の足元に来ますと、納経堂の周りの紅葉が綺麗に見えます。人の姿も。
イメージ 11

12)土、日にはここを見学できます。3度ほど来ましたが、初めて入ります。
イメージ 12

13)東西南北には左にいる四天王が大観音を守っています。
イメージ 13

14)大観音の足元より見た三蔵塔〜
イメージ 14


御覧頂き有難う御座います。




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事