雑感−タナカ整体院|大阪府交野市

タナカ整体院|大阪府交野市 のブログへようこそ :ストレスケア・自律神経失調症・心身症に取り組む整体院です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

やけっぱち! その2


やけっぱち!その1  より続く)

─────────────────────────

…と、一通り説明をしてみたところ、


 「そんなん(自分の内側の原因を抑えること)考えたこともなかった…!!」

心身症と同じで、つい症状(行動)そのものを抑えることだけに目が行ってしまい、自分の心の中の症状を作り出している原因にまでは、なかなか思いが至らなかったようです。しかし、だんなさんの方も「本当はどうにかしたい!」という気持ちは強く持っておられたようで、その後、カウンセリングにも応じていただけました。

その日はカウンセリングと施術を受けて帰っていただいたのですが、数日後ご本人からメールをいただきました。 そのメールによると、あれから帰宅するや一年半放置した借金返済計画を策定、奥さん・カード会社・金融機関に掛け合うという行動を起こした(ついでに身体のコンディションも↑)。そして次回の予約は自分の意思で入れたいとのこと。

 で、さらにその翌日には、今度は最初に相談された奥さんからもメールが…


「…とにかく何かに追われるように(笑)矢継早に行動するので、逆に不安になるくらいでした。」

そしてこのメールの続きには、私と電話でお話した際、私が「どっちか片方だけが100%悪い、ということはないと思います…」という旨のことをお話したのですが、そのことが心に残っていると綴られていました。

私も心証が悪くなりそうなことを言ったものですが、この奥さんは真摯に受け止めていただいたようで、「ひょっとしたら私にも…」と、だんなさんに向かっていたベクトルを、奥さんご自身にも向けられたようなんです(経験上、こういう時に物事が動きやすいです)。

すごく勇気の要ることだと思いますが、以前『must(…ねばならない )を捨てたお母さん』というタイトルで、ご自身のお子さんに対する思いを変えられることで、お子さんのアトピーを改善させたお母さんの話をご紹介しましたが、恐らくこの奥さんにも同じことが起きたからこそ、今まで何を言っても動かなかっただんなさんが、迅速に行動に移せたんだと思います(表面上はまったく関係なさそうですが)。

私自身、最初にお話した通りこういった症例は初めてでした。だんなさんの核の中和というテーマはさらに進める必要を感じますが、奥さんの“ど本気”が諸々うまく運んでくれたからこそ、まずはいいスタートを切れたんだと思います(とてもいい経験になりました、ありがとうございました)。


────────────────────────

(ちなみにだんなさんのメルアドには、数年前に活躍した短距離牝馬の馬名がありました。ご本人曰く「やけっぱち馬券師時代の遺産ですな^^」…だそうです、笑)

やけっぱち! その1

イメージ 1
今日は8月31日、“宿題の日”ですね(笑、ちなみに私はキリギリス派でした^_^;)。

8月ももう終わりですが、今月はお盆休みもあった関係で、遠方から来院される方が比較的多かったです。

その一方で、今日来ていただいた方はお近くの方なんですが、なんと占いの先生に「あなたは(五行でいう)火と土が強すぎるので、自宅から北東の方角の整体院に行くように…」と言われた、という理由で来ていただきました(笑)。色んなご縁があるもんですね。病院経由はあっても占いの先生経由は初めてだったと思います(みなさんありがとうございます)。


────────────────────

初めてといえば今月は私自身、初めてともいえる相談に出会いました。ギャンブルへの依存です。

元々、その方(40歳代男性)の奥さんが電話で相談し、だんなさんの予約を取られたのですが、当日、ご本人が来院されて私が話を切り出すと、私もだんなさんもびっくり!

なんと奥さんからは「整体の予約取ったから行ってきて!」と言われただけで、カウンセリングをやる等、何も聞いてないとのこと(むちゃブリ!?)。

でも、確かに「カウンセリング受けて来て!」と言えば、だんなさんに拒まれる可能性も高いわけですし…一応普段私が心身症(ストレスに由来する身体症状)に対して行っていること、だんなさんの場合、私がお力になれそうこと、なれないことを、引きまくるだんなさんに(笑)小っちゃなホワイトボードを使って説明してみました(よく上記のようなモデルを使います。例のごとく絵心の無さはご勘弁を ^_^;)。


・通常の心因的要素の強い身体症状(心身症)の場合 

 =心の中の我々があずかり知れない部分(潜在意識)の中の核(未処理の感情等)が、自律神経(黄色矢印)を介して身体症状を作り出していると考えますので、まず原因となっている核を中和する目的でカウンセリングご自身での取り組みを指導することがメインになります。

身体症状はあくまで原因(核)に対する結果(置き換え)でしかないのですが、放っておくと胃潰瘍のように胃に穴をあけるくらいのことはやってのけますので、身体には徒手療法で対処しています。ただ核の中和が進んでいないのに、先に身体症状だけが改善されてしまうと、回避するための置き換えがなくなるわけですから、いきなり直で強烈な不安感に襲われたり、症状が再発したりするので、やはり核を中和させる作業が一番大切になります。

あと過剰なストレスを受けられている方の場合、大概身体の感覚が鈍くなっていますので(失体感症)、そういう意味でも身体へのアプローチは意味のないことではありません。

・この方の場合

 =やはり、ストレスを受けたときにギャンブルに向かわせる潜在意識下のプログラム(行動:赤矢印)の書き換え、核の中和がメインになりますので、カウンセリング、ご本人の取り組み等の作業が必要かと思いました。

(このプログラムは強力で、なかなか自分の意思の力ではギャンブル、酒、薬物、買い物、恋愛等への依存は断ちがたいものです)

・私がお力になれそうなこと

  ・カウンセリングご自身の心の中への取り組みアドバイス―原因である核を中和する目的で

  ・身体への施術―“借金で首が回らなくなる”と言いますが、身体へ刺激を入れることで緊張状態の筋肉・神経を和らげることと、自分の身体感覚を取り戻す目的で

・私がお力になれないこと

  ・当たり前ですが、この方の場合、身体で言うところの表面化している症状に当たるのは、増えて放置されたままの借金になりますが、その処理はそちらの出血を止めるお金のプロに相談されるなり、ご自身でネットで調べるなどしてもらうことになります。

やけっぱち!その2  へ続く )

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事