雑感−タナカ整体院|大阪府交野市

タナカ整体院|大阪府交野市 のブログへようこそ :ストレスケア・自律神経失調症・心身症に取り組む整体院です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ストレスと腰痛

一昨日いらした40歳代の男性。主訴は一年ほど前から続く腰痛。

お話を伺うと、症状がストレスから来ているのではと強く疑っているとのこと。 その理由として、症状が出始めた一年ほど前から、自分としてはあまり好きではないプロジェクトに加わった。症状が出るのは決まって通勤の電車の中、それも会社が近づくにつれて増強される、とのこと。

西洋医学的には整形外科的疾患として扱われることの多い腰痛ですが、ストレスが原因で発症することがあるのでしょうか(心療内科はあっても心療整形外科とかって聞かないですもんね)?

 

私は個人的にはあると考えています。

ぎっくり腰などは朝方顔を洗おうと屈んで…ってパターンが多いですが、お話を伺うと前の晩寝る直前に考え事をしていたり、お休みの日の朝は起こらなかったり、という方が結構います。

 

で、私もこの方と同じ意見でしたし、(この方の奥さまがそういうことに詳しいようで)この方にとって特に目新しい情報、役に立つ情報もないかもなぁと思いつつも、小っちゃいホワイトボードを使って術前の説明をすると


「…自分なりに色々経験したことからそうやと思ってたんですけれど、こうやって図で説明してもらえると、すごい整理できました。」

「あ、そう言ってもらえるとうれしいです。…で、何か(症状の)原因になるようなことって、心当たりあります?」

「はい、あります…(あることから)逃げまくってますわ(笑)」

 

この方と私が思っている通り(心因性)に、この症状が出来上がっているとしたら、施術は結果(身体症状)を変えるかもしれないが、それはあくまで対症療法になるかもしれない旨を了承していただいた上で施させていただきました。

 

施術後、症状は10→1?(痛みが感じられない)くらいに変化したのを確認して、今日やったことの説明などをはじめたのですが、数分後、また痛み(3,4くらい)が出てきました。

通常こういった場合、患者さんの反応としてはご自分の身体か私を責めることが多いと思いますが、この方は違いました。


「(目をキラキラさせて)…カラダって不思議ですね〜!!」

ある意味ご自身の仮説通りになったことがうれしかったのかと思いますが、痛みが再発してこんなリアクションを取られた方は初めてでした。

(この方の場合、私が指摘するまでもなく症状の因果関係を把握されていることもあり、特にカウンセリングの必要性も感じませんでしたので、様子を見て痛みが増強するか、もしくはご自身での取り組みが煮詰まったり、定期健診で要注意の項目もあったので時々腰も含めたケアに来ていただく、ということで終了しました)


───────────────────────────────

〜心理的要因によって身体症状が現れるのはきわめて正常だということを周知徹底させなくてはならない。その理由は明らかだ。日常生活にストレスや緊張を感じない者はいない。まじめで善良でありたいと思えば、なおさらだ。

「ごく普通の」人々が常にストレスにさらされ、無意識下に絶え間なく怒りや憤怒を発生させている。〜

  『心はなぜ腰痛を選ぶのか―サーノ博士の心身症治療プログラム 』 ジョン・E・サーノ著 長谷川淳史監訳 浅田仁子訳 春秋社刊より

───────────────────────────────

この記事に

イメージ 1
今朝、我が学び舎、岩船小学校の前を通ると、ちょうど今日は入学式でした。桜がきれいに咲き揃っていかにも入学式らしい、キラキラの光景でした(ご入学おめでとうございます)。

────────────────

心理的・社会的な要因で引き起こされる身体症状を心身症(しんしんしょう)といいますが、よく学校に行きたくない子がお腹イタになるのもそうですね。そういった場合、お腹イタ止めの薬を飲ませるよりお母さんの「今日は休んでなさい!」のツルの一声で“ピタッ”と止まったりします。

もちろん当の本人は、「よ〜し、今日は学校を休むためにお腹イタになるぞ〜!」などとは露ほどにも思っていなくて、ド本気で葛藤しているのですが、これが大人になるとさらに深刻になり「大の大人が情けない…」などと、つい自分を責めたりしてしまいます。(ちなみに私の場合、人前で話す直前など、緊張すると尿意の方を催します)

諸説ありますが、人の意識の中で自覚できる、本人の“あずかり知るところ”ともいえる表面意識は、腕を曲げたり、立ったり座ったりといったような随意運動に関与していますが、反対に意識の中の“あずかり知れないところ”ともいえる潜在意識は、あらゆる血管・内臓を支配する自律神経との関わりが指摘されています。

過剰なストレスが加わった時、例えば失恋した時などは食べ物がノドを通らなくなったりしますね。お医者さんから診断をもらうほどでなくても、誰しも一時的にでもそのような経験をされたことがあるかと思います。


心(潜在意識)の葛藤、トラウマ等 → 自律神経 → 身体症状

その表面意識と潜在意識の影響力というのは、よく氷山に例えられますが(上記図参照…絵心のなさはご勘弁ください)大雑把に表面意識1に対して潜在意識が9といわれています。とすればどんなに意志の強いまじめなかたでも所詮1:9の力関係、その上“あずかり知れないところ”に原因(トラウマ、無意識のうちに逃げている人生の課題など)があるとすれば、大の大人でもなかなか意志の力で症状を押さえ込めるものではありません。

この記事に


で、症状に心因的な要素が強く感じられる場合、整体師として私が何ができるかですが、基本的に原因(心)と結果(身体)、両方に働きかけます。カウンセリングと整体です。

ただ、多くの軽い症状の場合、心因的な要素と症状の間にご本人の中で因果関係が結びつき、合点がいくと特にカウンセリングの必要もなく通常一、ニ回の施術で終了します。

症状がきつかったり、何年も続いているようなものだと、カウンセリングやご自身の心に目を向ける、といった取り組みがどうしても必要になってきます。

 

心身症の場合、それは徒手療法の限界というよりも、薬だろうが外科的手術だろうが同じで、それらは結果(症状)をいじることで結果(症状)を変えようという目論見ですから、その症状を生じさせた原因(心)の方は手付かずになってしまう訳です。

例えば症状を目前に迫った戦闘機だとすると、それを徒手療法などで一時的にうまく追い払えたとしても、その戦闘機が飛び立ってきた滑走路(空母)であったり、燃料貯蔵タンクといった原因(みなもと)の方はそのまま残っているわけですから、また攻撃を受ける(症状再発の)可能性はとても高くなります。

その滑走路(みなもと)にアプローチしようと思うと、カウンセリングと何よりもご本人の努力がが必要になるのです。

 

そうは言っても、私の小さい頃のことを思うと十分理解できるのですが、特に年配の方の場合、昔の精神病院のイメージなどもあって、“自分の心に何らかの原因がある”というのは、とても恥ずべきことでもあるようで、私がその可能性を切り出すと即座に否定される方も多いです。

私の切り出し方もまずいのでしょうが、誰しもが大なり小なりストレスの影響下に生活しているわけで、特に酒やギャンブル、薬物、その他中毒と名の付く不健康な対処法に逃げない、まじめな方ほど身体症状として現れやすいものです。

それらは、決して恥ずべきものだとは思いません。


───────────────────────────────

心身症(精神身体症状)は仮病でも思い込みでもなく、現実の症状である。

ごく普通の人に発症し、西洋社会に蔓延している症状である。


───────────────────────────────

この記事に

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事