生涯一オタ。

まあつらつらと書きなぐったり。

全体表示

[ リスト ]

祭の後。

現在、関東在住の友人の家にて書き込み中。
そんなわけで「大麻帆良祭」に行って参りました。
すごかった。いろんな意味で。
いや、ホントに声優さん32人揃っちゃうと壮観ですな。
ありがとう、キングレコードその他関係者の皆さま。
とりあえず備忘録的に主観的メモを残しときます。
しっかりしたレポとかは有名サイトさんなどを参照のことw

昨日、自分は早朝の鈍行で出発。
iPodでひたすら、歌われそうな曲を聞きつつ会場最寄り駅に着いたのは16時過ぎ。
早速会場の幕張メッセイベントホールへ。
人がいっぱい。そして思ったよりおなごがいるw
会場内に入るとグッズ買いのすげぇ列。とりあえず並んでみたが、
グッズを入手したのは開演予定時間後。開演自体が遅れてくれて助かった。
で、自分の席に行ってみると「あれ!?」
アリーナの真ん中辺だと思ってた席は、ステージから中央に伸びる花道の先っぽの目の前。
実質最前ジャン!!!!こんなんだからゆかりんのライブではいつも後方支援…でもま、いっか!
そんな興奮が冷め切らないうちに開演です。

で、セットリスト。
1.麻帆良学園校歌
2.いつだってLove&Dream
3.魔法じかけは恋のライバル
4.にちようび
5.Girls,be ambitious〜シンデレラになろうよ〜
6.Invitation〜図書館へいらっしゃい〜
7.☆まか♥メチャ 不思議パラダイス
8.バカップル
9.ポンポン両手にあればWin
10.GLOW WILD
11.恋せよオトメ
12.It's my life
13.恋の面積 (Remix ver.)
14.KIZUNA (Remix ver.)
15.Maze of the dark
16.スキになってもe-よ
17.一人じゃないから
18.雨あがりの天使
19.出席番号のうた
20.健康一番
21.confession
22.オシエテ恋のIdiom
23.ときめきココナッツ
24.放課後ア☆ライブ
25.Believe
26.wish upon a star
27.戦え!バカレンジャー
28.聖なる空の下で
29.a precious pride
29.おしえてほしいぞぉ、師匠
30.ハッピー☆マテリアル(1番+1〜6月の2番+サビ)
〜アンコール〜
31.ハッピー☆マテリアル(メルディアナ合唱団Ver.)
32.輝く君へ〜peace

発表されてる曲全曲来ました。しっかり予習していったおかげで全曲事前理解済み。
あと思ったこととかを箇条書きに。時系列とかは無視。

・上記にもあるが事前発表どおりクラスメイト31人+ネギの声優陣勢ぞろい。圧巻。
 改めてこのブッキングを成し遂げた各関係者を称えたい。
・イベント自体はネギまソングを声優さんが入れ替わり立ち替わりひたすら歌う、という形。
 MCとかはアンコール後のキャスト全員挨拶以外はほとんど無く、各曲の余韻とかに浸る暇も無い。
 「全曲歌う」というのがこのイベントのコンセプトなんだろうけど、
 ちょとメリハリ感に欠けた気がする。
 また座る事がまったくできず、おっさんにはしんどい状況…。
・メンバーの衣装も曲ごとにほとんど変わっていく。ようこれだけ用意したなぁ、と感心。
 自分的ベスト衣装は「オシエテ恋のIdiom」時の佐藤利奈嬢&クラスメイト(誰かがいたか忘れた・・・)の
 ブラウス+チェックのスカート=制服風衣装。破壊力ありすぎ。
・ステージセットについて。
 ステージからアリーナ中央へとアリーナ脇左右へと花道が伸びている、という形。
 ステージ上は4段ぐらいの雛壇状のセット以外は何も無くシンプル。
 ステージ後ろには麻帆良学園のどでかい校章。
 ステージの両サイドに大スクリーンが一つづつ、計二つ。
 ステージ上の演者の皆さんをカメラが追い、そのスクリーン上に映し出すので、
 ステージから遠い席の人も安心、のはずが結構カメラが追いきれてなかったりw
 天井の照明を吊るす鉄パイプがでかいヘキサグラムをかたちどっているなど、
 微妙に凝ってるところもなんか笑えた。
・自分の席、最前パワー思ったほど発揮されず。中央花道まで歌い手の皆様がくることが少なかった。
 でも神田さんやほちゃはかなり近くでウォッチング完了。
・全体的に歌詞忘れ、振り忘れ、段取り忘れ、がちょくちょく発生。
 準備不足?でもまあこれだけ出演者がいるのだから仕方ないか。
・出席番号のうた全員分完走。
 この時のそれぞれの声優さんたちへの掛け声の大きさが人気のバロメーター、なのか?
 自分には1位ほちゃ、2位藍ぽん、3位まいたに聞こえた。
・中盤、いいんちょの歌開始時に何故かひどいノイズが入る。数曲はこの状況が続いた。
 しかし、いいんちょの中の人、皆川純子嬢はまったくひるむ気配なく歌い上げる。
 さすがや。
 純子さんはED時に『野太い声で「純子!」って呼んで!』と客にリクエスト。
 そして5000人の「純子」コール。
 他のイベントでは黄色い歓声を受けることのほうが多いであろう純子さん、満足げでしたw
・「恋の面積」でパラパラ、「健康一番」で体操。なんとか振りを合わせれた自分に満足。
・ちうの中の人は聞いた話どおりえらくちっこい人でした。
・上でも少し書いてるが、自分的にネギ先生の中の人、佐藤利奈たんにメロメロ。
 個人名義のCDが出るそうなので買っちゃおう。
・「ハッピーマテリアル」メドレー。
 前奏が流れた時点で1月メンバーのみステージにいたので、
 「あぁひょっとしてやっちゃうのかな?」と思ったら、
 やっぱり2月以降も各メンバーが各2番を歌ってくれました。
 とにかく飛びまくり。あとでざっと計算してみたら200回以上この曲だけで飛んでる。
 だから三十路のおっさんにはきついと言っておろうがw
・いろいろ大盤振る舞い。ブ○チ○やら谷○やら絶対領域の向k(ry
 このライブのDVDが出ることも発表されたが、そういう部分はやっぱカットされちゃうんだろうなぁ。
・ED時にネギま原作者、赤松健氏登場。非常に素人っぽいアクションに苦笑。
 赤松氏は事前に「重大発表する」とネットで言っていたものの、
 上の方(キング?講談社?)からストップをかけられはっきりとした発表はできず。
 でもなんとなく第2期など映像・音声メディアを通した新展開と思われる。
 とりあえず、ステージ上で渡されたマイクはその場で返してくれw
・ED時のメンバー挨拶で、裕奈の中の人=木村まどか嬢が自分の番が回って来たとたん、
 感極まったのか号泣。コメントにならないハプニング。
 そして会場からはとても暖かい声援が飛ぶ。自分も少しウルッと来た。
 木村嬢の隣にいたさよの中の人=白鳥由里嬢があたまなでなでしてギュっと抱きしめてあげてたのに、
 さらにキュンと来た。ええお姉さんぷり、さすがベテラン。
 

ま、こんな感じ。
全体で3時間弱のイベントでした。お腹いっぱい。
次のイベントが春にあるそうですが、このメンバー全員呼べるのか?
がんばれ、キング・講談社・各事務所・その他関係者の皆様。
それまで楽しみに生きていきます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事