タンコミ&パラシア通信

鶴の居る村「鶴居村」からタンチョウや自然のことをお知らせします

全体表示

[ リスト ]

タンチョウ救出

 あっという間に2017年度に突入ですね。今年度もよろしくお願いします。
 
 昨年度は満足に更新することができず、楽しみにしてくださっているみなさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 がんばって更新していきたいと思っていますが、今年度もあまりペースは上がらないかもしれません…

 さて、新年度1回目の投稿は「タンチョウ救出」です。

 3月26日に村内の農場内でいわゆる肥溜めにはまってしまったタンチョウの救出をしましたが、1週間も経たないうちに、またしても同じような救出を余儀なくされました(別の農場です)。

イメージ 1


 スラリーと呼ばれる糞尿の貯留槽にタンチョウがはまってしまったとの通報で早速駆けつけました。

 見た目は湿地のようなので、タンチョウはいいえさ場と思ってしまうのでしょうか。

 しかし、実際は底なし沼のような状態で(ここは深さ4m程度たまっているそうです)、降り立ったタンチョウはずぶずぶと足をとられ動けなくなってしまいます。

 前回同様2歳弱の個体。まさか同じ個体?

 救出しようと近づくと、スラリーの中央部へと移動して動けなくなり、救出に手間取りました。

 が、農家さんのご協力を得て、ロープをからだにひっかけて手繰り寄せ、なんとか引き上げました。

 当たり前ではありますが、引き上げるまでにじたばたするので、こちらもう○こにまみれてしまいました。今も私のからだからいい香りがします…

 引き上げ後は農場内で汚れを洗い流しました。

 汚れたままですと羽毛の保温機能が損なわれるため、きれいにしてあげることが肝心とのことです。

イメージ 2


 特にケガもないようでしたので、すぐにサンクチュアリ給餌場に搬送し、放鳥しました。

 前回のタンチョウは、放してもキョトンとした感じで、すぐには立ち去りませんでしたが、今日のタンチョウは私たちを威嚇したのち、猛然とダッシュして林の中に消え去りました。

 それにしてもこの1週間で二度のスラリーからの救出。万一、同じ個体だとすると二度あることは三度ある? いやぁ、考えたくもないですね。

 今回も前回もタンチョウが救出できたのは農家さんのタンチョウを思う気持ちがあればこそ。また、こういったときにすぐに駆けつけてくださる方々の存在は何とも心強いです。

 タンチョウには、どうか同じ過ちを繰り返さないでほしい… それこそが最高の恩返しです!

タンチョウコミュニティのHP http://tancomm.web.fc2.com
パラダイスシアターのHP http://parathea.web.fc2.com/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事