北朝鮮の木造船 軍の下請けで命がけの漁業、ノルマも 脱北者証言

12/7(木) 10:27配信
北海道新聞

水難事故絶えず「血みどろの戦い」
 【ソウル幸坂浩】北朝鮮の漁業の実態について、朝鮮人民軍で漁船の管理に携わり、2005年に脱北した男性(59)が6日、ソウル市内で北海道新聞の取材に対し「一般の国民が軍の下請けとして漁船に乗っている」と証言した。男性は渡島管内松前町沖で発見された木造船が出港した北東部の清(チョン)津(ジン)の元住民。危険な海に出漁し、水難事故が絶えない現状に「生存のため、命を賭けた血みどろの戦いをしている」と嘆いた。

【空撮動画】津軽海峡で海保が漂流船立ち入り

 「漁をしているのは、配給をもらうため軍部隊に登録した一般国民だ。月にいくら稼げとか、魚をいくら捕れとか、部隊ごとに計画がある」。松前町沖で発見された漁船が掲げていた「朝鮮人民軍第854軍部隊」のプレートについては、軍の承認を得ているものとの見方を示した。

 経済が破綻した北朝鮮では、軍も自給自足を迫られている。貴重な生産手段である漁業の許可を利権とし、個人が造った木造船を部隊に登録させていると説明。所属船は師団から中隊に至るまであり、軍以外にも、あらゆる団体に所属船の仕組みがあるいう。男性は「清津には木造船だけで1500隻程度あるだろう」と話した

この記事に

開く コメント(0)

 
<div class="alertBox">< div class="alert">< i></i><p>現在<em>JavaScriptが無効</em>になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。<br>JavaScriptの設定を変更する方法は<a href="https://www.yahoo-help.jp/app/noscript">こちら</a>。</p>< /div>< /div>

パレスチナ「和平努力台無し」=イスラエル、「歴史的」と歓迎

12/7(木) 6:06配信
北朝鮮の問題のさなか何故今なのか?いくら公約といえどもこのタイミングでは、新たな紛争を引き起こしただけとなる。武器を売りることが目的なのか。イスラエル支援者への見返りのためか!

 【エルサレム時事】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したと発表したことを受け、東エルサレムを首都とする国家樹立を目指しているパレスチナ自治政府のアッバス議長は6日、演説で「和平に向けた努力をすべて台無しにした」と強く批判した。

 一方、エルサレムを「不可分で永遠の首都」と主張するイスラエルは「歴史的な日」(ネタニヤフ首相)だと歓迎。イスラエルとパレスチナの和平交渉の再開は一層遠のいた。

 アッバス議長は演説で「容認できない措置」であり、「米国が和平プロセスの仲介役から退くという宣言だ」と反発。その上で地域の過激派を助長することになると警告した。

 パレスチナ自治区ガザを実効支配してきたイスラム原理主義組織ハマスは、「地域における米国の利益に対する地獄の扉を開けた」と「宣戦布告」した。

 一方、ネタニヤフ首相は動画メッセージで「トランプ氏の勇敢な正しい決断に心から感謝している」と称賛し、「和平促進に向けたトランプ氏の取り組みを反映するものだ」と持ち上げた。ただ「聖地の現状にいかなる変化ももたらさない」と強調し、デモや暴動を呼び掛けているパレスチナ側をけん制した。

この記事に

開く コメント(0)

介護報酬、プラス改定で調整…引き上げは微増

12/1(金) 6:05配信
介護職の質の低さでの犠牲者の問題は放置し続けるつもりか ! 研修修了者のヘルパーを介護職として認めるべきでない。   介護報酬を上げるまでに質を高めるべきであり、ケアマネの仕事は行政職員ですればいいし、介護職は行政が管理派遣することで介護事業所はいらなくなる。元来扶養義務の法律に従えば、在宅介護で介護する家族に対して介護保険料を支払うべきである。責任と人権を守れない介護事業所は廃止すべきである。
 政府・与党は30日、介護保険サービスの公定価格である介護報酬を2018年度から引き上げ、プラス改定とする方向で調整に入った。

 引き上げは微増にとどまる見通しだ。介護事業者が受け取る対価が増え、経営の改善が見込まれる一方、利用者の負担や介護保険料は増えることになる。

 政府は年末の予算編成作業で、具体的な引き上げ幅を決定する。介護報酬は原則3年ごとに見直され、12年度は1・2%の引き上げ、15年度は2・27%の引き下げだった。安倍内閣は「介護離職ゼロ」を掲げ、介護の受け皿整備や介護人材の処遇改善などを進めており、今回はプラス改定とすることで、政府の姿勢を示す必要があると判断した。

 政府は高齢化の進展に伴う社会保障費の伸び(自然増)を年間5000億円程度に抑制する目標を掲げている。18年度予算では自然増が約6300億円と見込まれ、約1300億円を削減する必要があった。この目標については、同じく18年度に改定される医療費の診療報酬のうち、医薬品などの価格である「薬価」部分が大幅に引き下げられる見通しとなり、介護報酬を引き上げても達成できるめどがついた。

この記事に

開く コメント(0)

八角理事長「大変な損失。断腸の思い」 日馬富士引退

11/29(水) 17:35配信
八角理事長の発言は不見識で犯罪意識がなく法治国家ではあってはならぬことを肯定賛美している。お相撲さんは程度が低い集団としか思はれない。理事長を辞職すべきだ

 大相撲の横綱日馬富士(33)が引退届を提出したことを受け、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は29日夕、コメントを発表した。内容は以下の通り。


 本日、横綱日馬富士から引退届が提出されました。

 暴行問題について「暴力を振るったことは事実であり、責任をとって引退したい」とのことでした。

 日馬富士は、肉体と精神の力を振り絞って、長年にわたり土俵を務めてくれました。とくに本年の9月場所では、3横綱が次々と休場する中、一人横綱として土俵を守り、優勝を果たしました。その日馬富士が、このような形で土俵を去ることは、日本相撲協会としましても大変な損失であり、非常に残念です。

 しかし、どのような理由があろうとも、暴力を肯定することはできません。日馬富士の意思を尊重し、引退届を受理しました。まさに断腸の思いです。

 今回の暴行問題では、鳥取県警にも相談の上、協会の危機管理委員会で日馬富士ら関係者からの事情聴取を行っています。今後も事実の解明に向け、全力を挙げる所存です。

この記事に

開く コメント(0)

北、米軍攻撃を警戒か…日本海発射にとどめる

11/29(水) 17:45配信
    日本国民を守るため、敵攻撃を受けたなら、報復攻撃ができる憲法に改憲すべきだ!
北朝鮮、米本土全域「攻撃可能」 正恩氏「歴史的大業」


 【ソウル=中島健太郎】北朝鮮が29日に約2か月半ぶりの弾道ミサイル発射に踏み切ったのは、米本土に到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の完成を急ぐ姿勢を改めて示す狙いがある。

 日本上空を通過させて太平洋上に落下させれば、米国の軍事攻撃を招きかねず、通常より高い角度の「ロフテッド軌道」で日本海への発射にとどめた可能性がある。

 韓国軍関係者は、今回のミサイル発射の意図について、米国のトランプ政権が今月20日に北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定し、国際社会が圧力を強めていることへの反発があるとみている。今月13日に北朝鮮の兵士が軍事境界線上の板門店を越えて亡命したことを受け、国内の内部結束を図っているとも分析した。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事