民進党の蓮舫代表が辞意 午後に記者会見

7/27(木) 13:32配信

二重国籍の問題、都議選の敗退と他党への移籍による議員の激減の責任と、党運営による離党議員がこれからも増えることを考えると、党運営能力の低さによる辞任は当たり前だ。
 民進党の蓮舫代表が周囲に辞意を漏らしていることが27日、分かった。党関係者が明らかにした。蓮舫氏は同日午後に記者会見し、進退について表明するとみられる。

【表でチェック】「父は台湾で、私は…」蓮舫氏の「二重国籍」問題をめぐる発言の変遷

 これに先立ち、民進党は臨時の執行役員会を国会内で開催。今月2日投開票の東京都議選で惨敗した責任を取って辞任する意向を表明していた野田佳彦幹事長の後任など執行部人事をめぐって協議したもようだ。

 都議選で民進党は告示前の7議席を割り込み、旧民主党時代も含めて過去最低の5議席と惨敗した。今月18日までに計6回開催した都議選総括のための国会議員会議では蓮舫代表の責任を問う声が出ていた。

 蓮舫氏は昭和42年生まれ。青山学院大学在学中に芸能界デビュー。タレント、キャスターなどを経て平成16年の参院選東京選挙区に旧民主党公認で立候補し、初当選。現在3期目。民主党政権では「仕分け」を担当し一躍有名になり、行政刷新担当相も務めた。昨年9月の民進党代表選に出馬し、前原誠司元外相らを破って就任したが、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」だったことが発覚し、説明を二転三転させた。

この記事に

開く コメント(0)


今井絵理子(SPEED)参議院議員が橋本健(神戸市議会議員)と不倫!略奪愛!
政治家の資質などない。人気だけで議員になることに問題があるので、議員資格試験制度を設けるべきである。

   

今井絵理子(スピード)参議院議員が、橋本健(神戸市議会議員)と不倫!安部政権終了のお知らせ

週刊新潮で今井絵理子の略奪愛がスクープされました。
今井絵理子議員の妻子持ちの神戸市議会議員と3日間のWhite Loveです。
支持率が危険水域で、ひん死の安倍内閣ですが、とどめを刺すのは女性議員の不倫スキャンダルになりそうです。
自民党女性議員と神戸市議の不倫です。
某誌が自民党所属の女性参院議員(33)と神戸市議の不倫をスクープへ。こちらも安倍政権に駄目押し。
この人は…!?
神戸市議の橋本健市議が税金である政活費で今井絵里子氏“応援”
新たな問題として、橋本健市議が政活費で今井絵理子参院議員との対談をし、パンフレットを作り、夏の参院選公示前日に配布していたことが分かりました。
神戸市会自民党市議団の橋本健市議(37)が、今井絵理子参院議員(33)との対談を掲載した市政報告を政務活動費(政活費)で制作し、昨夏の参院選公示前日に配布していたことが26日、分かった。
市議団は「税金で選挙応援をしたとの誤解を招く」として、2016年度政活費収支報告書を修正するとともに、印刷費や郵送代など約30万円の返還を申し出た。

参議院の自民党は33歳といえば今井 絵理子

今井 絵理子

今井 絵理子(いまい えりこ、1983年9月22日 – )は、日本の歌手、女優、政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)、女性ボーカル&ダンスグループ・SPEEDのメンバーである。
もうおなじみの元スピードのメンバーです。
沖縄出身のタレント議員で、資産約1億円公表などでも話題です。
   
週刊新潮は、自民党の神戸市議会議員である橋本健という妻子ある男性とホテルで一夜を過ごしたと報道しています。
橋本議員には妻と2人の子がおり、妻とは別居状態にりますが、離婚は成立していません。
つまり今井議員とは不倫関係に当たります。
これが今井議員の略奪だと報じています。

動画 – 元SPEED「今井絵理子」の“略奪不倫”現場

これが時間差でホテルを出る2人の動画です。
安倍チルドレンとして当選を果たした、元「SPEED」の今井絵理子・参議院議員(33)。聴覚障害のある息子を育てるシングルマザーでもある彼女が熱愛中の相手は、妻子ある地方議員。
「週刊新潮」の取材に、橋本議員は「恋愛感情もありませんよ」と交際を否定。一方、今井議員は好意を持っていることは認めながらも「男女の関係はありません」と回答。 “お泊り”については「深夜まで一緒に(講演)原稿を書いていたんです」と苦しい言い訳に終始しています。
「週刊新潮」では、手を握り合う2人、同宿するホテルでの今井議員のパジャマ姿をグラビアにて掲載するとともに、3日間にわたった熱愛の模様を報じています。
ずっと忘れない 離れてもくじけない 生きていく 今日から
やさしさと 勇気をくれたよね
愛が芽生えたJuly 最初のKiss 2人の合図 仲直りした夜
本当に愛してた
いつかまためぐり逢う
終わらない 今日は私の my graduation
歌詞ドンピシャすぎない?Julyだし
矛盾だらけの世の中じゃ
良いも悪いも興味ないよね

この記事に

開く コメント(0)

安倍首相事前に決まっていた日程をキャンセルして沖縄県民葬に出席

「やじが飛ぶことにならないか」 大田元沖縄知事の県民葬、安倍首相が異例の出席を決めた背景

7/26(水) 8:25配信
県民葬に参列した総理大臣に対しての礼儀をわきまえない沖縄人。日本国民の代表である安倍総理大臣に対する非礼は日本国民に対する非礼である。まして葬儀の式典での対応発言ではない。野蛮人的行為だ!
 安倍晋三首相が大田昌秀元沖縄県知事の県民葬に出席する。大田氏の在任時に日米が合意した米軍普天間飛行場の全面返還を推進し、沖縄に真摯(しんし)に向き合う姿勢を示す狙いもある。しかし、政府が普天間返還への「唯一の解決策」とする辺野古新基地建設は、大田氏が唱えた「基地のない平和な沖縄」と全く異なる。

【関連】「帰れ」「政治利用するな」 沖縄追悼式で首相と知事双方にやじ

 25日に東京都内で開かれた全国都道府県議会議長会で、事務局から報告があった。「明日の懇談会は首相の日程により急きょ延期します」。事前に決まっていた日程をキャンセルしてまで、首相は来県する。

 県は、知事経験者の県民葬に、時の首相を招待してきた。1997年に開かれた元琉球政府行政主席で初代県知事の屋良朝苗氏の県民葬には、当時の橋本龍太郎首相が参列。01年に亡くなった西銘順治元知事の際には、首相代理で尾身幸次沖縄担当相(当時)が出席した。

 ただ、招待とはいえ、首相が特定自治体の首長経験者の式典に出席すること自体は異例だ。政府関係者は「歴代知事の中でも、戦争を体験し平和を求めた大田さんに対する県民のシンパシーは別格だ。辺野古問題で前面に立つのは官房長官。距離を置く首相が負担軽減を語るいい機会だ」と説明する。

 県民葬を前に、県は再び国を相手に提訴した。悼む場で対立する雰囲気は漂わせたくないが、両者の関係は冷え込んでいる。「知事はどういうあいさつをするのか。せっかく出席した首相にやじが飛ぶことにならないか」。別の関係者は、慰霊の日の沖縄全戦没者追悼式で見られるように抗議の声が浴びせられることを懸念した。

 県は、前例に倣い案内状を送付したが、首相の出席ではなく沖縄担当相の代読を想定していた。県幹部は「本当に出席するのか」と驚きつつ「基地、政治問題は抜きに、大田元知事をしのびに来るのだろう」と話す。

 一方で、別の幹部は支持率下落が続く現状に触れ、「県民葬出席による首相へのマイナス要素は一つもない」と、判断の裏には世論対策の意図もあるとの見方を示した。

この記事に

開く コメント(0)

 大田元知事の県民葬始まる

安倍首相「基地負担軽減に全力」 

7/26(水) 15:00配信
平和を望まない者などいない。日本がアメリカよりいまだに独立をしていない環境を整えようとしても、民進党、共産党、社民党、自由党など野党は自衛隊の存在さえ憲法違反である主張をしている。いかなる在日外国軍隊基地を排除し自衛隊ではなく軍隊を保持することに協力しないではないか。自主独立国家になるための軍隊の必要性はあるにかかわらず、すぐに戦争と結び付けて反対することでは、いつになっても自主独立国家などできない。日本国民に安心安全な生活などの保障はない。

 故大田昌秀元沖縄県知事の県民葬が26日午後2時から、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で開かれ、県内外からの参加者が平和行政を推進し、米軍基地の負担軽減に取り組んだ大田さんとの最後の別れを惜しんだ。

 実行委員長の翁長雄志知事は式辞で「平和・自立・共生を県政運営の柱に据え、沖縄が抱える諸問題の解決に心血を注がれた」と大田さんの功績をたたえた。また「平和を愛する共生の心」という大田さんの理念を受け継ぎ、「未来を担う子や孫が心穏やかに笑顔で暮らせる沖縄を築く」と誓った。

 政府代表で出席した安倍晋三首相は追悼の辞で、大田さんの在任中の米軍普天間飛行場返還合意や日米特別行動委員会(SACO)最終報告を挙げ「歴史的な出来事だった」と振り返り、「大田元知事が心を砕かれていた沖縄の基地負担の軽減に引き続き全力を尽くす」と決意を示した。

 大田さんは1925年生まれ、旧具志川村(現久米島町)出身。沖縄師範学校に進み、45年4月、19歳の時、沖縄戦で鉄血勤皇隊に動員された。

 琉球大学の教授としてジャーナリズム論をはじめ、沖縄戦や戦後史研究の第一人者として活躍。90年の知事選に革新統一候補で出馬、初当選を果たし、98年まで2期務めた。2001年に参院選比例区で社民党から出馬し、当選。07年に政界から引退した。

 大田さんは92歳の誕生日だった6月12日、肺炎と呼吸不全のため、亡くなった。県民葬はいずれも知事を務めた屋良朝苗さん、西銘順治さんの死去後に実施されており、3度目となる。

この記事に

開く コメント(0)

      「加計」学部開設時期・参院
前川氏「合理的説明なし」=政府側「公正中立な決定」
        
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0170710at66_t.jpg
参院閉会中審査で答弁する参考人の前川喜平前文科事務次官(手前)。左奥は萩生田光一官房副長官=10日午後、国会内
 参院文教科学、内閣両委員会は10日、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、合同で閉会中審査を行った。衆院に続いて前川喜平前文部科学事務次官が参考人として出席。2018年4月とされた同学部の開設時期について、前川氏が「合理的な説明がどこにもなかった」と疑問を呈したのに対し、国家戦略特区を所管する山本幸三地方創生担当相は「公正中立な意思決定だ」と反論した。
 前川氏は、学部開設時期をめぐる政府内の調整に関し「『官邸の最高レベルが言っている』『総理のご意向』という説明しかなかった」と指摘。山本担当相は、単に獣医学部の早期開設を図る観点から「最速のスケジュール」を設定したと説明した。
 与党側が参考人として求めた加戸守行前愛媛県知事は「国家戦略特区が岩盤にドリルで穴をあけてくれた。ゆがめられた行政が正された」と、同計画の正当性を強調した。自民党の青山繁晴氏、共産党の田村智子氏への答弁。
 前川氏は、首相官邸で同計画に関わった和泉洋人首相補佐官について「『霞が関』中の要所をつかんでいる。和泉補佐官を中心として、官邸の関与があると明らかに推測される」と訴えた。日本維新の会の清水貴之氏への答弁。
 文科省の調査では確認されていない萩生田光一官房副長官の関与の可能性を示す昨年10月7日付の文書について、前川氏は「探せば出てくる」と指摘した。民進党の蓮舫代表への答弁。
 同文書によれば、同計画をめぐる政府内調整について、萩生田氏が「私の方で整理しよう」などと発言したとされる。前川氏の主張を受け、蓮舫氏は文科省に追加調査を要求。松野博一文科相は「前回の調査で十分に合理的な範囲における調査がなされた」と拒否した。(2017/07/10-19:35)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事