北朝鮮ミサイル発射にトランプ激怒!青山繁晴氏、「年内にも北朝鮮で有事が発生する可能性」を指摘

AbemaTIMES 4/30(日) 16:08配信    


 新たなミサイル発射実験が行われ、日本国内でも地下鉄を止めるなどの措置が取られた北朝鮮情勢。引き続き、予断を許さない状況だ。

 北朝鮮は29日午前5時半ごろ、北東に向けミサイルを発射した。韓国軍によると、ミサイルは高さ71kmまで上昇し、数分後に空中爆発した。発射は失敗したものとみられる。

 CNNなどによると、発射されたミサイルは新型の準長距離ミサイル「KN-17」だったということだ。今回の発射は30日まで韓国で行われる過去最大規模の米韓合同軍事演習や朝鮮半島近海に向かっている空母「カール・ビンソン」の動きに反発を示したものとみられている。

 今回のミサイル発射についてトランプ大統領は「北朝鮮は成功しなかったがミサイルを発射し、中国や習主席の願いをないがしろにした。最悪だ」とツイッターで非難した。

 25日の朝鮮人民軍創建85周年を祝う建軍節で核実験はなかったが、300門の長距離砲による一斉砲撃など史上最大規模の軍事演習が行われた。潜水艦によるカール・ビンソンを意識した魚雷攻撃も行われた。

 カール・ビンソンは自衛隊と共同訓練を実施した。さらに巡航ミサイル「トマホーク」150発以上を搭載した原子力潜水艦「ミシガン」が釜山に入港した。アメリカは米韓合同軍事演習の様子を公開し、カリフォルニアの空軍基地から大陸間弾道ミサイルの発射実験を実施した。その射程距離は1万3千kmで北朝鮮の平壌を直接攻撃することができる。米軍太平洋軍のハリス司令官は議会で「北朝鮮が核を行使した場合、多くの韓国人や日本人が死ぬということだ。朝鮮半島の危機は本物で、今まで見た中で最悪だ」と証言した。

 北朝鮮包囲網にブレーキをかけているのがロシアだ。ロシアのラブロフ外相は「北朝鮮の脅威を口実にしたアメリカと同盟国による行き過ぎた軍事行動で、朝鮮半島情勢は悪化し、深刻な懸念をよんでいる」と発言した。

 イギリスの「デイリー・メール」はロシア軍が北朝鮮との国境地帯に展開していると報じた。貨物列車で戦車が運ばれる様子や軍用ヘリが次々に飛んでいく動画などをホームページに載せている。しかし、ロシアメディアは演習の一環で北朝鮮問題とは無関係だと報じている。

 シリア爆撃をめぐってアメリカと対立するロシアは、中国も反対しなかった北朝鮮のミサイル発射を非難する安保理声明に1カ国だけ異議を唱えた。日本が入港を禁じている万景峰号を使って、北朝鮮とウラジオストクを結ぶ定期航路を5月に開設するといい、経済制裁の抜け穴になりかねないと懸念されている。

 中国中央テレビは、平壌ではほぼ全てのガソリンスタンドがストップし、外交官ナンバーの車への供給も制限されていると報じた。北朝鮮は石油の輸入の95%を中国に依存しているという。アメリカから経済制裁の強化を強く求められている中国が北朝鮮の生命線とも言われる石油の供給を制限した可能性があるとみられている。

 参議院議員の青山繁晴氏は「あくまで個人的な見方だが、年内にはまさかの事態があり得ると思っている。4月、5月にはないが」と年内にも北朝鮮で有事が発生する可能性を指摘した。

この記事に

開く コメント(0)

海自艦、初の米艦防護へ 四国沖まで、安保法制に基づき

朝日新聞デジタル 4/30(日) 5:05配信    
国内日本国民の避難対策はどうなっているのか。

 2015年に成立した安全保障関連法に基づいて、平時から自衛隊が米軍の艦船などを守る「武器等防護」を実施するよう、稲田朋美防衛相が初めて自衛隊に命じたことが分かった。米海軍の補給艦が防護対象という。複数の政府関係者が明らかにした。

【写真】長崎・壱岐の北西約20キロを航行する米海軍の原子力空母カールビンソン=29日午前10時2分、朝日新聞社機から、迫和義撮影

 米軍からのニーズが高かった任務で、自衛隊法に基づき、防護のために自衛官は必要最小限の範囲で武器を使える。昨年11月から12月にかけて南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の部隊に「駆けつけ警護」の任務が加えられたのに続き、安保法制に基づく自衛隊の任務が本格化する。

 政府関係者によると、海上自衛隊の護衛艦「いずも」が5月1日午前に横須賀基地(神奈川県)を出港。房総半島沖周辺で米海軍の補給艦と合流し、四国沖までこの補給艦を守りながら一緒に航行する計画とされる。

 この補給艦は、北朝鮮による弾道ミサイル発射への警戒をはじめ、日本近海で情報収集などをしている米太平洋艦隊の艦船に補給する見通し。29日に対馬海峡から日本海に入った米海軍原子力空母カールビンソンの艦隊に補給する可能性もあるという。カールビンソンは北朝鮮のさらなる挑発を抑えるため、同日から日本海で韓国海軍と合同訓練を始めた。訓練には韓国海軍のイージス駆逐艦「世宗大王」や哨戒機などが参加している。

この記事に

開く コメント(0)

ローマ法王、北朝鮮との交渉を呼び掛け ノルウェーの仲介に言及

AFP=時事 4/30(日) 11:58配信    
北朝鮮に時間を与えれば核開発を進めていくだけだ。今が北朝鮮をたたく最後の機会だ!

【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は29日、北朝鮮の核兵器開発をめぐり緊張が高まっている問題について、交渉での解決を呼び掛けた。

【写真】エジプトでシシ大統領と会談した法王

 法王はエジプト訪問後の帰りの専用機の中で「外交的解決を視野に入れた交渉」が必要だと語った。「世界には自ら手を挙げる仲介役はたくさんいる。例えば、ノルウェーは助けの手を差し伸べられるだろう」 【翻訳編集】 AFPBB News

この記事に

開く コメント(0)

僕の菜園

僕の家庭菜園風景
  有機農業だよ!雑草は手作業で除去していて、毎日草取りをしています。
イメージ 1
ジャガイモ ・  ピーマン

イメージ 2
太ネギ ・ スティックブロッコリ
イメージ 3
きゅうり ・ 唐辛子

イメージ 4
大根  ・  レタス
イメージ 5

トマト 

この記事に

開く コメント(0)

講演料は4500万円=オバマ氏の高額報酬が波紋―米

時事通信 4/29(土) 14:42配信    
信じがたい高額報酬だ!

 【ワシントン時事】オバマ前米大統領が9月に予定しているニューヨーク・ウォール街での講演が波紋を広げている。

 報酬が40万ドル(約4500万円)に上り、ウォール街を「太った猫」と批判してきた大統領時代のイメージと懸け離れているためだ。

 米メディアによると、オバマ氏が出席するのは投資銀行キャンター・フィッツジェラルドが主催する医療関係の会議。昼食会で基調講演を行う。40万ドルは高額の講演料を批判されたクリントン元国務長官の約2倍で、大統領の年間の給料とほぼ同額だ。

 これに対し、ワシントン・ポスト紙は「民主党のウォール街批判は見せ掛けだと思われる危険がある」と指摘。同党リベラル派のウォーレン上院議員は「困惑している」と漏らし、サンダース上院議員も「人々がウォール街に不満を募らせている時に残念だ」と語った。

 トランプ大統領も28日、自身は庶民の味方だと言わんばかりに、民主党内の動揺を伝えるニュース記事をツイッターでリツイート。米メディアの間では、オバマ氏は契約再考を余儀なくされるかもしれないという見方も出ている。 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事