ここから本文です

書庫New未分類

すべて表示

表題の数学月間流勉強会を,6月28日,15:00−17:00に実施します.
お気軽にご参加ください.
会場は,東大出版会,会議室です.ちょっと静かなわかり難い場所なので
道順を説明しましょう.
駒場東大前駅下車西口改札を出て,右手に進み高架下をくぐり,線路を左手に見ながら進みます.パン屋の付近の踏切(渡りません)あたりで,敷地内の様な裏道に入り,しばらく進みます.駅から400mくらいの距離です.
東大構内ではありませんので,ご注意ください.
東京大学出版会 〒153-0041 東京都目黒区駒場4-5-29 
http://www.utp.or.jp/gaiyou/map_komaba.jpg

今回の勉強会は,「繰り返し模様の対称性」(結晶空間群)の話です.
1832.5.29決闘で亡くなったガロアが作った群論という数学に係わります.
5次方程式の解は,代数計算を繰り返しても得られないことを証明するときに考えた抽象数学です.同じ時代に,結晶学者は,単位胞が繰り返す結晶の内部構造の対称性を分類しました.フェドロフは230種の空間群を数え上げたのです.
繰り返し模様の対称性は,無限に続く空間の周期性と単位胞の対称性(点群)の積と見做せます.今回の第1回の6月28日は,「空間の周期」について色々話し合おうと思っています.第2回は,有限図形の対称性(点群).第3回は,点群と周期(並進群)の積で空間群が作れることを学ぶ予定です.第4回は因果律の対称性です.
さて,周期と言っても色々な話題があります.1つのブロック(単位胞)で空間をデジタル化する様式を,対称性で分類したものがブラベー格子です.
だたし,空間をデジタル化すると必ず周期的になるかというとそうでもありません.非周期の例にペンローズ・タイル張り(準結晶)があります.そして,この非周期のタイル張りは,高次元の周期的空間から投影された影であることもわかります.
結晶の様な周期的な場にある電子の存在確率はブロッホ関数と呼ばれるFourier級数のような関数になっており,結晶周期の対称性と同様に,逆格子と呼ばれるエネルギー空間の格子の対称性も重要です.
純粋数学では,補題や定理や系の証明に終始するのですが,数学月間流では,
概念の源泉たる結晶,鉱物や物理の現場に立ち返り,群論も学ぼうというものです.

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • シジュウカラさんの水浴び

    2017/6/17(土) 午前 7:22

  • 60年安保のころ

    2017/6/16(金) 午前 6:38

    60年安保のときは高校に入ったばかり,学校に行くと担任に呼ばれました.昨日デモに行ったのかと.2,3年生はかなりの人数がデモに行ったらしい.私はただ風邪で休んだだけなのに.

  • 6月15日

    2017/6/15(木) 午後 3:51

    今日6月15日は,60年安保のときに国会構内で樺美智子さんが死んだ日です.私は中学生のときに,教育実習で来ていた樺さんに習ったことがあります(もっとも当時は何も知らず,後日「人しれず微笑まん」で知ったことです).安倍も岸のように即刻辞任すべ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事