ここから本文です
あるく 山の絵日記
きど あるく 山と滝の絵ギャラリー日記

書庫ARUKU ART WORK

すべて表示

一日、十二時間も描いていたりして、 予定の三分の一の期間で、できちゃいました。 これは最初に頼まれた、「四万十川」です。 四万十川へは行ったことがなく、 いろいろ資料をかき集め、 わしの想像の「四万十川」としました。 500号の大きさになります。 もったいなので、 裏面にもなにか描きましょうと、 松を描きました。 舞台で広げやすいように、ひとりでも運べる軽さです。 素材はプラスティック。 ジェッソで描いて、アクリルで彩色、 さらにウレタン塗装してあります。 14日から「分水嶺トレイル」が始まります。 スタッフとして参加しているのだけど、 その前に描きあげられてよかったです。 これをすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 山のショートスリラー

    2018/8/14(火) 午前 9:09

              指輪 登山口より四時間ほどのやせ尾根だった。 その二時間先には山小屋がある。 晩秋の午後五時ごろで、その人は赤い大きなザックを担いでゆっくりと登っていたという。 ザックの大きいところからテント泊だろうと思った矢先、ふっと体が傾いて急な谷のほうへ消えてしまったらしい。 そのあたりに着いて見回し ...すべて表示すべて表示

  • 山のショートスリラー

    2018/8/9(木) 午前 7:21

         うしろの人 頂上小屋で昼飯を食べて、それからの尾根筋はずっとひとりだったがたえず後ろを来る人の気配がしていた。 何度かの休憩で、それとなくうかがってみたりもしたけど人影はなかった。 今日の泊りの避難小屋に入る手前で水場に寄ったのだが、水をペットボトルにいれている最中になにかにのしかかられたようで、ちょっとよろけた ...すべて表示すべて表示

  • 崖っぷち

    2018/8/6(月) 午前 5:39

    ここで水は、はっとする。 しかし、次から次へ押し出される。 岩間をすり抜けた手ごたえも あちこちぶつけた怒鳴りあいも 急になくなり、ふわりと宙に浮く。 血の気の引く底なしの不安へ、  一挙に落ちていく。 きりきり舞いの、ちりちりばらばらになる。 これが人たちの末路ではありませんよう ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事