ここから本文です

戦車工房

ブログを移行します。

お久しぶりです。

ヤフーブログが8月31日をもって投稿不可、12月15日より閲覧すら出来なくなるとのことです。模型ブログ界隈は移転やら、ヤフーに対する不満やらでてんやわんやになっていますね。僕もヤフーが多少恨めしいですが、閉鎖の日付まで出ているとなると具体的な対策を考えなければいけません。

最近は模型に費やせる時間が少なく、ブログを続行したところで意味はあるのかなんて考えたり。しかしプラモデルはやっぱり一番の趣味ですし、これからもブログをちょこちょこ書きたいなという意思は充分にあります。なにより、これまで3年間溜め続けてきた模型製作の記録が消えるのは悲しすぎますよね。というわけで、ブログの移転を真剣に考え出したのが2週間前の話です。



ブログ友達の多くはヤフーや他のサービスが提供する移転システムを使用し、FC2やアメーバといったブログに引越しするようです。コメントの移行は現状出来なさそうですが、書庫/記事/画像が短時間で他サービスに移せるのは非常に魅力的です。
しかし、過去の負の遺産と言いますか.. 僕は製作画像の全てを外部画像アップローダーにて上げていた時期があります。M48A3以降はヤフーに直接画像をアップしていますが、その他の100以上もの記事は全て外部ソースです。その場合、公式の移転システムを利用しても画像は移りません。結局のところ、ほぼ1からブログを書き直さないといけないのです。

これってとてもメンドクサイことですが、逆に言うとFC2やアメブロといった限られた選択肢から離れ、自由にサービスを選べるということでもあります。どうせ1からブログ作るなら、もうちょっと違ったサービスを使ってみようと選んだのがWordPressです。

https://tankobo.com/

これからは↑のサイトにて模型製作記事を書いていこうと思います。現在過去記事を移し中でまだまだ未完なブログですが、大まかな形は出来ています。E-mailアドレスまたはWordPressアカウントでのフォローが可能ですが、後1・2週間ほどは過去記事の投稿でスパムに近い数のメールが届きますのでご注意を。

また、新しくブログを始めるにあたって一部過去作品の完成写真を取り直しています。

イメージ 1

慣れないシステムなので手探り状態で進めていますが、元々初心者にフレンドリーなWordPressですので、大きな障害もなくブログ投稿を続けられるのではと思います。
一番残念なのが、やはりブロ友の皆さんと疎遠になってしまうことですね。ある程度まとまろうとする動きはあるものの、やはりあちこちのブログサービスに散らばってしまうのが現実だと思います。それぞれのサービスでのコメント用にアカウントを作り、それぞれの新着記事フィードを確認して... 誰にとっても面倒ですよね。僕に出来る自信はありませんし、ブロ友の皆さんにそれを期待するというのも図々しい話です。

それぞれ何とかやっていくしかないですね。頑張りましょう!最大限皆様の移転先をチェックするよう努めます!
8月の投稿終了までは、新ブログに投稿した旨をヤフブロの方でもアナウンスさせて頂きますね。

ではまた〜
皆さんお久しぶりです。
Yahooブログに終焉が訪れるようですね。リニューアルにはちっとも期待していませんでしたが、いきなりの「終了」告知でびっくりでです。ブロ友の皆さんは避難・移住先選定に中々忙しい様子です。FC2や楽天ブログが今の所人気なのかな?

僕はというと傍観しているだけです。以前ヤフブロが常時SSL化(なんのこっちゃ)された時に、膨大な数の写真をリアップロード・記事の書き直しを行いました。引っ越しツールを利用すると幾分楽になるとはいえ、同じような作業をもう一度行うのはごめんです(参照)。
移転先のブログサービスがこの先何年持つのかも分かりませんし、もういっそ鯖を借りて、wordpress等で自分のホームページを持つのもアリかなと考え中です。ただその場合、自分でしっかりSEOしないとアクセス数は激減するでしょうし、コメントなど期待も出来ません。もちろん数値を気にしてブログをしているわけではありませんが、やはり読む人からのレスポンスが一番のモチベーションですから... もうちょっと悩んで、結果が出たらまた本ブログで報告させていただきますね!



さてホンのシルカですが、コツコツ製作を続け、砲塔がやっと組み立て終了でございます。

イメージ 1

Voyagerのエッチングパーツを適宜使用していますが、労力と結果が見合わない箇所はスパっと省略。その代わり目立つところはしっかり手をいれました。
全体的にパーツのフィットが窮屈なのは相変わらずで、繊細さの塊とも言える4連装機関砲が砲塔に収まらないのには焦りました。この辺、入念な仮組みが必要です。

イメージ 2

やはり一番の見所は対空レーダーでしょうか。ホンのキットですが、レーダーを展開させた状態しか選べません。対空戦車の要であるレーダーを収納状態で作りたい層はあまりいないからでしょうか? 今回僕がモデルにしている特定車両は、レーダー収納状態・光学照準器もフタがかぶさっています。
収納状態にする場合はシリンダー類を自作する必要があります。ケーブル類は潔く省略されているので、銅線や鉄線コイルを使って追加してやりました。レーダー右側のマウントパーツもヒケがひどかったので、プラペーパーから作り直しています。

イメージ 3

砲塔後部の雑具箱は適当にやれた感じを出しています。こういう工作をするたびに、ハンダこてが欲しくなります。瞬着でも組めなくはないのですが、ダメージ加工をする場合は接着面の強度が大事となります。弾痕を開けるたびに瞬着が剥がれて大変でした。今年こそはハンダこてを買おう(多分買わない)。
消化器は自作です。キットのものはモールドがヌルヌル+留め具が一体成型されています。2mmのプラ棒から作りました。実写では消化器は取り外された状態になっています、が、せっかく作ったので置いておくつもりです。


次は車体の工作ですね。実は足回り等はすでに組み終わっていて、細かい装備品や固定具をつけてあげるだけです。関西AFVには間に合わすつもりでいますが、先月購入したバイクに時間を取られて中々模型に取り組めていません。こうなることは見えていたのですが... やはり自転車とは比べものにならないほど便利です〜

イメージ 4


ではまた!

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事