ここから本文です
今日はなにしよ?
みなさま、ご安全に。

書庫全体表示

久しぶりのら〜いど!

おこんにちは。
皆様お久しぶりでございます。ここんとこ山には入れませんで、走れなければブログも書けず・・・。
ってことで、久しぶり、とにかく久しぶりのお山でございます。
うぅ〜ム。楽しかったひっじょ〜に楽しかった
 
 
では、日記をば。
 
最後のライドから約1ケ月、もう、走りたくて転びたくて担ぎたくて体がムラムラうずうず。1ケ月間のカーボローディングにより体重だけがググッと増加。こいつも絞り出さねば。
 
本日の獲物は・・・。
いつものACGでございます。はい。明日はめがねカッパさん、TK−RさんとACGライド下見と枝払いも兼ねてのんびり行きましょう。
お二人さん、明日の装備の参考にしてくださいまし。
 
に、しても寒い。
イメージ 1
池にはうっすらと薄氷が。
 
坂を上れば体温は上がって暑いんやけど手足の指先はちべたい
イメージ 2
ちらほら残雪が。山やからね。
 
今日はダメだね。1ケ月間が空いたからか体重がローディングしたからか?
とにかく登れません。まぁ、いいんです。乗れなきゃ押せばいいんです。
 
イメージ 3
お?あれはACGトレイルの1つ目頂上に違いない。へ〜。こんなとこから見えるんやねぇ。歩いてるのもええことありまんな。
 
さて、ようやく登り終わりましたよ。と?んん?こんなところに入れそうなトレイルが?雪のおかげで見つけた。
方向的にはACG向いてるから入ってみる。もちろん踏み跡なんぞ鹿の足跡ぐらいなもんですな。担ぎです。
イメージ 4
ちょっとしたら広いところに。
あら、これはゲートから上がってくる道のすぐ上ではないか。近道発見。担ぎやけど。
 
イメージ 5
昼飯候補地その①
結構広い広場で風も通らず火をおこしやすい。けど、自転車が自立する深さの雪。
ここはあきませんな。
 
イメージ 6
猪?鹿?蝶?なんかわからんけど獣の足跡だらけ。
 
さて、悶絶の崖登りはいかがなもんか?
イメージ 7
ははぁ。うふふ。ムフ。雪だらけでございます。これ、登れるかぁ?
 
イメージ 8
本領発揮。時の妖精ちゃん(セルフタイマー)の力をかりて撮影。
この程度の坂なら、サドルを肩にひっかけてトップチューブを小脇に抱え、ダウンチューブを右手で持ち上げて、左手でハンドルを固定。ってな簡単な担ぎ方でOK。でもね、左手離すと762mmのハンドルバーは顔面のど真ん中にグリップエンドが直撃するのです。も少しきつくなるとこれでは危険。
も少し上行くと担ぎ方を変えるのですが、写真撮る余裕なし。
 
イメージ 9
ふぅ。ようやく頂上へ。
さて、くだるぞぅ。
・・・・・・・・・・・・・すすまん
ってか、のれん。漕ぎ出しても進まんから乗れん。仕方がなく押す。
雪質は、ガリガリ君。昼間に溶けて、夜に凍って、また雪降って。
明日は遅めの出発。今日よりは柔らかいやろけどこけたらとんでもない泥だらけになることは間違いなし。
 
イメージ 10
明日はビデオカメラでも持ち出してここでお二人の雄姿を撮影いたしましょう。
ここんとこにある段差で、激しく飛んでくれることを期待
 
イメージ 11
いや、それにしても雪。もう、走りなれたボクでも道を間違いそうなところが・・・。遭難もまたライドたのしいねぇ。
 
イメージ 12
ようやく鉄塔に到着。
普段なら頂上から最短30分ほどで下まで降りられるのに今日は鉄塔まで45分。
新しいルートを開拓したかったのに、もうムリ。時間的にも体力的にも苦しすぎる
とりあえずおとなしく1本下って帰ろう。TK−Rさん、申し訳ない。こないだと同じルートになってしまった。
 
イメージ 13
京都タワーは?今日は見えまへん。ってか雪降ってますやん。
イメージ 14
木の上には雪ないのになぁ。
道の上は雪だらけ。
 
イメージ 15
昼飯候補地②
見晴がよく気持ちいい。この柵が風除けになって寒くないとってもいい場所、枯草もないから火をおこすのも安心。なんやけど雪で座れるところが狭い
 
イメージ 16
陽の当たるところは溶けてべちゃべちゃ。もちろんおケツは泥だらけ。
 
イメージ 17
この見晴も雪で自立できる。
この辺の激やせ尾根は結構怖い。ラインを外せば滑落間違いなし。
京都市方面、吹雪いてますがな。
 
次なる昼飯候補地を目指して枝道へ。本線と違って踏み跡なしで雪深い。
イメージ 18
お?ここ、いけそうやな。雪も少ない、日当たり良好。風向きによっては風も防げそう。
 
イメージ 19
でもね、行き止まりで帰りはこんな感じ。時の妖精大活躍。
これは、前三角に肩まで入れてシートチューブを肩に乗せ、右手でフォークをつかんで固定。左手フリーで崖登りに最適。ちょっと後輪が高くなるので頭上の枝に注意です。
 
このあたりから乗れてくる。でも土はべちゃべちゃ。
 
イメージ 20
猪かな?メッチャ掘れてる。これはこれで進みません。
 
おや?行ってはいけない分岐点、いつもとどこかしら雰囲気が違う?
工事用の重機入れた?ってことは、走れるのか?どっかにつながったのか?
行くか?ここはひどい目に遭った道やぞ?はじめ極上、中崖下り、最後は鉄塔行き止まり。
いや、行けるやろ?重機入ったっぽいやん。きっとあそこの駅までつながってるで。
イメージ 21
ってことで突撃
おおっ極上うっきゃーギャー、崖ェしかも九十九折れアカン、こけたら死ぬ
でも、景色はイイなんて見てる場合やおまへんで
・・・ん?鉄塔?一見して行き止まりとわかる鉄塔。
イメージ 22
自転車泥だらけ。タイヤなんか、イボイボが完全にうまっとる。
お?このアングルちょっとかっちょええやん?
 
自転車おいて、いちおう付近を探索。
イメージ 23
崖。
イメージ 24
下ってきた崖。
イメージ 25
おぉ、あれは保津峡ではないか。あの辺につながってて欲しかった・・・。
帰りは、あの、崖を、登る、のか?
流石に担ぎ変態と呼ばれるボクでもあれは・・・。
 
鼻水垂れるわ。もう、脚、あかん、攣る、く・る・し・いぃ。
あ、枝道発見。苦しみついでに探検。
イメージ 26
あるのは鉄塔のみ。この崖登りのタイミングで晴れてきた。アツいがな。汗だくですやん。真冬でっせ。風邪ひいちゃうよぅ
 
イメージ 27
明るい青空と美しい木漏れ日。
イメージ 28
こ〜んな極上のトレイルやのにねぇ。崖下りもメッチャおもろいのにねぇ。もったいないねぇ。つながってればねぇ。
 
イメージ 29
ACG、戻ってみれば、雪だらけ。
いいでしょ?この雪に囲まれたトレイル。
 
イメージ 30
おおっと、こいつはどかせんねぇ。鋸がいりますな。やっぱり鋸持ち歩こうかな?
コンパクトなやつ買っとくか。
 
イメージ 31
亀岡か、何もかもみな懐かしい。
 
下の方はいつもながら楽しすぎるので写真なし。
 
ってところで今日のライドはおしまい。
いやぁ、担いだ担いだ。こんなに担いだのは初めてではないかい?
なんとなくね、担いでるとうれしいんよな。なんでかな?
 
 
はい、本日の代償。
泥んこの服とバックパック。おかーちゃんにしこたま怒られました。ついでに明日着る上着が無いので洗濯なしで。どーせ泥だらけなるし洗濯しなくてもいいのだ。
 
 
追記。
本日、初めて上半身プロテクターを装着。そう、あのリアルウォーズマンと言われたこわ〜いやつでございます。
乗車時には全く気になりません。動きも全く問題なし。激しく転べなかったので効果のほどは不明ですが、ま、邪魔ではないんで着けといたら安心です。
スケスケのくせにちょっと暑いのと肩がもっこりするのが難点かな?
皆様もエクストリームな遊びをするときにはしっかり怪我の対策しましょうねぇ。
 
 

  • 顔アイコン

    ずっと日記が無かったので、聖衣装着して無茶してどこか痛めてたのかと心配してましたが、元気そうで良かったです。
    下見で担ぎすぎて本番ヘロヘロにならないよう、今夜はゆっくりと休んで下さい。

    hiko

    2014/2/22(土) 午後 7:51

  • 顔アイコン

    hikoさん、ご心配ありがとうございます。いろいろなんとなく忙しいような暇なような・・・感じで。
    もう、今夜は寝ます。
    おやすみなさい

    たんく

    2014/2/22(土) 午後 9:12

  • あっ!!もう寝てるのね ・・・お疲れ様でした 。しぃーーーっ!!

    私も 記事UPが 最近無かったので心配していたところですが お忙しかったのですね ^ ^

    よかったぁ〜 !!
    担ぎ変態 健在でしたね (○´艸`)クスクス ♪
    頑張れよ

    [ toko ]

    2014/2/22(土) 午後 9:39

  • 顔アイコン

    たんくさん、こんばんは。
    明日は宜しくお願いいたします!
    結構、雪が積もっているんですね〜
    滑って怖そう(^_^;)
    のんびりついて行きます!

    [ めがねカッパ ]

    2014/2/22(土) 午後 10:11

  • 顔アイコン

    tokoさん、こんばんは。
    ご心配おかけしました。大丈夫ッス。怪我したら怪我したでおもろいこと書きます。
    死んだら・・・。誰かにおもろく書いてもらいます。

    たんく

    2014/2/23(日) 午後 8:43

  • 顔アイコン

    めがねカッパさん、こんばんは。
    毎度毎度の担ぎ、楽しんでいただけましたか?
    またお願いしますねぇ。

    たんく

    2014/2/23(日) 午後 8:44

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事