ここから本文です
今日はなにしよ?
みなさま、ご安全に。

書庫全体表示

黒くなりました。

おこんばんは。
アタシャおもいっきり風邪ひいた気分。メッサ体ダルいし、頭いたいし喉いたい。
それでも、チャリはいぢるのさ。

イメージ 1

ててーん。MSC PLATAFORMA PEDALS!!
またふるーいのん安くで入手しといたで。まだアマゾンで取扱中やしそこまで古くないのか?

イメージ 6

この箱のボロさ、見て。ここまでの日焼けなかなかおまへんで。ま、ペダルなんか滑らなくて廻ればそれでいいのさ。箱が日焼けしても中身は問題なし。

なんでこんなん買った?安いから。以上!
とにかく、木馬にはアルミニウムペダルがいりますよ。
フラぺででかくてしっかり靴に食いついてくれそうなペダルを探してたのさ。ほんとはRACEFACE ATLASが欲しいねんけど。高杉君て、ホント嫌みよねぇ。

もうちょっと理屈っぽくいってもいいですか?
山を下る。危ないと思うのですよ。人が死なないスポーツなどやる価値も無いわ‼️ってなエクストリーマーな方々もそれはそれで痛いのが嫌なわけですよ。
山下る?自転車で?でこぼこやで?そんなもん、ペダルから足ずれたら痛いではすみませんよ?遺体なってまいます。
MTB Freeriderの脛は常にキズだらけですわ。その程度ですんでるのも使いやすいペダル使うからですよ。
足外れるの嫌やったらビンディングー👍にしたらええんやけど、ボクら下手くそはコーナー曲がるために足だして内側に加重したりせな曲がられへんわけさ。ほなもん、フラぺ使うしか無いですやん?ついでに1mたりとも漕いで標高はあげん!ってポリシーに反するですよビンディン👍ぺだるは。
凶悪なトラベルのフルサスDHバイであるところの木馬はハードテールのClashほど足ずれへんからそこまで巨大な踏み面でなくても大丈夫。


ほなま、早速ホットキャンディとくらべてみまひょか?

イメージ 2

上に乗せてみた。って、わかるかっ!
とりあえず、踏み面の大きさは大差なし。
せやけど、軸の出っ張りがホットキャンディより短い。これは、クランクが育つペダルや。
ガニマタのおさーんはできるだけ外にペダルつけたいんやけどなぁ。

イメージ 3

お?まあまあ薄いやん。これはエエ感じや。
薄い方が地面にHitせんでいいっていろんなとこで読むけど、その分でかくなったら変われへんやんなぁ?でかくするために薄く作るんやろけど。薄い方がかっちょええし。
こっちから写真撮るとホットキャンディのがだいぶでかく見えるね。

問題は、コンケイブですよ。クランクのstamp1はほぼコンケイブなし。やっぱりちょっと踏みにくい。

イメージ 4

お?コンケイブ?ほんのちょっとやな?ピンの長さに余裕あるし乗りにくかったらワッシャ入れて伸ばそ。
とにかく、ノラナワカラン。

木馬へGO!

イメージ 5

久しぶりに出てきた。いや、虹色コラムスペーサーとかやったな。

白いフレームに白いペダルがよく似合うねんけどな。このバランス、好きなんやけどな。

イメージ 7

いつもどーり、よーわからんけど黒くなりました。
違和感バリバリあるけど、しばらくしたら見慣れますやろ?

イメージ 8

違和感はアレですわ。綺麗すぎる。踏んで汚せば違和感無くなるな、きっと。

そこらで乗った感じは悪くないね。
MSC、木馬にはヤンチャすぎるなぁ。も少し落ち着いたのがエエなぁ。ATLAS欲しいなぁ。

さて、明日のために寝よ。
山いくでぇ!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事