ここから本文です
今日はなにしよ?
みなさま、ご安全に。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Landcast Magic Pump

おこんにちは。
もー実験やってもた。
ま、てきとーですわそんなもん。

いろんな人が実験してるからね。
https://innertop.com/landcaこんst/
こんなんとか、参考にしてちょ。

で、調べてたところ、ロードバイク乗りに有効な高圧まで軽くあげれるでって検証ばっかしですな。
せやけど、ロードバイクとマウンテンバイクはべつもんやで。このたんくがマウンテンバイクフリーライダーを代表して実験してみましょう。

まず、たんくのタイヤスペックから。

サイズ:26×2.4
種 類:クリンチャー
推奨空気圧:35-60psi
使用空気圧:20〜25psi
ビード:ワイヤービード(ダウンヒルケーシング)

なんぢゃこりゃあ。
時代遅れもエエとこですな。こんなん参考にしてポンプ買うような物好きおるか?ただ最近はファットやらプラスやらふっといタイヤ多いからなぁ、そんな人は参考にしてくれるかなぁ?

ま、ええや。
スペックからわかるようにマウンテンバイクフリーライダーが求めるポンプ性能はとにかくボリュームでっせ。
れーぽんはダブルアクションで押しても引いても入るから通常の二倍入るはずやで。こら楽しみですな。

とりあえず、比較対照をご紹介。

イメージ 1

GIYO のやつ。モデルとかわからん。とにかく一番最初に買った安いやつ。そして、一番良く使った。ゲージも付いてて機能的。

イメージ 2

クランクブラザーズのやつ。
現在の主力携帯ポンプ。もう長いこと使ってるなぁ。
組み換え無しでシュレーダーもプレスタも使えるし、ハイプレッシャーとハイボリュームの切り替えができてメッチャ便利。ハイボリュームしか使わへんけど。

イメージ 3

れーぽん。Landcast magic pump
ま、これがいかにすごいかっちゅーことですわ。黒と銀があるけど黒はイマイチ安っぽかったので銀をチョイス。バックパックにいれっぱなしにするから見た目どーでもええねんけど。

イメージ 4

フロアポンプ。サイクルプロのやつ。
ヨド⚪シ京都で安いので良いやってパナレーサーのプラスチックのん買おうとしたらおにーさんにプラは割れるからこっちのアルミにしときなはれて言われて買ったやつ。お陰様で長持ちしてますわ。ヨ⚪バシのおにーさん、ホンマおおきに。

サイズ感と実験道具はこれ見といて。

イメージ 5


なんか派手なんありますねぇ。これですわ。

イメージ 6

ぴろろろーんってのびて、犬とかウサギとか大道芸人さんが作る例の風船ですわ。
んで、これをそれぞれのポンプでおんなじ回数膨らまして、膨らんだ長さ比べよっちゅうわけですな。

イメージ 7

こんな感じ。
ほないくでえ。

あかん、Giyoのんチャッキバルブが弱いぞ。ユルユル抜けていきやる。比べられんがな。
実験変更。風船の先っちょまでいれてポンピングの回数を比べまひょ。

気を取り直して、まずはGiyoからいってみよか。

イメージ 8

38回❗これは、なかなかのエエ記録とちゃう?

次はクランクブラザーズいってみよか?
ダイヤルはハイボリュームやで。

イメージ 9

60回❗こんなもんなんか。Giyoは超えてほしかった。

ちなみにフロアポンプは、

イメージ 10

3回とホンのちょっと❗❗
驚異的ボリューム❗

ほな、大本命Landcastいってみまひょか。すごいで。多分。25回ぐらいちゃうか?

イメージ 11

60回❗❗❗
なんと、一番のショボ記録❗❗
まぢでか。超絶期待はずれ。


いやいやいや、まだや、マウンテンバイクフリーライダーが携帯ポンプに求める性能は他にもあるで。
ちっささですわ。あと軽さですわ。ついでに耐腐食性と頑丈さにノーメンテですわ。なんせバックパックにいれっぱなしで汗まみれのまんまほっとかれるねん。ついでにひっくり返って背中から落ちるなんてのは日常茶飯事。それでもメンテ無しでいつでも使えなあかんで。

そこらはどうかね?考察しましょか?
ちっささでゆーたらクランクブラザーズが抜群。ツールバッグに収まるちっささ。Giyoは問題外ですな。
Landcastはまあ、おしいなぁ。

イメージ 12

こんな感じ。伸ばしたら、

イメージ 13

こんな感じ。太さはストロークでカバーできてなかったんやなぁ。

腐食はわからんね。みんなアルミやし、アルマイトとかアナダイズトとかメッキとかそれなりにしてある。黒より銀が良かったのは表面の皮膜が厚そうに見えたから。たぶんGiyoは他より弱そうですな。見た目やで。

頑丈さも壊さなわからんねんけど、ちょっと観察してみよか?
当然伸ばしたら弱いわなぁ。細い部分出てくる上により大きなモーメントがかかりよる。ってことは、不要な時に伸びたらあかんで。
Giyo しっかり縮んだところでロックできる。絶対伸びひん。
クランクブラザーズ 簡単に伸びる。せやけど、ツールバッグにピッタリサイズやから伸びられへん。
Landcast 伸びる。ツールバッグに入らへん。せやけど、クランクブラザーズよりは動きがぬっとりやからそこまで心配せんでもええなぁ。輪ゴム2本でなんとかなるんちゃう?

ノーメンテはクランクブラザーズの信頼性抜群。もう、何年もそんな状態でほってあるけど先週ちゃんと使えたで。ちょっと砂はいったんか動きがザラザラしてるのが気にはなる。
Giyoはたまにスカッて空打ちするからもうあかんねやろな。油さすかな?チャッキもあんま効いてへんし。
Landcastは3ヶ月に1回油させって書いたある。それ、めんどい。やらへんでそんなん。


ほな、結果発表!!
Landcastの総合点は?

イラン!
マウンテンバイクフリーライダーにはいらんでこれ。ちょっとぐらい軽くポンピングできてもその分多くシュポシュポせなあかんしそっちのがしんどい。

せやけど、安いねん。2380円?やったかな?この値段やったらありやなぁ。
クランクブラザーズは在庫処分で500円ぐらいで買った気がするけど。
多分ブームが去ったら叩き売りなるんちゃう?そんときに1本買うたらエエんとちゃいまっかぁ。

ってことで、クランクブラザーズのんをツールバッグに納めて今回の実験は終了!おつかれちゃーん。

れーぽん。

おはようございます。
雨予報やで。山行ってウマイ飯喰う予定がおじゃんですよ。

そんなときは、新しい道具を試しましょう。

イメージ 1

Landcast magic pump
ロードバイク乗りの皆んの間で一年ちょい前ぐらいからスッゴいわだいになってるらしい例のポンプですわ。

イメージ 2

なぜかボールに空気入れるノズル付いてる。謎。
フレームに取り付けるやつはいりませんね。マウンテンバイク乗りはバックパックの中に入れっぱなしですわ。

イメージ 3

ツールバッグには収まりませんよ。

ってなところで、早速携帯ポンプでタイヤに空気入れてたARA!さんに使ってもらいましたよ。
なんか軽いらしい。トピークのハイブリッドなんたらって太いやつより軽いらしい。いや、押し込むのがね。
ボク、使ってへんから知らんけど。

さて、天気悪いしちょいと実験道具買いに行ってどんなすごいか試してみますかね。
たんく流の検証実験はまた夕方にでも。
ほな、また見てなぁ。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事