ここから本文です
人生いろいろ
今、向いている方が前向きだよ

書庫人生いろいろ

すべて表示

今回天候が悪く、会うことができなかったマッターホルン
この山には元リーダーのリーダー若山美子さんが眠っています

私が子育てが一段落した時 知り合った女性のリーダー
とても実力のあるリーダーでした
その女性のリーダーのリーダーが若山美子さんだったのです

若山さん(若ちゃん)は今井通子さんと一緒にマッターホルンの
登頂に成功しました

結婚して新婚旅行でマッターホルンを選び 登頂を果たしたのち
旦那様が滑落して そのまま・・・

その話が新田次郎の「銀嶺の人」という本になっています
画像はネットからお借りしました
イメージ 1

これが「銀嶺の人」のいきさつです

>本書の主人公のモデルになっているのは女性登山家として初めてヨーロッパアルプス
3大北壁登頂を成し遂げた今井通子さんと、彼女と共にマッターホルンを女性だけの
パーティで初登頂した若山美子さんです。
この二人は表面的な性格は違っていましたが、山に向ける情熱、困難に向かう強い
意志は同じでした。
もう一人の主人公、美佐子のモデルの若山美子さんは、実際に新婚旅行の
マッターホルンで、夫と共に滑落死している。
実在のモデルを主人公にした、読み応え十分な山岳長編小説。


ツェルマットの郊外にある新田次郎の分骨したお墓
イメージ 2

あたりはきれいな花畑でした
イメージ 3

本来は美しいマッターホルンが見えるのでしょう
イメージ 4

私が短期間にこれだけ山に登れたのはこの女性のリーダーに
巡り合えたからです
最初の山が黒戸尾根からの甲斐駒、仙丈岳の縦走(台風を五合目の小屋(今は無い)でやり過ごす)
翌年の山は白馬大雪渓から白馬三山〜天狗〜不帰の剣〜唐松岳
この時はさすがにリーダーは私が危ないので昔の山仲間を誘いました
不帰の剣第二峰は滑落事故が多い危険なところです

もちろん若ちゃんと歩いていた人ですが元今井通子のパートナーでした
リーダーとこのお友達若ちゃんの昔話に花が咲きました

さすがクライマーだけあって素人の私を危険な不帰の剣をなんの不安もなく
通過させてくれました

その女性と、ばったり谷川岳の頂上で出くわしたり、
黒斑山に雪山散歩しに行ったり、楽しい思い出が残っています

もし、マッターホルンを見に行くことができたら 山に向かって
手を合わせたいと思いました

こんな思いでマッターホルンに会いに行ったわけです

おしまい

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 八幡平 秋

    2016/10/4(火) 午後 2:06

    少し早いけれど八幡平(秋田県)に秋を探しに行きました こんなのに乗って秋田新幹線の田沢湖下車 そしてレンタカー 予定では玉川温泉を経由して約1時間のドライブ予定 しかし、2日前から土砂崩れのため通行止め 仕方なしに盛岡回りで高速の東北道を使うこと ...すべて表示すべて表示

  • 昭和記念公園

    2016/9/28(水) 午後 4:16

    昭和記念公園のホームページを見るとナンバンギセルが 咲いているとわかり 早速月曜日行ってみました 入口入ると大きなキンモクセイが満開 いい香りです ここでも彼岸花があちらこちらで満開 見やすいようにススキの根元を刈ってありました ナンバンギセル コスモ ...すべて表示すべて表示

  • 狭山丘陵

    2016/9/24(土) 午後 2:25

    9月も20日過ぎあたりからめっきり涼しくなりました お天気も悪く、野菜が高騰しています 農家の方も大変ですね こちらは午前中雨が上がったのでやっとお墓参りに行きました 菩提寺の花は、後日お届けします やはり園芸種より自然の植物が好きなのかしら ということでお寺も狭山丘陵、少し先の緑の博物館周辺です ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事