ここから本文です
単車男
CB400SFも4年目突入

書庫全体表示

記事検索
検索

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久々にジョギング

最近週末は健康のため何か運動をすることにしている。
今週は登山もジムにも行けないので、久々にジョギングをしてきた。

近所の公園まで。

少年野球の大会が行われていた。
うちの長男も昔チームに入って頑張っていたことを思い出す。

イメージ 1

うちの子がエラーするとドキドキしたり、
ヒットを打つと嬉しかったりしたのもだ。

そんな子も来春から大学生。早いものだ。

イメージ 2

本日のジョギング

距離:3.64キロ 時間 30:02 分 消費カロリー:214カロリー
平均スピード:7.3キロ

もう少し頑張りたいが、膝も怖い。

本日の歩数:9,603歩

この記事に

三重県 藤原岳

先週の那須のリベンジに、三重県の藤原岳に行ってきました。
名古屋から近鉄で近鉄富田へ。

ここから三岐鉄道というローカル線に乗り換えるのだが、
タイミングが悪く、40分待たされる。

イメージ 1

7時42分、藤原岳の最寄り、終点の西藤原に向け出発する。


イメージ 2

8時28分、西藤原に到着。

イメージ 3

こんな道を15分ほど、登山口に向かう。

イメージ 4

標高1000m以上だが、見た目は簡単そうに登れそうな気がする。

イメージ 5

大貝戸登山口に到着。駐車場と綺麗な休憩所がある。
なかなかいい雰囲気だ。

イメージ 6

登山口の鳥居。期待が膨らむ。

イメージ 7

一合目ごとに看板があり、どこまで登ったかわかるのが有難い。

イメージ 8

たまに急登もあるが、そんなでもない。

イメージ 9

登山道はよく整備されている。
今回も小幅でゆっくりと足攣りに警戒し登る。

あまりにペースが遅いため、子供の団体グループであっても、
先を譲らなければならず、結構な待ち時間に。
歯がゆいが仕方ない。


イメージ 10

案外すんなりと8合目に到着。
ここがコースの中で一番大きな広場だ。

イメージ 11

北側の視界が初めて開ける。
多分伊吹山だろう。大きな山塊が見える。

イメージ 12

ついに9合目。
意外とかかった。


イメージ 13

結構な急登のあと、尾根に出た。
ここは石灰岩の山らしく、カルスト地形が独特の雰囲気を醸し出す。


イメージ 14

藤原山荘に到着。
無人だがトイレがあるのが嬉しい。

イメージ 15

山頂は対岸の丘の上だ。
地形の為か、高い木がほとんどない。
独特の風景だ。

もうひと頑張り。

イメージ 16

カルスト地形がなんとも言えない。
普通の山の雰囲気と全く違う。

イメージ 24



あと少しだ。

イメージ 17

長良川と揖斐川、木曽川の軌跡がはっきりと見える。
素晴らしい眺めだ。

イメージ 18

約3時間で山頂に到着。
ガイドブックのタイムに20分遅れ。
標高1140m。鈴鹿センブマウンテンの一つだ。

イメージ 19

竜ヶ岳が見える。
手前のこんもりした山だ。

この山も鈴鹿セブンマウンテンの一つ。
一度登ってみたい。


イメージ 20

滋賀県側に琵琶湖が見える。
琵琶湖って意外と近い。

イメージ 21

伊勢湾と知多半島。

イメージ 22


下りはピストンで下山。一時間半で下りれた。
心配した足攣りは7合目辺りで左足の太もも裏がやばそうだったが、
何とか持ちこたえる。

イメージ 23


本日の登山:
上り 距離:5キロ 時間:3時間 消費カロリー:865カロリー 
   高度上昇:954m
下り 距離:4.06キロ 時間:1時間50分 消費カロリー:454カロリー

本日の歩数:33,423歩








この記事に

嵐の那須岳

今年こそ山岳紅葉を見たいと思っていたが、
那須の茶臼岳が紅葉のピークとの情報から、行ってみる事にする。

10月8日、早朝4時半に自宅を出発し、圏央道、東北道と乗り継ぎ、
7時半に現地に到着。ただし駐車場が渋滞しており、近くのホテルに有料で
停めさせてもらう。

晴れてはいるが、風が強い。
事前のてんきとくらすの登山指数がCだったので心配していたが、
まともに予想が当たったらしい。

イメージ 1

ロープウェイまでの登山道を登り始めると、
風だけでなく、水も交じってる。
下は快晴なのにここだけ嵐の様相に、距離が遠いだけに、
失望が大きい。

ロープウェイが止まっていることも想定し、足で登ることも覚悟し、
乗り場に到着。

案の定、ロープウェイは運行見合わせ。
どうするかしばし思案する。

しかし、ここの紅葉は本当に迫力があり、初めて見る山岳紅葉に
感動し、嵐の中写真撮影を。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

なかなか来れない場所でもあり、あきらめきれず
とにかく登山道を行ってみる事にする。

この風では、登山道を足で登ることさえやばそうな不安感の中
峠の茶屋に到着。

イメージ 5


登山を始めて以来、多分ワーストに近い天候であろう。
初めて登山を断念する。

冷えた体を温めるべく、私はコーヒーを。

イメージ 6

女房はキノコ汁を注文。

イメージ 7

下山することに。

こんな天候でも、本当に那須の紅葉は素晴らしい。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10

あと少しで朝日岳のピークが見えそう。

イメージ 11

ロープウェイ乗り場まで降りると少し天気は回復していたが、
やはり動いていない。

イメージ 12


イメージ 13


帰りに硫黄の香りに吸い寄せられるべく、那須大丸ガーデンという店で、
硫黄泉を堪能。


イメージ 14


天候は悪かったが、那須の綺麗な紅葉は楽しめた。

本日の登山:
距離:3.7キロ、標高差:170m 消費カロリー:363カロリー







この記事に

名古屋めし 12

無性にあんかけスパゲッティーが食べたくなり、
名駅のエスカのマメゾンを訪ねた。

ハンバーグと決めていたが、メニューを見て思わず味噌カツをたのむ。
1080円也。

イメージ 1

カツの味噌は少し甘いくらいだが、この餡との相性は最高だ。
胡椒の効いた餡の完成度は高い。

いつもの如く粉チーズとタバスコをかけすぎてしまう。
体に悪そうなのが唯一の弱点か。

でも名古屋めしではあんかけスパゲッティーが一番だ。

本日の歩数:12814歩


この記事に

雨が止んだ隙に

今週も又台風が来そうです。

単車に乗れない週末が続いていて、バッテリーが心配になってきた。

来週も名古屋にいないので、エンジンをかけないまま一か月以上経ちそうなので、
どうしたものかと思っていたが、
本日朝起きると奇跡的に雨が止んでいて、天気図では1時間位大丈夫そうだ。

今しかないと思い、車庫から単車を出し、セルを回す。
予想に反し、一発でエンジンがかかりホッとする。

本当にホンダの電装系は強い。
前に乗っていたニンジャはすぐやられたが。

イメージ 1


早朝の名古屋市内を流し、名古屋港まで行く。

フリースの上にメッシュのジャケットを羽織ってきたが、
いつの間にか、結構寒くなってる。体の芯まで冷えた。

しかし、寒さ以上にマニュアルの単車のトルク感は楽しい。

本日の走行:28キロ

この記事に

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事