ここから本文です
単車男
CB400SFも4年目突入

書庫全体表示

記事検索
検索

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

6月9日、梅雨入りにもかかわらず絶好の晴天の中、
JR東海主催のさわやかウォーキングに参加してきた。

スタート駅はJR中央線金山駅。
チラシを受け取りさっそくスタートする。

イメージ 1

最初の訪問地は東別院だ。
何回も来ているところなので、お参りだけして次の訪問地へ。

イメージ 2

1キロほど歩くと、重松閘門に到着。

イメージ 3

ここは、堀川と中川運河の水位が違うので、
この水門で調整したようだ。

イメージ 4
東洋一の運河と呼ばれたらしい。

久屋大通りに出て、味仙の前を通り、
イメージ 5

久屋大通庭園フラリエに到着。
ここまで約4.5キロ。

歩いているだけなのだが、結構疲れたので休憩する。
ランの花がいっぱいあり、きれいだ。

イメージ 6

庭園はさながらモネの絵のようだ。

イメージ 7

ここからは太陽を遮るものがなく、炎天下のウォーキングとなる。
熱田イオン近くの高層マンションが近づいてきた。

イメージ 8

ゴールのJR熱田駅。
暑かったこともあるのか、結構疲れた。

イメージ 9

真にさわやかな達成感を味わえた。

イメージ 10


本日のウォーキング:
距離:9.05キロ 時間:1時間43分 速度:5.2キロ 消費カロリー:482カロリー

本日の歩数:22,329歩

この記事に

5月26日、会社の同僚と伊勢志摩ツーデーウォークに参加してきました。
6キロ、12キロ、28キロとコースが選択できるが、初心者なので、6キロにした。

朝5時半のJR東海道線に乗り、近鉄の急行を乗継、賢島には8時50分に到着した。

出発の準備をし、9時半にスタートする。
歩き始めてすぐ、船着場から遊覧船に乗り、複雑に入り組んだ英虞湾を
対岸の志摩地中海村の桟橋までクルージング。
本格的なウォーキングが始まる。

天気予報とは違い、薄曇りのベストコンデション。
暑くもなく寒くもなく気持ちよい。

nemu risort敷地内を下っていくと、
折り返し点の日向ぼっこの浜に到着。

イメージ 1

まだ合歓の郷と呼ばれていた頃、小さかった長男を連れて来たこと思い出す。

海岸近くにいろんな花が咲いていた。
あと少しすれば、アジサイが満開になるようだ。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

中継点の里山ラウンジにて

イメージ 5

ガクアジサイも

イメージ 6

ウォーキングも終盤戦、志摩地中海村にて

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

ここは本当にイタリアかと思うほど、徹底した造り。
一日まったりしたら最高だろう。

桟橋から賢島へ戻り、約6キロのウオーキングを完歩。

お楽しみは、昼食だが、事前に調べてきたお店は定休日だったり、満席だったりして、結局賢島駅近くの海幸というお店へ。

おまかせの2600円のコースと生ビールを注文。

一杯目のビールが美味しい事美味しい事。
やっぱり疲れた時にはキリンが一番。

家族経営らしく、前の客の注文をさばくのが大変らしく。
大丈夫かと思っていたが、このイサキの塩焼ですべての不安が吹っ飛ぶ。

イメージ 12

最近これほど旨い塩焼は記憶がないほど、ふっくらほっこり。
塩加減もベストで、まさにプロの味だ。

次はホタテの醤油焼。
身が柔らかくこれも美味しい。
ビールが進む。

イメージ 13

刺身はイサキ、びんちょう、ハマチ、スズキにアオリイカ。
こりこりもちもちで全く生臭みがなく、絶品。

イメージ 14

この後、赤だしとご飯。
このご飯が又旨い。真白でもちもち。
まさにプロの味。

値段は高いが、大満足の昼食をすませ、伊勢神宮へ。

参拝を済ませ、おかげ横丁にて。

イメージ 15

赤福餅の本店

イメージ 16




本日の歩数:26,469歩
距離:19.8キロ
消費カロリー:2,145カロリー

この記事に

常滑でうどん

昨日、常滑の母親の老人ホームに行った帰り、
知人から聞いた三角庵という、うどん屋に寄ってきました。

古き良き昭和の雰囲気のするうどん屋で、
意外にもほぼ満席で人気店であることがうかがわれる。

イメージ 1

いろいろあるメニューからオーソドックスに天ぷらうどんを注文。

イメージ 2

あっさりとした質の良い出汁がはらわたに染みわたる。

他のお客の注文から、黄金餅と天とじうどんが人気メニューであることを
知り、又再訪したい。

650円也。

本日の歩数:8,533歩

この記事に

石老山

昨日地元の石老山という山に登ってきた。

車で自宅から30分ほどで到着。

石老山登山者専用駐車場は思った通り満車で、
念のため、さらに登ったところにある顕鏡寺に電話で確認したところ、
あと一台ぐらいなら置けるとのありがたい言葉をいただき、顕鏡寺へ。

午前11時頃、顕鏡寺から石老山を登り始める。
イメージ 1

いきなり結構急坂を登らされ、尾根らしき道に出る。

イメージ 3

やっと見晴らしがよくなる。

イメージ 2

融合平見晴台から

イメージ 4

休憩除き53分で山頂へ。
標高702M。

ペースは大体ガイドブック通りか。

イメージ 5

富士山がくっきり。

イメージ 6


かなり人気の山らしく、
ベンチは満員。

イメージ 10


来た道を戻ってもよいが、
初めてなので周遊コースを選ぶ。

結構急坂を下る。

イメージ 7

岩場も下る

イメージ 8

途中の大明神展望台より。
相模湖が見える。

コース随一の展望と書かれていたが、それほどでもなかった。

イメージ 9

沢沿いを下り、コース唯一のトイレ。
山頂にもトイレがあれば、結構メジャーになれそうな山なのに残念。

イメージ 11

逆ルートだとここが登山口。

イメージ 12



相模湖の遊園地が見えてきた。

イメージ 13

一度国道までおり、バス停一区分を歩き、再度石老山登山口へ。

イメージ 14

一度下山してからの登りは結構きつい。
気温も相当あがり、バテテきた。

イメージ 15


足も相当疲れてきた。
この石段はきつい。

イメージ 16

バテバテになりながら顕鏡寺へ。

総じてコースの整備が良くされていて、
頂上からは富士山も見え、高尾山なみに気軽が良い。

一周したので少し距離が長かったが、気持ちよく登山ができた。

距離:7.92キロ
時間:2時間57分
平均ペース:22.28分/KM
上昇高度:544M
消費カロリー:736カロリー

本日の歩数:19,819歩

この記事に

途中下車の旅

5月3日、GW後半がスタートした。
今回の帰省は前から一度やりたかった東海道線途中下車の旅をすることにした。
昔はよく列車で旅をしたものだ。
 
単身赴任先の名古屋から、神奈川の自宅まで特急を使わずに帰るという秘策だ。
 
まず,、最寄りの金山総合駅へ。
 
イメージ 1

この駅は、昔は名古屋の副都心にしたかった程交通の要衝で、
JR東海道線、中央線、名鉄、名古屋市営地下鉄名城線。名港線と5つの路線が集まる駅である。
 
イメージ 2

一番端にある東海道線のホームから、718分発の豊橋行きに乗る。
リクライニングはないもののクロスシートでゆっくりできる。

列車内は3割程度の乗車率で、クラブの遠征なのか中学生の集団が楽しそうにゲームをやっている。

名古屋市内〜小田原まで5,030円。
 
イメージ 4

豊橋にて興津行きに乗り換え。
シートはロングシートのみで、トイレは付いている
乗車率はパラパラでゆっくりできそうだ。

 
イメージ 3

途中、浜松駅にて。

イメージ 5

イメージ 6

だんだん人が増えてきて満席に。
金山を出て約3時間、ロングシートということもありケツが痛くなってきた。

10時20分ごろ、静岡駅で最初の途中下車をする。

イメージ 7


静岡といえば、やはり『おでん』だろうということで、街の散策を兼ね、
『おがわ』というお店に向かう。

さすが、人口70万の政令都市だ。
思った以上に繁華街が広い。
 
途中青葉横丁と青葉おでん横丁に寄るが、夜しかやってない様子で残念。
 
イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10

20分くらい歩いて鳥居が見えてきた。
 
イメージ 11

歩くこと数分で、おがわに到着。
まさに駄菓子屋という雰囲気だ。

イメージ 12

入り口におでん鍋があり、そこで注文する。
黒はんぺんと牛すじ、卵を注文する。

嬉しいことに生ビールがある。早速注文する。

イメージ 13

おー昭和だ。

イメージ 14


ダシ粉とからしをつけはんぺんを一口食べる。
さすがにご当地、しっかりしみた味が絶妙だ。全然くどくなく、どれだけでも食べられそうだ。

煮汁は砂糖も塩も入れてなく、はんぺんとスジから出るだしのみとのこと。
有名人も多いようだ。
 
イメージ 15


そのあともいろいろ注文、生ビールもおかわりし、会計は1,750円也。
まあこんなものだろう。
 
帰り道ほろ酔いの中、駿府城を散策。

イメージ 16


イメージ 17

静岡駅に着くころにはアルコールはだいぶ抜け、東京方面へ熱海行に乗る。

この電車は3両編成のロングシートで、トイレもなく、満員電車状態で、この区間が最も疲れる区間となる。

しかし、アルコールも手伝い爆睡。
隣の大きなおっさんが居眠りしながら倒れてきて不快指数は100%だ。
 
熱海で今日二つ目の途中下車。
駅前は観光客でごった返しており、人気がうかがえる。
不思議と外人が少ないのも特徴だ。
 
イメージ 18

中村屋でこがね餅をゲット。

イメージ 19


駅の周りを散策し、お土産を買い、湘南新宿ラインに乗り込む。
乗りなれた電車なので、すぐクロスシートを見つけくつろぐ。
 
イメージ 20

小田原からは、小田急に乗り換え、特急代も安いのでロマンスカーで町田へ。1,210円也。
 
イメージ 21

自宅には午後5時ごろ到着。
たまにはこんな旅もよいものだ。
 
交通費:6,450円
飲食代:1,750円

締めて8,200円、あんまり新幹線と変わなかった。

本日の歩数:18,237歩

この記事に

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事