ここから本文です
単車男
CB400SFも4年目突入

書庫全体表示

記事検索
検索

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

金時山

平野部のの登山はこの暑さでどうしようもないので、
箱根まで行ってきました。

本当は駒ケ岳あたりに登りたかったが、
インターネットで見ると未だ登山道が通行止めになっているとのこと、
外輪山の金時山に登ることにする。

朝6時前に出発し、箱根には7時過ぎに到着。
公時神社近くのゴルフ練習場の駐車場に車を停め、8時前に登り始める。
一日500円とリーズナブルなのが助かる。
イメージ 1
山頂までは75分となっている。

このあたりの気温は23度くらい。
運動をしても大丈夫そうな気温だ。
イメージ 2
まずは公時神社でお参りし、(金時ではない)
イメージ 3
こんな雰囲気の登山道を登ってゆく。
林の中なので、涼しく熱中症の心配はなさそうだ。
イメージ 4
結構な坂を登ると尾根に出る。

急に視界が開ける。
感動の瞬間だ。
イメージ 5
大涌谷が真正面だ。
噴煙が見える。
イメージ 6
 
仙石原がはるか下の方に見える。
イメージ 7
尾根道を進むとだんだん急になる。

山頂近くは結構な岩場で急坂が続く。
イメージ 8
遠く芦ノ湖も見えた。
イメージ 9
やっと頂上が見えた
イメージ 10
1212Mの山頂に到着
イメージ 11
この景色は最近登った山では最高だ。

さすが箱根としか言いようがない。
イメージ 12
芦ノ湖もよく見える
イメージ 13
立派な茶屋も2件ある
イメージ 14

残念ながら富士山は雲の中でお目にかかれず。

帰路は乙女峠を回るルートを下る。

途中の長尾山。
特に展望なし。
イメージ 15
乙女峠に到着
イメージ 16
乙女峠の展望台から富士山の頂上がやっと拝めた
イメージ 17
乙女峠からの下山道
イメージ 18
石ゴロゴロの道を下るとやっと出口に
イメージ 19
11時台のバスは皆無なので、歩いて公時神社へ
イメージ 20
先ずは汗を流してすっきりしたい。
昔行ったことのある白濁の温泉を探しに仙石原へ。

子供が生まれる前に来たので15年以上振りになるが、
見覚えのある建物にすぐ此処とわかる。

南甫園というらしい。
1000円払い湯船へ。
イメージ 22
硫黄の香りがうれしい。
結構熱いからか、
すこしピリピリ感がある。

それでも疲れた体にはありがたい。

3時間以上歩いたので、
お腹はペコペコだ。

温泉を探す時気になった『手打ち餃子の店』の文字。
迷わずちゃいなハウスという中華料理屋へ。
イメージ 23

スタミナ餃子定食を注文。
1380円也。
イメージ 21

餃子の餡がとにかく濃い。
ニンニクと銀杏が入り、結論から言って旨い。

ラーメンもあっさりしていて旨い。

満足な昼食を楽しむ。


本日の登山

距離:6.58キロ 時間:2:59:59  時速:2.19キロ カロリー:704
標高差:576m

本日の歩数:17483歩

この記事に

伊良湖岬

行こうと思いながら、いつも後回しになっていた、
渥美半島の伊良湖岬までソロツーリングしてきた。

高速を使うか、下道で行くか迷ったが、
スマホのナビでは、20分ほど高速のが早いので、
東名経由で行くことにした。

渋滞もなく順調に音羽蒲郡インターをおり、
国道一号を豊橋方面へ。

途中案内表示に従い、国道23号へ。
豊橋市内を抜け、大崎ICで国道23号を下車。

第一の目的地、蔵王山を目指す。
短いワインディングを走り、標高220Mの蔵王山展望台に到着。
イメージ 3
まさしく360度の大展望が広がる。
静かな三河湾が一望できる。
イメージ 1
大きな干潟が見える。
次回ゆっくり訪ねてみたい。
イメージ 2
アジサイロードがありしばし散策
イメージ 4
一気に伊良湖岬を目指す。

7月上旬とはいえ暑い。
熱中症に注意しなければ。

伊良湖には11時半に到着。

イメージ 5
腹も減ってるが、先に伊良湖岬を目指すことにする。

しかし暑い。

海沿いの遊歩道をとぼとぼ。

思った以上に志摩半島が近い。
神島はすぐそこにあるように感じる。
イメージ 6

昔この伊良湖水道でよく釣りをしたものだ。
東京湾では釣れないようなでかいメバルが大漁に釣れた記憶が蘇る。

汗をかきかき伊良湖灯台へ到着。

無人の小さな灯台だ。
イメージ 7
灯台を過ぎるとじきに恋路ヶ浜が見えてくる。
イメージ 8

島崎藤村の有名な歌碑があったと思うが見つからなった。

昼食は浜の前の食堂街で。
すぐ入れる伊良湖亭に。
イメージ 9
磯定食2000円を選択。
イメージ 10
少し高いがおいしい海の幸に舌鼓。

本日の走行:246キロ



この記事に

あつた蓬莱軒

先日母親が骨折し入院したため、午後から会社を休み
常滑の病院まで見舞いに行ってきました。

かみさんが相模原から出てきたので、
帰りに一緒に名古屋のあつた蓬莱軒でひつまぶしを食べてきた。

休日は長蛇の列ができるとのことで、あきらめていたが、
平日なので食べられるかもと思い電話をしたところ、普通に入れるとの事、
寄ってみた次第である。
イメージ 2
店内は広く、旅館のようになっており、さながら江戸時代の旅籠のようだ。
すでに多くの客が案内されており、人気のほどがうかがわれる。
イメージ 3
当方2階の広間に通され、さっそくひつまぶしを注文。

20分ほどで着丼。
イメージ 1
待ちに待った瞬間だ。
イメージ 4
ふたを開けると結構ぎっしり詰まってる。
イメージ 5
不思議とそれほど臭いはない。

サクサク感とたれの旨味が凝縮されたハーモニーが素晴らしい。

二人して先日東京でたべたうな丼より数倍旨いと話しながら、
あっという間に完食。

お吸い物の味も本格派で、奈良漬けもうまい。

これはリピート間違いなしだ。

3,600円也。

値段なりに満足できる一品でした。

本日の歩数:10040歩

この記事に

高取山

梅雨の晴れ間の昨日、愛川町の高取山を登ってきた。

愛川ふれあいの村にて入山名簿に名前を記載する。
駐車場も広く、トイレもあり快適だ。
イメージ 1
ここから高取山、仏果山を目指す
イメージ 2
雑木林の中を、延々と続く結構急な坂を登っていくと、
いつもないような疲労感が襲ってくる。
イメージ 3
暑さもそうだが、湿度が高いことも関係していそうだ。
夏の低山はこれがつらい。
容赦なく汗が噴き出る
イメージ 4
40分ほど歩くと急に視界が開ける。
この瞬間のために汗をかいているようなものだ。

半原の街が見下ろせる。
イメージ 5
屏風のような前山。
イメージ 6
1時間10分ほどで高取山山頂の到着。
標高705M
イメージ 7
山頂には鉄塔の展望台があり、
ここからは360度の展望が広がる。

最近登った山の中では、最も景色がよい。

宮ケ瀬湖
イメージ 8

相模湾方面
イメージ 9
これから目指そうとした仏果山
イメージ 10
相模原方面
イメージ 11
海老名方面
イメージ 12
丹沢の主峰、蛭カ岳
イメージ 13
こんな花がよく咲いていた
イメージ 14

トイレがないこと、結構疲労感があることから、仏果山は断念。
来た道をピストンで引き返す。

下山後、昼食は相模原市内の山科という蕎麦屋で
イメージ 15
おいしい手打ちそばに舌鼓をうち、有意義な一日を送る。

本日の登山:

上り:距離2.49キロ 時間 1時間16分 速度 1.97キロ 消費カロリー376カロリー

下り:距離 2.26キロ 時間 55分  速度  2.43キロ 消費カロリー 148カロリー

標高差 476m

本日の歩数:16517歩







この記事に

奈良 長谷寺


6月18日(日)奈良の長谷寺までアジサイを撮りに行ってきました。
早朝四日市の霞埠頭で釣りをし、
イメージ 1
結局今回も坊主。

折角三重県まで来たので奈良まで足を延ばした。

東名阪から名阪国道に入り、針テラスで休憩。
イメージ 2
ここは大阪にいたときよく来たドライブインで、
妙に懐かしい。

午前11時前に長谷寺に到着。
ここも単車のおかげですぐに駐輪でき、しかも200円。
やっぱ単車はいい。

結構山里
イメージ 4
重厚な門をくぐる
イメージ 3
回廊を進む
イメージ 6
なんか重要な杉らしい。
イメージ 5
紀貫之の短歌
イメージ 7

同じ長谷寺でも鎌倉の長谷寺が可愛そうになるぐらいスケールがでかい。
まさしく山全体が寺という感じだ。
イメージ 8

本堂に到着。
結構な階段を登ってきたが、息が切れない。
ジョギングの効果が出てきたようだ。
イメージ 9
本尊の観音様は威厳があり、鎌倉より大きいかも。
期待以上の名刹だ。

本堂前の舞台より
イメージ 10

イメージ 11
出来事の西暦がすべて3桁。
歴史を感じずにはいられない。
イメージ 12

イメージ 13

五重の塔
イメージ 14
ここの階段が一番のアジサイか
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
回廊が続く
イメージ 18
奈良の奥深さを改めて実感する。
今度は室生寺に行ってみたい。

帰路に再度、針テラスへ
前から気になっていた天理ラーメンで昼食。
厳密には天理スタミナラーメンというようだ。
イメージ 19
スタミナラーメンの並を注文。
イメージ 20

適度な辛さが食欲を誘う。
浅漬けの白菜、適度な酸味が優しい。
スープは結構自分の好みだ。
スタミナとうい名前から、肉がたっぷりと思っていたら、
一切れも入ってないのは少々残念。
今度来たときはチャーシュー麺を注文したい。

本日の走行:301.5キロ

この記事に

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事