あるある探偵マン

真実を追究します エロもありで(笑)

全体表示

[ リスト ]

外国人のオナニー事情

あらゆる調査の探偵倶楽部の調査員のあるある探偵マンです。

インターネットの普及や交通網の整備などで現在はまさにグローバル化している。60億人以上ともいわれる人口のなかで約半数は女性である。つまり女性の数だけオナニーの数も存在するのである。文化が国ごとに違うように当然オナニーの仕方も違ってくる。そこで代表的な地域の女性のオナニーの仕方を調査する。


1.アメリカ人女性


非常に激しいオナニーが大好きである。極太バイブなども一般の女性が所有している。主にクリトリスを愛撫し異物などを挿入することで絶頂に達することが多い。肛門と膣を自分で愛撫するオナニーなどはアメリカ人女性は特に多い。とにかく大きい物を肛門や膣に挿入することが好きなのである。時にはバットや空き瓶などもオナニー道具として使用する。


2.中国人女性


中国は性文化があまり解放されていないので、オナニーも控えめになりがちである。ベッドや布団の中ではなく、トイレなどでオナニーをすることが多いのが特徴である。指を膣に挿入してピストン運動で絶頂に達するのが一般的だが、それで満足しない女性は茄子やキュウリを代用する。バイブなどは中国の田舎では入手できないので自然のものを使用するオナニーが一般的である。


3.フランス人女性


フランスでは複数でオナニーする。同性同士でお互いの性器を愛撫する。性が解放されている国のため、オナニーは恥ではなくむしろレジャー感覚で楽しんでいる。


4.アフリカ人女性


昔から部族間の風習として割礼があるために女性はオナニーを覚える前にクリトリスを切断されてしまうケースが多々ある。クリトリスを切断された女性は、感度は極めて鈍くなるのでオナニーだけではなくセックスも満足できない。


5.パプアニューギニア人女性


巨大なチンコケースを男性が使用している部族である。この部族の女性はオナニーが大好きである。母親や部族の村長からオナニーを教わる風習があり、愛液を沢山出せる女性ほど部族内での評価は高い。それゆえ若い女性は暇さえあればオナニーをしている。時には家畜のペニスを使用したりするケースもある。


このように文化が違えばオナニーの仕方まで変わってくるのである。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事