たぬぽんブログ〜敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花〜

身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂

全体表示

[ リスト ]

ツイッターやってます!http://twitter.com/Tanuki_nippon

佐藤正久氏

 今、堀場大先輩と麻生総理と話を聞いて小さいなぁと思ったんですが、大事な事はプラス思考で考えるということと日本人として自信を持ちなさいということがお二人に共通しているんですね。先ほど総理は一万円の話をしましたが、ここにはコップがあります。コップの中の水が入っていますが、もうこれだけしかないかまだまだこれだけなのかと思うのか。全然違う。
出身は福島ですが、福島は他の県と違って五重苦で苦しんでいます。それは地震、津波、原発、風評被害、そして政治災害。この五つに苦しんでいると言われていますけど、でも私は逆に被災地で日本のことを感じている子ども達、将来は日本のリーダーになると思っています。さきほど堀場最高顧問が食い物がなかったという話をされましたが、あの被災地で頑張っている子ども達、違う事を考えていると思うんです。将来の日本を本当に引っ張っていく人間が今回の東から出るのではないかと確信を持っている一人です。福島で総合文化祭というのがありましたが、そこである女子高生がこういいました。「福島で生れ、福島で育ち、福島で働き、福島で結婚し、子を産み、孫を産み、曾孫を産み、そして最後は福島で過ごす」そういうことを高校生がみんなの前で言う。自分の足元をしっかりみて現実を見つめながら前に行こう、清清しいなという感じがします。間違いなく修羅場、正念場をくぐった人間っていうのはどこか違う。本当に強いと思う。
自衛隊の方でもこれでもか!っていう訓練、一番厳しい訓練に空挺レンジャーの訓練があります。100キロ以上の荷物を背負って100キロ以上ずっと歩きます。これが六日。寝ないんです。ずっと。これでもか!っていう訓練をつんでるからこそ強くなれるんです。今回災害派遣の最中にある隊員が一時的休みを貰って自分の宿舎に帰りました。そしたら奥様から「あなた、あんまり無理しないで、ちゃんと無事に帰ってきてね」と言ったそうです。すると自衛官は「バカやろう!自衛官をなめんなよ!今頑張らなくていつ頑張るんだ!あの厳しい訓練に比べればまだまだだ!」今頑張らなくていつ頑張るんだ!あの厳しい訓練に比べればまだまだだ!、私はここに自衛隊のある意味本質があると思ってます。いざという時に自衛隊があります。でもそれはこれでもか!という厳しい訓練をやるからこそ抑止力になります。国を守るために厳しい訓練をやるからこそ強くなれる。はじめから国際貢献や災害派遣ばかりやっていたら弱い自衛隊が出来上がってしまいます。これでもか!っていう訓練をやるから強くなり、優しくなる、自分を犠牲にしてでも人の為にっていうことが出来ると思ってます。そういう意味でおいて日本を元気にするには学校の先生とか政治家になる人は一年くらい自衛隊に入隊してからと思ってます。

司会者・・・わたくしもそう思うんです。これは18歳から22歳までの間に一年はみんな自衛隊に入るとか国際貢献に何かするとかあればもう少し日本の若者達が強くなるかなと思うですが、今日若い学生が40人ばかりボランティアで参加していますが、若い人たちに言いたい事ありますか?


堀場氏

私ね、若い人は欲がないと思っています。もっと欲深くなれっていいます。欲がなかったら生きてても仕方ないと思ってます。(すみません、あとは聞き取れず^^;)
もっとどんどん欲を持ってください。努力、物欲金持ちになる、名誉欲名誉をどんどんもらう、こういう欲が必要。しかし人間とはよくできてまして欲に対して倫理観が伴うんです。欲の深い人ほど倫理観が高いはずなんですが、政治家には倫理観がなくて欲が深い人もいる。逆に倫理観が高くて欲がない人はイエス・キリストやお釈迦様のようになってしまう。

司会者・・・こんなに日本人が弱くなってしまった原因は何があるんでしょうか。麻生総理お願いします。


麻生総理

経験を話せば、湾岸戦争の時に日本は始めて海外派兵というものを経験しました。佐世保・呉・横須賀から掃海艇を6、派遣しました。掃海艇って乗ったことある方あるか知らないけど小さいんです。しかも鉄で作れないから、機雷が吸い付いてくるから、したがって木で作るか、樹脂で作るかでしてある、その小さな船でインド洋わたってそしてアラビア海小さな船で行くんだよ。その船で総員520何名、いったんですが、その時に3つの現象が起きました。これはイギリス・アメリカの観戦武官、戦争を見る人から報告がありました。日本の海上自衛隊というのは脱走兵はゼロ、ドバイとバーレーンで降りましたが無銭飲食ゼロ、婦女暴行ゼロ、他にイギリスアメリカフランス、海軍を送ってたんですが、それは日本だけだった。おかしい、ありえないと。海軍提督、日本に来た人はいいました。何がおかしいんだ?と言ったらこんなことありえない、これは初めての派遣だから下士官だけを送ったに違いないと思って調べてみたら現地で二十歳の誕生日を迎えたのが56人、「二十歳で下士官はありえない」そこでイギリスとうちが日本に送って調査した結果、全部そこで二十歳を迎えた奴が並べられた、でいろいろ聞いた。その話を小沢一郎に通訳したんですが、それを聞いて息子を自衛隊に入れたらしいんですが・・・

少なくともあんなところで脱走してもですよ、英語どころかアラビア語もできないだろうから日干しになって終わります。そう思ったんですが、相手は感激していた。事実脱走した人もいない、婦女暴行もなかった事実そうだった。今回のイラクの派兵もそうだった。これもゼロ、よって日本の自衛隊にとどまってもらいたい。私はバグダッドに行った時に、向こうの内務大臣、外務大臣、国防大臣みんな一様にそういった。他の国ではありえない、日本だけなんだ、だからイラクは受け入れたんですよ。それで若い衆、帰ってきた落合っていうのがいます。沖縄方面軍最後の司令長官太田少将の息子なんですが、ペルシャ湾に行って帰ってきた時に懇談会の時に話に聞いたんですが、「私は二度と近ごろのわけえものはって言葉は絶対に使わないって決めました」彼はそう言った。若い人はっていうのはまともな若い人を見ていないんですよ、若い人って皆さんの見えないところで一生懸命やってる若いのって一杯いるんだって新聞出てるやつはたいしたことないんだって、あれは。そうじゃないところでやってる若い人っていっぱいいるの。そういう人がいるからこの国は持ってる。そういったことでなければ東北の騒ぎで略奪もなく。例のオペレーショントモダチでやってきたアメリカの駐在武官の話ですが、彼らはカトリーナという南アメリカを襲った台風の時に我々も同じことをしたが物資を持ってきた瞬間に襲われるやらで大変だった。でも日本は違った。全部並んで「サンキュー」とか「ありがとうございました」とみんなお礼言って帰っていった、レベルが高い、国民のレベルが高い、倫理観が高いと言ってべたぼめしたんです。これ新聞に出ない、新聞って歪んでるから、情報が捻じ曲がってるからいい話は書かないんだって。しかしそういう人たちがいて是非泊まってってくれといったんだが、陸上自衛隊のレベルの高さに負けてはいられない、いい刺激になったと言ってかえって行きました。僕はそういった若い人が多くいる事も事実なんでそういった話がもって出れば、へぇーそんな人たちもいるのかと思って若い奴に、そして皆さん方がそういうのもいるんだってことを若い奴に話をする、これが大事な事。それは全部が全部まともに育てようなんてそんな無茶なこと考えない。昔はよかった、んな昔だっていい加減なのもいっぱいいたんだから、昔はみんなよかったなんてことそんなことありませんよ。昔もおかしいのはいました、今もいます。その比率の話であってあんまり近ごろのわけえのはわけえのはだいたいはもう年食ったと思ったほうがいいですよ。

不肖、私、最後の麻生総理の「若者へのメッセージ」は文字起こしをしながら泣いてしまいましたさ。日頃、わけえもんは!と言われ続けてる若者たち!あなたがたの姿をしっかり見てくれている政治家がここにいますよ! 明日はたぶん最終章です。最終章は酷使様登場です



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事